妊娠中も活発に:未来のママとして健康でいるためには

September 07, 2021

もうすぐ赤ちゃんが生まれるからと言って、あなたの人生を一時停止にしてはいけません。もちろん妊娠中には以前と同じようにはできないこともたくさんありますが、それはもう永遠にできないということではありません。そのひとつが運動でしょう。

 

アメリカ国立生物工学情報センター(NCBI)の調査によると、妊娠中に運動をする女性は40%にすぎないといいます。妊娠中の運動について、多くの間違った情報が出回っているのです。その最大のもののひとつが、妊婦が体重を落としたり体重を増やせなかったりすると、赤ちゃんや妊婦にとって危険でリスキーだという情報です。医師や研究者たちは、こうした恐れや判断が誤りであることを指摘し、むしろ妊婦に運動を勧めているのです。

 

妊娠中に活発に動くことは、実際には母親と赤ちゃんの健康に利益をもたらします。胸の痛みや腹痛、膣からの不正出血などの身体が警告を発する際には運動をやめるなどのしっかりとした予防措置を講じることによって、安全を確保できるのです。

 

すべての妊婦は妊娠第一週目のような早期から、妊娠後期の最終まで運動することができるでしょう。もしあなたが妊娠する前にはそれほど活動的でなかった場合でも、妊娠中に運動を始めることをお勧めします。ゆっくりと始めて、疲れ果てるまで運動しないようにしましょう。ただし、喘息や心臓病、1型糖尿病の症状のある人には、残念ながら妊娠中の運動はお勧めできません。

 

妊娠中に運動する必要がある理由は?

 

答えは簡単です。運動はあなたの身体的および精神的健康に利益をもたらしてくれるからです。アメリカ合衆国保健福祉省は、毎週150分(時間)程度の適度な運動、または1日30分ほどの運動を週に5日間行うことを推奨しています。

 

妊娠中の運動は血液循環を改善し、ストレスを和らげ、腰痛などの一般的な不快感を減らし、帝王切開の可能性を低くします。さらに妊娠中の糖尿病の発症を予防して、陣痛を和らげて出産を穏やかなものにし、妊娠後の体重増加を減らすのに役立ちます。

 

妊婦がモチベーションを上げて活発に運動し汗をかくためには、正しい方向に足を踏みだすことが必要です。

 

妊娠中にできる運動とは?

 

室内サイクリング

 

エアロバイクや室内サイクリングは妊婦にとって安全な運動です。座位が固定されていて体重がしっかりと支えられているため、転倒の危険がありません。ストレスを軽減するエンドルフィンを放出できる運動としてお勧めです。

 

FlexiSpotには、サポートシートクッションと高さ調節可能なシートを備えたSit2Go 2-in-1フィットネスチェアがあります。ペダルを快適にこぐことができて、スキルによって、抵抗レベルを調節できます。この製品にはさらに、快適さと安定性を保証する、通気性のメッシュの背もたれを備えています。

 

ヨガ

 

妊婦にはヨガなどの非有酸素運動を強くお勧めします。クラスに参加できない場合は、オンラインでヨガの動画を観て、基本的なストレッチ法を学びましょう。仰向けになるような姿勢は避けてください。また、足や身体の部分を伸ばしすぎないように注意しましょう。

 

水泳

 

心臓血管を活発にするには水泳などが向いているでしょう。水中では身体が無重力で、水泳中に大きな衝撃を受ける恐れがないため、妊婦には安全な運動です。血行を改善し身体の中核を強化します。さらに、水中の浮力が赤ちゃんの重みからの圧力を取りのぞいてくれるので、腰を和らげることができます。

 

ケーゲル体操

 

ケーゲル体操によって、出産時に必要となる骨盤底筋を強化することができます。定期的に行うことでさらに骨盤と膣の筋肉も強化できます。骨盤底運動の例として、臀筋ブリッジと骨盤傾斜バタフライがあります。

 

自分も赤ちゃんも安全であることを確認しながら運動するには?

 

1.特に心臓病など、妊娠前から何らかの既往症がある場合は、妊娠中に運動しても良いかを医師に確認してください。

 

2.水を飲むことを侮ることなかれ。運動前に、運動中に、そして運動後に水をたくさん飲みましょう。

 

3.タイトな服装は避けてください。適切なスポーツブラを着けてバストを支え、おなかの赤ちゃんを腹バンドで支えましょう。

 

4.猛暑の中での運動はしないでください。

 

5.疲れ果てるまで運動してはいけません。

 

6.妊娠と日々の運動に必要な栄養条件を満たす、適切な量とカロリーの食事を食べましょう。

 

7.食後は少なくとも1時間経ってから運動を始めましょう。

 

8.ゆっくりと運動し、めまいなどを感じたら運動をやめましょう。

 

9.あなたの身体と発する警告サインに耳を傾けてください。胸の痛み、腹痛、骨盤の痛み、頭痛、膣からの不正出血、息切れ、足首のむくみなどを感じたら運動をやめてください。

 

妊娠中に自分のケアをするということは、すなわち自分の中で成長している赤ちゃんのケアをするということです。少し早いですが、健康な赤ちゃんのご出産、おめでとうございます!

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。