背が低い人のための人間工学とは

September 01, 2021

ほとんどの机や椅子は「普通の」身長の人たち向けに設計されています。そのためオフィスには、私たちのような背の低い人たちにとって明らかに障害となることが存在するのです。

 

けれど、スタンディングデスクを使用することで、背の低い人でも望むのであれば健康上のメリットを十分に享受できる方法があるのです。

 

ここからはスタンディングデスクを最大限に活用するための方法をいくつかご紹介します。

 

あなたが小柄な体格であれば、あなたの身長に合う洋服やオフィス家具を見つけるのに苦労したかも知れませんね。

 

小柄な人たちの大多数は、自分たちに適したサイズのコンピューターデスクを持っていません。

 

世界の人口の半分は小柄な体格なので、オフィス家具の生産者はあらゆる身長の人たちに対応できるような家具を設計するだろうと考える方もいるかも知れません。

 

けれど、背の低い人は椅子や机などのオフィス家具を購入する際には注意をする必要があるのです。

 

誰もがスタンディングデスクから利益を得ることができる。本当?嘘?

 

スタンディングデスクの平均的な高さは地面から27インチから30インチ(およそ68から76センチメートル)です。これは背の低いユーザーにはかなり高すぎるのです。さらに、平均的な身長の人たちにとっても少し高めの設定です。

 

自分の身体のサイズに合った机で作業することはとても大切なことです。不適切なサイズの快適とは言えない机で長時間作業をしていると、健康に悪影響を及ぼします。

 

肩の不快感や背中の痛み、さらには首の痛みなど、様々な問題が発生する可能性があるのです。

 

高すぎる机で作業すると背中や首に痛みが発生します。検討に値する製品がいくつかあります。こうした製品は、あらゆる予算やライフスタイルに適しています。

 

高めの机を使っている背の低い人への解決策:あなたが知るべきこととは

 

あなたはあなたの身体をケアする必要があります。あなたの体格に合わない机を使ってはいけません。ここからは、背の低い人が標準サイズの机や高いサイズの机を使いながら快適に作業するためのヒントをいくつかご紹介します。

 

1. 中程度の高さの椅子を購入する

 

こうした椅子を使うことで座り位置が高くなり、快適に入力作業ができるようになります。さらにフットレストを追加すれば足がぶらぶらすることもなくなります。

 

とは言え、フットレストは安定したプラットフォームではありません。足を地面にしっかりとつけることができないため、椅子の動きを制御できず、キーボードに近づいたり離れたりするために腕や肩を使わなければなりません。

 

週の大半を座り姿勢で過ごすという場合、この椅子はとても良い選択のように思えます。ただし覚えておいていただきたいのは、一日中座りっぱなしでいることで大きな健康上の問題につながる可能性があるということです。

 

そう考えると、この椅子を選ぶことは最も手ごろな価格であるようでいて、あまり良くない選択肢と言えるかもしれません。

 

2.シートの高さの低いオフィスチェアを購入する

 

上記の方法とは対照的に、キーボードトレイを使用することでキーボードを膝に近づけることができるため、腕や肩の痛みが軽減します。

 

小柄な人でも床に足をつけて快適に座ることができるため、4インチ(およそ10センチメートル)シリンダーを備えたオフィスチェアの利点を受け取ることもできます。

 

けれど、これは座り姿勢での解決策であり、すでにご存じの通り、一日中座っていることは身体に害を及ぼします。

 

3.デスクコンバーターと高さの低い椅子を入手する

 

デスクコンバーターを購入することは、費用対効果が高いとても良い方法のひとつです。デスクコンバーターを使うことでキーボードをデスクトップより低い位置に下げることができるため、立ったり座ったりしながら作業することが可能になります。

 

その一方で、特にモニターの高さが目の位置に調整されていない場合、適切な作業の位置を見つけることが難しいかも知れません。

 

4.モニターアームとスタンディングデスクコンバーターを備えた背の低いオフィスチェアを購入する

 

作業中に重要なのは、座り姿勢と立ち姿勢を切り替えることです。その点でスタンディングデスクは素晴らしい製品なのです。

 

シットスタンドデスクとも呼ばれているスタンディングデスクを使えば、立ちながら作業することができます。最新バージョンは高さの調節が可能で、机の高さを変えたり、座り姿勢と立ち姿勢を切り替えることができます。

 

運動はカロリーをすばやく消費するための最も効率的な方法ですが、座り姿勢ではなく立ち姿勢でいることも効果的です。

 

同じ長さの時間を座り姿勢で仕事をした場合と立ち姿勢で仕事をした場合を比べると、立ち姿勢の方が約170カロリー多く消費されます。

 

CDCが発表した調査によると、シットスタンドデスクを使用すると、わずか4週間で背中の上部と首の痛みを54%軽減することができるといいます。

 

また、モニターアームを使用することでディスプレイを目の高さに合わせる、キーボードの高さを正しい入力位置に調整するなど、ちょっとした改善をすることもできます。

 

背の低い人向けの最高のスタンディングデスクコンバーターとは

 

スタンディングデスクコンバーターは背の低い人のすべての要件を満たします。キーボードトレイを使って、現在のデスクトップより低い位置にキーボードを下げて置くことができるのです。キーボードトレイの高さの最小限度が低いため、座り姿勢でも人間工学に基づいた位置で作業することが可能になります。

 

FlexiSpotのスタンディングデスクコンバーターM18M-31には人間工学に基づいた二重の、または個別の調節可能なディスプレイ搭載装置を備えています。立ち姿勢でも座り姿勢でもモニターの高さを調節できるためとても便利です。

 

調節可能なモニター搭載装置を使用してモニターを下げることで、キーボードとモニターの間の距離を小さくすることができます。さらに、そうした距離を様々に設定することもできるのです。

 

補足の追加プラットフォームで作業する際にこのスタンディングデスクコンバーターを使えば、自然に腕が届く位置に十分な作業スペースを確保することができるようになります。ほとんどの人にとって、モニターを含め必要なものすべてが手の届く範囲にあるということになるのです。

 

FlexiSpot M18Mは軽量で持ち運びがしやすいように設計されているため、自宅で作業しながらも活動的に動いて生産性を高めたいという在宅勤務で働く人やフリーランサーに最適な製品です。

 

大型のモニターやラップトップパソコン、キーボード、マウスを置ける大きさがありながら、快適に持ち運びができるサイズなのです。

 

市場に出回っている他製品で、安全性、強度、安定性で同程度のスタンディングデスクコンバーターよりもはるかに軽量です。

 

この軽量さが携帯性と適応性を高めるため、どこにでも持ち歩くことができます。あなたが座ったり立ったりが必要な時にはいつでも使うことができるのです。さらに、軽量であることで高さの調節もはるかにスムーズかつ簡単にできるのです。

 

結論

 

職場で過ごす時間の長さを考えれば、自分に合った机が必要になることが分かります。ここでご紹介した4つの製品のいずれかを手に入れることで、あなたが健康な姿勢で座っていられるようにしましょう。

 

背の低いユーザーには、立ち姿勢と座り姿勢を交互に切り替えることができるデスクコンバーター、またはステンディングデスクが最も適した製品だと言えるでしょう。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。