衝突と負傷:オフィスで起こりうる最大の人間工学に反する問題とは

September 06, 2021

不意をつかれる

 

あなたは今、報告書の入力に大忙しです。5:00までにリラックスした状態になるためには、4:30までに終えることが必要なのです。突然、机がぐらぐら揺れているのを感じました。最後に覚えているのは、あなたが仕事をしていた机がぐらつき真ん中で壊れてしまったということです。これはおそらくオフィスで起こりうる最悪のことでしょう。こうした衝突事故はほとんどの場合、さらなる負傷につながります。そのために品質の低い机にかかった費用よりもあなたに損害を与えることになる可能性があるのです。

 

一般的にあなたが経験する可能性のある負傷は以下の通りです。

 

・ 軽いひっかき傷

 

・ 深い傷

 

・ 打撲傷

 

小さなひっかき傷であれば、皮膚の表面だけに傷をつけるだけのことが多いですが、深い傷や打撲傷は、人間工学的に問題のある痛みや負傷となる場合があります。打撲傷があるような場合、肩や腕、またはその他の身体の部位などで人間工学に反する問題を抱えている箇所に影響を与える可能性があります。

 

さて、あなたの机に起こった衝撃の原因はなんですか?あなたを業務上の危険性にさらしているものは何なのでしょう?ここで話しているその原因によって、次の時にはあなたは負傷するかもしれないリスクを負っているのです。

 

衝突を引き起こす可能性のある業務上の危険性とは

 

業務上の危険はオフィスのいたるところに存在しますが、けがや事故を引き起こすリスクが高いのは机です。衝突や机のぐらつきなどが起こる可能性がある危険です。こうしたことは通常、まずは整理整頓ができていない机で起こります。作業スペースにいろいろなものが雑然と置かれていると机の衝突やぐらつきが起きやすくなります。ビジネスパーソンに必要な強さを備えていない事務用机があるのです。

 

一般的には、必要じゃない書類が山のように雑然と積まれている光景に出会うでしょう。使っていないオフィス用ツールや、置きっぱなしにしている筆記用具などもあります。こうした状況が人間工学に反する問題につながる可能性があるのです。デスクトップ上がすっきりと片づいて、必要な書類はすべてきちんとデスクトップの片側に置かれているような状態の机と比べて、事故の可能性ははるかに高くなります。

 

実際には、デスクトップには必要最低限のものだけを置くことが理想的です。机の中央部には、特に不要なものが散らかっていないようにしなければなりません。人間工学に基づいたスタンディングデスクを使用する場合は荷重容量について心配する必要はありませんが、それでも机が過度に破壊されることを避け、デスクトップに荷重がかかりすぎることを防ぐ必要があります。

 

デスクトップ上にデバイスを置く場合は適切な位置に置く必要があります。特にデスクトップが平らに保てていない場合、不適切な場所に置くと危険です。デスクトップに置かれた物の重さが不均衡なため、机がぐらつくことがあるのです。また、デバイスが適切に置かれていないと、背中のしびれや首の痛みが起きて、人間工学的に問題のある痛みを引き起こす可能性があるのです

 

一般的に、こうした痛みはデバイスが反対向きに置かれているために横向きに座らなければならない場合などに起きます。そのため1日の仕事終わりには疲労感を感じることがありえます。この状況は特に、人間工学に基づいた機器を使用していない場合に悪化する可能性があります。

 

ここからは、これまでのお話しを続けながら、机に必要な人間工学的品質のほとんどを備えた製品についてもご紹介していきます。優れたスタンディングデスクの仕様や機能についてご説明し、こうした製品を製造している企業についてもお話ししていきます。多く人に頼りにされている企業、それがFlexiSpotなのです。

 

FlexiSpotのスタンディングデスクで悪い芽を摘み取る

 

負傷を避け、人間工学に反する問題の解決策をお探しなら、FlexiSpotのスタンディングデスクを検討してください。FlexiSpotの製品は、机のぐらつきや品質の低いオフィス用机のために起こりうる潜在的なオフィス内の危険からあなたを守ります。

 

FlexiSpotの製品を入手するということは、人間工学に配慮して製造された製品の前に座るということです。FlexiSpotのスタンディングデスクを使用すれば、デスクトップの表面が不均衡になってぐらつくなどということを心配する必要はありません。FlexiSpotでは、機器の安定性を実現するために、スタンディングデスクはしっかりと正確に測定されているのです。

 

FlexiSpotのスタンディングデスクは柔軟性もご提供します。こうした製品は高さ調節機能を備え、通常の調節が不可能な机とは異なり、座り姿勢と立ち姿勢の切り替えが簡単にできます。あなたのオフィス用机で立ったり座ったりの切り替えが出来ない場合、あなたは座りがちな生活をしているということです。こうしたことが人間工学に反する問題につながる可能性があるのです。それが、FlexiSpotがスタンディングデスクのような製品を製造している理由です。

 

FlexiSpotのスタンディングデスクのさらなる長所は、最大220ポンド(およそ99キログラム)の重量のデバイスや重要なオフィス用ツールを置けることです。したがって、仕事に必要な、重量のある事務用品がたくさんある場合でも机のぐらつきを防ぎ、高さの調節もスムーズに行うことができます。こうしたことからもFlexiSpotのスタンディングデスクを手に入れることをお勧めします。

 

FlexiSpotには、動作がスピーディーかつ作動音がささやくように静かなスタンディングデスクもあります。あなたがすばやく仕事を片づけたいタイプで数分たりとも無駄にしたくないのであれば、これが最もお勧めの製品です。このスタンディングデスクを使用すると、オフィスで働く際の姿勢を好きな時にいつでも変更できるため、使うエネルギーを加速する、またはスローダウンするという選択を動的にできるのです。

 

最後にお話ししたいのは、ほとんどのスタンディングデスクに衝突防止機能が備わっているということです。こうした製品を使うことで、あなたは守られ、机で負傷をしないようになります。そのためあなたは自分の仕事に集中することができ、同僚とも調和のとれた仕事関係を保つことができるでしょう、あなたにとってメリットの大きい製品です。

 

最後に

 

人間工学に反する大きな問題についてお話しする時、衝突や負傷の話は避けては通れません。そのため私たちに出来ることは、机が人間工学的に保護されて、雑然としていない状態を保つということです。FlexiSpotの製品を使用すれば、オフィス用ツールや機材が床に落ちる音を聞かないですむようになります。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。