一般的なオフィスでの怪我

May 25, 2022

私たちはキャリア上の目標を達成するために、仕事に焦点を合わせ、ワークステーションに長時間座っています。しかし、私たちは一日中座っているだけで毎日健康に害を及ぼすことをまったく意識していません。 この座りがちな生活は心臓病、糖尿病、および他の多くの壊滅的なものを含む多くの健康問題につながります。ひどい姿勢で長時間座っていると、筋肉や骨に損傷を与えます。この記事では、デスクワークを行う人々が毎日経験する最も頻繁な人間工学的な怪我について言及します。

 

座っていることがいくつかの健康上の合併症の主な原因であるため、理想的な治療法としては座っている時間を減らすことです。ワークステーションに長時間座ってはいけません。職場でスタンディングデスクを使用して、アクティブな仕事環境を促進します。これは私たちが座ったり、立ったりしながら、働くことを可能にします。このように立つことのメリットを享受しながら、座っている時間を制限することができます。

 

人間工学

 

人間工学はあなたが行う仕事の種類、あなたが仕事をする環境、そしてあなたがそれを行うために使用する道具に関する科学です。オフィスでの人間工学の目的はあなたとあなたの仕事に快適になるようにあなたの職場を設計することです。ワークステーションが適切に構成されている場合、以下のことができます。

 

  • 片頭痛や眼精疲労を起こしにくい。

 

  • 首と背中の痛みを和らげます。

 

  • 同じ行動を繰り返すことによって引き起こされる滑液包炎と腱の問題を回避します。

 

職場での怪我や病気はすべて広く蔓延しています。どちらもあなたの時間とお金、そしてあなたの雇用主を浪費させる可能性があります。それらはまた、あなたが仕事をどれだけ効果的に遂行できるかに影響を与える可能性があります。オフィスの人間工学は仕事で安心するのに役立つかもしれません。それは奇妙な位置や反復的な仕事によって引き起こされる緊張とダメージの軽減に役立ちます。以下のように、オフィスの仕事環境がどのように編成されているかを重視しています。

 

  • ワークステーションの構成、座る方法、および1つの位置にとどまる時間

 

  • 仕事の実行方法、実行する動作のタイプ、およびまったく同じアクションを繰り返すかどうか。

 

  • 照明、音、温度などの仕事環境。

  • 仕事を実行するために使用するツールと、それらが要件を満たすように構成されているかどうか。

 

一般的な怪我

 

従業員は姿勢の悪さやオフィスの人間工学に対する理解の欠如の結果として、職場で怪我をしてしまうことがあります。以下は、従業員が事務作業で経験する一般的な怪我です。

 

1.手根管症候群

 

この問題は手首を誤って曲げた状態で、繰り返しの動きをする結果として発生します。手首の位置が正しくないと、マウスを使用したり入力したりするときにこの問題が発生します。状態の修復には1週間または1か月かかる場合があります。キーボードを腕の長さに置くと、このジレンマを防ぐことができます。自然な位置に手を脇に置いてください。この問題に対処するためには手と手首のトレーニングを行います。シットスタンドデスクを使用すると、人間工学的に正しい方法でワークスペースを設定できるため、安全で健康的な職場を実現できます。

 

2.腰の痛み

 

背中の不快感は座りすぎが原因である可能性があります。1日8時間以上座っている人は背中に負担がかかるため、背中に不快感を覚えます。重傷となる可能性もあります。座位を直すと、背中の不快感を取り除くのに役立ちます。椅子の背もたれに背を向けて、直立して快適に座ります。クッションを使用して脊椎のカーブを補助し、背中の痛みを和らげることができます。この問題は人間工学に基づいた椅子を使用することでも解決できます。高さ調節可能なワークステーションは最大のメリットを享受するのに役立ちます。立ったり伸ばしたりして、背中の痛みを引き起こしている筋肉の緊張を和らげることができるのです。

 

3.首の怪我

 

首の怪我は姿勢の悪さの結果によるものです。仕事をしている間、私たちは椅子に間違った姿勢で座っている習慣があります。上半身の前屈は画面をよく見るために私たち全員が行う典型的な姿勢の間違いです。これは首の怪我につながる可能性があります。座ったり立ったりしている間、まっすぐな姿勢を維持してください。背骨のカーブをサポートするニュートラルな首の位置を維持します。この問題を緩和するには人間工学に基づいた椅子とスタンディングデスクを使用してください。

 

4.眼精疲労

 

別の種類の職場のリスクとしては眼精疲労です。これは片頭痛を引き起こし、それらを治療することは困難です。この状態はまたドライアイにつながる可能性があります。画面の明るさを調整します。反射防止コーティングを施したディスプレイの使用も良いでしょう。目を保護するため、アンチグレアメガネを着用してください。画面の上部を目の高さにして、モニターをほぼ腕の長さだけ離して配置します。

 

5.膝の怪我

 

多くの人は膝の筋肉をそれほど使っていないので、座っても膝の怪我をすることはないと信じていました。ただし、姿勢を崩して座ると膝に横方向の緊張が生じ、筋肉が痛くなります。

 

この状態は適切な座位によって引き起こされることはありません。座っている間、足を地面に平らに保ちます。膝を90度の角度で曲げて、太ももを床と平行に保ちます。

 

防止

 

職場での怪我を避けるためのヒントをいくつか紹介します。

 

  • 仕事中はパソコンを目の前に置き、まっすぐに座ります。

 

  • 腰や腕など、体の一部に過度の負担をかけないでください。

 

  • 頻繁に姿勢を変えてください。

 

  • ひねる代わりに、体全体を回転させて仕事をする向きを変えます。

 

  • 20〜40分ごとに、少し休憩してストレッチしたり、椅子から離れます。可能であれば別の仕事に切り替えるか、休憩室に行ってください。

 

  • 高品質の人間工学に基づいた家具を使用してください。

 

FlexiSpotの調整可能なスタンディングデスクプロシリーズ

 

姿勢や人間工学に注意を払えば、職場での怪我を防ぐことができます。調整可能なスタンディングデスクプロシリーズは高さを調整できる単なるスタンディングワークステーションではありません。このデスクはオフィスの人間工学の概念を簡素化してくれます。

 

総重量が100キロの場合でも、強力なデュアルモーターにより、最大リフト速度3.5センチ/秒(E7Pro)が可能になります。これらはすべて、ボタンを押すだけで実行できます。改良されたフレームと革新的なリフトシステムの設定で最適な安定性を確保しながら、積載量を増やせます。革新的なキーパッドは3つのメモリ高さ設定、カスタマイズ可能なシット/スタンドリマインダーシステム、およびエネルギー効率の高いLEDディスプレイを備えています。位置を簡単に切り替え、またアラートを受信できます。このデスク用の様々なテーブルトップが選択できるなど、FlexiSpotのウェブサイトをチェックして、他の多くの人間工学に基づいた製品を見てみてください。

 

結論

 

怪我を回避するため、仕事環境を検討してください。それがあなたとあなたの仕事に可能な限り合うように構成されていることを確認してください。すべての企業と従業員は安全で安心な職場で仕事を行うために協力しなければなりません。雇用主は懸念に対応し、従業員は適切なトレーニングを受けるなど、事務仕事の怪我やその他の安全上の危険を回避するために、全員で協力することが大切です。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。