快適な隔離期間にとって不可欠な人間工学の製品

February 25, 2022

家で何日も過ごし、通勤する必要がなく、一日中部屋の中にいることはきっと楽しいことかもしれません。コロナウイルスのおかげで、以前はなかったような時間を作ることができるようになりました。それは素晴らしいことのように聞こえますが、実際にはそうではありません。自分自身により多くの時間を使うことは良いことかもしれませんが、家にいることによって私たちは座りがちな生活に慣れてしまったのです。

 

私たちはコロナウイルスの感染拡大が発生する前ほど身体的に活発には動けていません。もっとよく休むことができていると思うかもしれませんが、ずっと家にいて身体的にあまり動かないことは実際には多くの健康問題につながる可能性があることを知っていましたか?

 

在宅勤務を行っている人は健康問題を発症するリスクが高くなっています。隔離していることは実際にはあまり効果的ではありません。2年前は在宅勤務が当たり前ではなかったため、適切なホームオフィス機器を持っている人はあまりいませんでした。ベッドの上で仕事をしていた人もいました。そのような快適なところで働くことを楽しんでいるように聞こえますが、それは健康にとって最悪なことです。しかしコロナウイルスのの大流行がほぼ2年を迎えた今、人々は「快適な職場環境」に注目し始めています。

 

人間工学の重要性を理解するのにまだ遅すぎることはありません。ホームオフィスを快適にすることは問題ありませんが、快適さがあなたに良いことよりも害を与えていないことも確認する必要があります。

 

隔離期間中で自宅での時間を快適、健康的、かつ安全なものにする方法を探しているなら、この記事を読んでください。このブログ投稿は人間工学に基づいた製品を使用して隔離期間中を快適にする方法に関して記載しています。

 

人間工学を理解する

 

人間工学は職場を労働者にフィットさせる方法です。多くの雇用主はすべての従業員に快適な椅子と快適な職場環境を提供することを重要視していますが、それは人間工学に基づいた職場とは言えません。人間工学に基づいた職場であるためには各従業員の快適さに合わせて職場をカスタマイズする必要があります。そして、人間工学に基づいた製品が登場します。いくつかの研究によると、人間工学的環境で働く従業員の効率、生産性、および創造性は非人間工学的環境で働く従業員よりも高いと示しています。

 

人間工学に基づいた製品で隔離期間を快適にする

 

あなたは隔離されているので、ホームオフィスを人間工学的にするかどうかはあなた次第です。隔離期間を快適にすることができる人間工学に基づいた製品が幅広く存在することを知って驚かれることでしょう。仕事と健康が損なわれないようにするために必要な最も基本的でありながら最も重要な人間工学的製品のいくつかを見てみましょう。

 

人間工学に基づいた椅子

 

在宅勤務をしている場合、1日のほとんどをパソコンの前に座って過ごす必要があるかもしれません。職場で物理的に行っていたすべての仕事をリモートで行う必要があります。つまり、オフィスよりも座っている時間が長くなる可能性があります。職場を快適にするために最初に必要なのは人間工学に基づいた椅子です。ソファはとても快適だと思われるかもしれませんが、長時間ソファに座るべきではないと強くお勧めします。

 

間違った姿勢で長時間座っていると、脊椎の位置がずれて、痛み、肩や首の痛み、さらには慢性的な頭痛が発生する可能性があります。間違った姿勢で座ると、四肢を通る血流が損なわれ、収縮し、筋肉が疲れたり痛んだりする可能性があります。これらすべてが起こらないようにするため、人間工学に基づいた椅子に投資する必要があります。

 

人間工学に基づいた椅子はすべての人の快適さのニーズに合わせて調整できる特別に設計された椅子です。これらの椅子には以下のような機能があります。

 

調節可能な背もたれ

 

腰をサポートする腰部サポート

 

高さ調節可能機能

 

調節可能なアームレスト

 

調整可能なシートの深さ

 

調節可能なヘッドレスト

 

旋回機能

 

通気性のある生地

 

これらのすべての機能によって、体に負担や労力がかからず、長時間座った後でも体が硬くなりません。

 

人間工学に基づいたデスク

 

人間工学に基づいたデスクは在宅勤務での時間を快適にするために投資しなければならない重要な製品です。あなたはダイニングテーブルやキッチンカウンターを一時的なワークステーションにしていたかもしれません。しかしよく観察し、本当に快適かどうかを評価してください。直立すぎる体制で座ったり、ノートパソコンを使うために背中を丸めていませんか?ひじのサポートはついていませんか?慢性的な肩と首の痛みに苦しんでいますか?これらの質問のいずれかまたはすべてに対する答えが「はい」の場合、人間工学に基づいたデスクが必要でしょう。

 

理想的にはパソコン画面は目の高さに、キーボードとマウスは快適な高さに、デスク自体は体を伸ばしたり前かがみになったりする必要のない高さにする必要があります。しかし人間工学に基づいたデスクはこれだけではありません。

 

高さ調節機能を備えた人間工学デスク、座っている状態と立っている状態を切り替えることができるスタンドシット人間工学デスク、またはコンファーオールインワンスタンディングデスクグラストップのようなスタンディングデスクと耐疲労マットなどがありますそれらを非常に有益にする人間工学に基づいたデスクの機能は以下のとおりです。

 

調節可能な卓上の高さ

 

調整可能なキーボードトレイの高さ

 

すべての仕事の必需品を収容するのに十分な広さがあるため、頻繁に必要なものに手を伸ばすためにあまり伸ばす必要はありません。

 

モニターマウント

 

家にワークデスク全体を取り揃えるのに十分なスペースがない場合、モニターマウントを使用するだけでも良いと思います。これは最高ではないにしても、同じくらい優れています。このマウントを使用すると、モニターを任意のデスクに取り付けることができ、モニターの角度と高さを好みに合わせて調整できます。ワークデスクの上にあるモニターの高さは実際には調整できないのです。モニターマウントは通常のデスクを人間工学に基づいたワークステーションに変換するために必要なものです。

 

すべての適切な人間工学的製品があれば、隔離期間に費やす時間ははるかに快適になり、健康にほとんどまたはまったく影響を与えません。人間工学を考慮に入れることはあなたの体が健康な状態を保つことを確実にすることに大いに役立ちます。それだけでなく、効率と生産性が目に見えて向上することに気付くでしょう。さぁ、隔離期間を快適で生産的にする時が来たのです!

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。