学校にスムーズに戻るための15のヒント

August 31, 2021

数年前までは、学校での勉強が休みになるのは休暇の時だけでした。それに対して、新型コロナウィルスの世界的なパンデミックにより大きな変化が起こりました。様々な学校や大学が授業を停止することを余儀なくされたのです。何千人もの学生たちがバーチャルでの授業やオンラインでのサポートを受け、どんな課題に対しても自分ひとりで論文などを作成しているのです。けれど今、そうした学校の多くが従来のシステムに戻ろうとしています。つまり学生は適切に学習計画の中に入っていかなければならないのです。

 

国中の学生たちが学校に戻る準備をしています。そしてその多くが混合型教育かリモートでの学習のどちらかを選択することになるでしょう。自宅で時間をうまく過ごせる場合はリモートでの自宅学習は楽しいものに思えるかも知れませんが、すぐに想定したより難しいものだと感じるようになる可能性もあります。長い休暇の後に学校に戻る気持ちの準備ができているあなたに、ここからは長期休暇から学校に戻るための方法について、いくつかヒントをご紹介します。

 

多忙なスケジュールとやらなければならないことが山積みの状態、非常にたくさんの人たちとのやり取り、一度の多くの問題に対処し、夜まで勉強しなければならない状況。こうしたことが学生に多くのストレスを与えます。子どもたちが自宅学習を余儀なくされたことは注意を喚起し、メンタルヘルスの問題が発生しました。こうしたことを避けるためには、ゆっくりと準備をする必要があります。日々のベースとなる流れを劇的に変化させないようにすることです。授業の間の休憩が少なくなると、生徒のやる気を引き出すことが教師にとっても生徒自身にとっても大変な問題になる可能性があるのです。

 

睡眠パターンを修正する

 

私たちの多くにとって、夏休みやホリデーシーズンの休暇とは、目覚まし時計を止めて遅くまで眠ることです。早く起きる必要がないのは素晴らしいことですが、学校に戻る日が近づくにつれ、睡眠パターンを元の状態に戻すことが重要になってきます。ほとんどの人は身体を適切に休めるためには、ひと晩に7時間から9時間の睡眠が必要です。学校に戻る前に適切な睡眠パターンに入りましょう。あなたの身体がこのリズムを構築するまでに時間がかかるのです。安らかな睡眠を得た状態で学校に戻ることができれば、学校生活にうまくついて行くことができます。なぜなら適切に休んだ身体は自然にそのように動くことができるからです。

 

早起きの習慣

 

やらなければならないことが全くない場合でも、就寝時間が遅くなることがあります。一日中集中力を維持するためには、授業の前日の夜に十分に眠ることが必要です。そして良い睡眠はあなたの健康を維持するにも役立ちます。午前2:30に就寝するのに目覚まし時計を午前6:30に合わせて目覚めるようではいけません。学校が始まる1週間前までに、まともな時間に就寝し早く起きる習慣をつけましょう。

 

リストを作成する

 

準備する必要のある物、やらなければならないすべてのことについてリストを作成しましょう。あなたは充実した気分を味わえるはずです。いじめをする人たち以上に悪い存在である「先延ばし」を撃退できるのですから。

 

前夜に準備をする

 

学校に戻る日の前夜、翌日着ていく洋服を選び、必要な持ち物をバッグに入れましょう。そうすることで翌朝の時間を大幅に節約することができます。少し長めに眠ったり、朝食をたっぷり食べることができます。

 

十分に食べる

 

研究によると、私たちは不健康な食べ物を食べる傾向にあるといいます。つまり、消化器系を元気づける必要があるのです。栄養価の高い食事をとることは良く生きるための基本です。休暇を終えて学校に戻る時とは、スナック菓子やジャンクフードをあきらめる時です。健康的な食事はあなたの脳にとってとても良く、あなたの身体がゆっくりと使うことができる、非常によい持続可能なエネルギー源なのです。食物繊維をたくさん摂取することに加えて、脂肪、たんぱく質、炭水化物をバランス良く組み合わせてください。食事制限がない場合、マルチビタミンは身体の適応性を促進するのに役立ちます。

 

一日を分割する

 

学校生活にかなりの時間を費やす生活にもう一度戻ることはかなり疲れるものです。そのため慎重に計画をする必要があるのです。勉強など学校生活の時間を合理的に分割すれば、一日がより快適に感じられるはずです。この方法で一日のスケジュールを組むことは、久しぶりに学校に戻る際の戦略として優秀です。このスケジュールを度々見るようにすることも有益です。日程表やカレンダーを学習スペースに置いて、いつでも簡単に見たり手に取ったりできるようにしましょう。

