脊柱側彎症の治療と管理を同時に行うには

July 01, 2021

慢性的な痛みを管理することほど不便で気の遠くなることはありません。


そんな痛みの一例は脊柱側彎症です。脊柱側彎症は脊椎が横に曲がり、激しい痛みを引き起こす病気です。およそ800万から1000万人、もしくは人口の2~3%のアメリカ人がこの症状を抱えながら生活しています。治癒することはありませんが、痛みを管理しその悪影響を軽減させることが必要です。

脊柱側彎症は線状病ではないため、ひとつの症例が他の症例と同じということはありません。


そのため、重症度や軽度も同じではなくそれはすべての患者に共通です。しかし、脊柱側彎症の患者のすべてに見られるのは脊椎が「S」または「C」形をしていることです。軽度だったものが最終的に重症化する場合もあります。生まれつき脊柱側彎症を患っている人もいれば、年齢を重ねるごとに悩まされるという人もいます。


成人の脊柱側彎症に特徴的な症状として、肩や腰にズレがあり平行ではないこと、歩行困難、まっすぐ立つことが困難であること、背中のこぶ、脊椎関節近くの骨の肥大、背骨が腹に圧力をかけるため食事をしていない時でも満腹感を感じる、脚のしびれや痛み、または特徴的な脱力感を感じるなどがあります。

歩行に影響をおよぼすほど両脚が不均衡になる患者もいます。身体の片側が強ばることによって脊椎のカーブが不均一になることを補うため、脊椎周りの筋肉にも影響がでます。


腰痛と共に身体の片側が引っぱられるような感覚を報告する患者もいます。身体のバランスを取ることが非常に困難で脊椎に影響を与える可能性があるため、通常の活動を制限してしまうという心理的影響もあります。


身体が脆弱であると感じると共に湾曲が進行すると身体の柔軟性がなくなり硬くなるという症状もあります。肋骨の変形も見られ、そのため深く呼吸しても、肺が空気を取り入れて保持することができなくなる可能性もあります。


脊柱側彎症の患者が利用できる治療方法もあります。


しかし、脊椎の専門医が勧める治療方法は、患者の年齢や身体の成熟度、現在の湾曲の程度やタイプ、脊柱側彎症の自体のタイプによって異なります。脊柱側彎症の種類は以下のように分類されています。


・ 原因が不明で年齢によってグループ分けされる突発性脊柱側彎症


・ 先天性脊柱側彎症や神経系脊柱側彎症は原因が分かっている症例です。名前が示すように、前者は生まれつき症状がある事例で、後者は何らかの神経の異常によって引き起こされる事例です。


・ 構造型脊柱側彎症は、症状が永続的であり、他の病気や転倒、負傷、および先天性欠損症などによって引き起こされる症例です。非構造型脊柱側彎症と呼ばれる症例は、治療によって最終的に治癒する可能性があるものです。


ブレーシングとは脊柱側彎症の症状を管理するために利用できる治療法のひとつです。米国脳神経外科医協会によると、これは湾曲の角度が25度から40度の間のまだ身体が発育中である年齢層の患者に向いているといいます。ブレースを使用する目的は、実際には脊椎をまっすぐにすることではなく、湾曲が悪化することを防ぐことにあります。


脊柱側彎症の症状を早期発見することのメリットのひとつは、ブレースの使用を勧めることで湾曲の悪化を軽減し、激しい痛みや呼吸困難などの悪影響を耐えるという状況を防ぐことができることです。

脊柱側彎症による重度の腰痛を管理し、状態の悪化を防ぐために、脊椎ヘルスケアの専門家であるカイロプラクターに相談することも推奨されます。治療を施すわけではありませんが、脊椎とこの病気によって引き起こされた硬直を柔軟にする効果が期待できます。またカイロプラクティックにより、動きやすさを回復させ湾曲を軽減することができます。


脊椎の湾曲が40度を超える患者の治療法として、外科手術も選択肢のひとつとなります。脊柱側彎症の手術を受ける主な理由は、重度の不快感と日常生活の困難さにあります。脊椎固定術は湾曲の状態により4時間から8時間続く大手術で、患者が完治するまでにはおよそ6か月から1年かかります。


統計的に、湾曲が補正される確率は70%であるのに対し、合併症が発症する確率は2~3%と低いものです。この手術により骨が一緒に永続的に成長することが可能になります。ほとんどの場合、特に痛みは常にあるものの症状がそれほど深刻でない場合、患者の多くは手術よりも痛みへの対症療法を選びます。こうした治療法のほとんどは痛みを管理するためだけに行われ、脊椎の湾曲自体を軽減、または修正することはありません。


こうした例のひとつとして、水を使用する治療法があります。水泳が脊柱側彎症患者に推奨されていることは注目すべきことです。水泳では患者が水の中で動く際に浮力が発生し脊椎への圧力が減少するため、患者は活動的に運動することができます。


同様に、運動やストレッチも脊柱側彎症の患者の可動性と柔軟性を維持するための優れた方法です。湾曲を減少させることはできないとしても、症状を管理するためには役に立ちます。これは特に動いた時に生じる痛みに適しています。疼痛を管理するための処方箋と一緒に、症状を最小限に抑えるかまったく感じなくするためにできる優れた方法なのです。


ここまで脊柱側彎症を抱えた上での生活を管理するための優れた方法を見てきましたが、さらに、症状を緩和したり病気に伴う痛みを最小限に抑えるのに役に立つ家具を使用することもかしこい選択だと言えるでしょう。ゲーミングチェアGC02

には脊椎と腕への素晴らしいサポート部がついており、腰痛を管理しなければならない働く人に最適です。


背中を伸ばすのをサポートする135度の傾斜の寝椅子部分と、快適な作業をサポートし位置変更を可能にする4Dに調整可能なアームレストを備えています。Samhongsa Class 4ガスリフトに組み込まれて設計されており、専門家も安全性と快適さを認めています。さらに、ユーザーが長生きすることおよび脊椎の健康を維持して欲しいという思いを込めて作られています。この製品についてはFlexiSpotのサイトでご確認ください。