 

外に出る

 

一日の中の何時間を外に出て過ごしましょう。バルコニーに出るだけでも構いません。外に出ると元気が出てくるものです。玄関先でも良いので外に出て、何ヵ月も続く学業に入り込んでしまう前に、あなたを取りまく周囲の景色を楽しんでおきましょう。

消耗品をストックしておく

 

教材や付箋、鉛筆やその他の必要な学用品を出来るだけ早めに手に入れておけば、その後の心配事がなくなります。たとえば教科書を前もって購入しておけば、教科書を持っていることを自分で分かっているのでストレスを軽減することができるだけでなく、前もって予習しておくこともできるのです。

 

学習用スペースの機能を高める

 

スタンディングデスクを使うことは、学習方法を変えるために最も簡単で効果的な手段です。多くの人が作業中に立ち姿勢になることで生産性が大幅に向上することに気づいています。また一日のほとんどの時間を立ち姿勢でよく動き、身体のこわばりを解き放すことでより多くのエネルギーがわいてくることに気づいている人もいるでしょう。エネルギーと全体的な生産性が大きく向上する可能性があるのです。より明確に考え、より多くの成果を出すことができるかも知れません。スタンディングデスクは休みの後に勉強に戻るための素晴らしい選択になり得るものです。FlexiSpotは「バックトゥースクールディール」として学校に戻るあなたに限定のプランをご用意しています。興味を持っていただけるのではないでしょうか。

 

スケジュール表をプリントアウトして整理する

 

習慣としていたことに戻るためにはしっかりと入念に計画し系統立てて行う必要があります。新しいクラスのスケジュール表をプリントアウトして目に入る場所にはっておけば、授業がいつどこであるかをいつも知っておくことができます。スケジュールをメモしてスマートフォンで管理しましょう。カレンダーアプリでアラートを作成しておけば、昼休みが長めになる日でも午後3:00から始まる授業を忘れずにすみます。

 

時間割りを調べて、教室を移動するのにかかる時間を見積もってみましょう。時間があれば事前に試してみても良いかも知れません。こうすることで、特に大きな学校では、うっかり間違えて誤ったクラスに行って、気まずく言い訳をするようなことにならずにすみます。

 

運動する

 

長い休暇後に学校へ戻る際の素晴らしい方法のひとつは、ライフスタイル全体を変えてもっと身体全身にエネルギーを増やすことです。運動することはその基本部分にあたります。常に運動することでより多くのエネルギーを持つことができ、さらに良く眠れるようになります。運動は前向きな姿勢を持って見通しを立てることを後押ししてくれます。明るい気分の時であれば学校に戻ることはより簡単なことでしょう。

 

友だちを作る

 

以前からの知り合いに連絡を取りましょう。そして新しい人たちに出会うための努力をしましょう。学校の社会活動や新入生の集会に参加してください。あなたが熱中できることや興味があることを共有できる人と触れ合うことができるクラブに、少なくともひとつには加入しましょう。

 

通学方法を計画する

 

授業の開始時間までにきちんと到着できるように、すべての準備をしましょう。デバイスがすべて充電されていることも確認してください。通学中にスマートフォンのバッテリーが切れて、イヤフォンを自宅に忘れ、午前7:45に誰かが電話で話している騒々しい声を聞かされることほど嫌なことはありません。

 

机の上を整理整頓する

 

時間のほとんどを学習用スペースで過ごすのであれば、整理されきれいな混乱のない場所にすべきです。きちんと立っているスタンディングデスクにゴミが散らかっていたら注意力が散漫になります。勉強をすぐに再開したい時は、学習用スペースを定期的に整理整頓しましょう。

 

休憩を取る

 

休暇の時間をただ怠慢にだらだらと無駄に過ごした後に、学校の厳しい日常に戻るとすぐに燃え尽きてしまう可能性があります。学校生活に慣れ始めている頃には、軽食や昼食を取ったり、外に出て明るい自然の光を浴びて新鮮な空気を吸ったりするために十分な休憩を取りましょう。これはやりすぎということはありません。それからゆっくりとあなたの生産性を最大限に戻せばいいのです。

 

長い休暇の後に学校に戻ることはそれほど難しいことではありません。自分自身を整理して調え、優れた学習環境を準備し、ライフスタイルを健康的に保ってください。そうすることで結果は自ずとついてくるものです。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。