EFL講師にとっての高さ調整できるスタンディングデスクの有用性について

May 17, 2021

EFL(外国語としての英語)の生徒たちに初めて挨拶をしてから9年が経ちました。そして、韓国の学生たちとオンラインビデオ授業を始めてから9年が経ちました。インターネット接続の不安定さや生徒の問題行動など、セットアップは決して簡単ではありませんでした。EFL講師の仕事は常にチャレンジングです。

 

ビデオ授業は、教室での授業よりも生き生きとしていなければなりません。特に5歳の英語を母国語としない生徒を相手にする場合は、母国語の簡単な単語を使って指導する必要があるからです。

 

そして何よりも、生徒のTPR(Total Physical Response)を把握する必要があります。このように、オンラインでEFLの生徒を教えることは、心身に苦痛をもたらします。なぜなら、魅力的な授業を行うためには、講師は常に100%のエネルギーを注ぐ必要があるからです。

 

このことから、私たちは次のようなことを議論したいと思います。

 

1. 効果的かつ効率的なEFL講師の資質

2. EFL講師が直面する健康問題

3. EFL講師が高さ調節可能なスタンディング・デスクを使用することの利点

 

それでは、本日のディスカッションを始めましょう。

 

1. 効果的かつ効率的なEFL講師の資質

 

EFL講師は、総合的なパフォーマーです。学生を中心とした、楽しく、進歩的で、考える授業を行うために全力を尽くさなければならないのです。

 

■積極的であること

効果的かつ効率的なEFL講師は、物事の芽を摘むことができる人でなければなりません。魅力的なクラスを作りたいのであれば、最初から最後まで、隅から隅まで計画を策定しなければなりません。前述したように、授業中に何もしないでいると、学生たちの気が散ってしまいます。そのため、ディスカッションと補助的な活動の両方に必要なタスクを用意する必要があります。また、積極的ではない学生や、見返りがないと授業に参加しない学生、セッションのトピックを欲がっている学生の場合には、授業のアウトプットを想定しておく必要があります。先を見越した授業の一環として、20分から50分の授業の中でゲームやクイズを取り入れ、EFLの学習効果を高めることもできます。

 

■鼓舞促進する

効果的かつ効率的なEFL講師は物事の芽を摘むだけでなく、学習の促進者でもあるべきです。つまり、授業中の発言や考えを述べる際には、講師が20%、生徒が80%という「20-80ルール」を守らなければなりません。そうしないと、講師がクラスを支配してしまい、生徒に自分の考えやスキルを表現させることができなくなってしまいます。授業において講師は傍らで観察し、観察事項をメモしているのはそのためです。

 

■権威的であること

効果的で効率的なEFL講師とは、支配的で近寄りがたい人物にはならずに、権威をもつ人です。これがなかなか難しい。権威的な講師はテロリストのような講師だという誤解があります。これは、子供たちに間違った考えをもたらし、講師が権威をもった恐怖の人になってしまいます。権威的な講師の意味は、フレンドリーで親しみやすい雰囲気でありながら、完全な威厳を持ってクラスを運営していることを意味します。これは、授業の初日に内部ルールを設定したら、授業でも一貫してそのルールを守り続けるということです。

 

■想像的であること

効率的で効果的なEFL講師とは、創造性に富み、わずか20分の授業でクラスを魅力的にすることができる人です。ここ数年、私のクラスでは "ピザ・ルール "によって運営監視してきました。これは、私のアプローチがピザをある部分でスライスするようなものであることから、ピザ・ルールと呼んでいます。私は通常、学生に与える演習の種類に応じて、すべてのアクティビティに5~8分を割り当てます。どのパートでも、80%は生徒が話したり動いたりできるようにしています。いつも、以下のことを取り入れています。

 

歌:形、色、服などを教えるときには、いつも歌で教えています。

詩:説明的な文法のレッスンに応用しています。

ダンス:体を動かすことで、話す練習、特に自己紹介や挨拶の練習に使います。

 

私のEFL講師としてのキャリアの中で、学習を促進するために多くの苦労と準備をしてきました。その一方で、教える上での退屈でストレスの多い生活もありました。体調を崩すことは避けられません。第二部では、その健康面についてお話しします。

 

2. EFL講師が直面する健康問題

 

EFL講師も健康問題に直面しています。座りっぱなしの仕事のため、ほとんどの人が体の痛みや病気を経験しています。ほとんどのEFL教育を扱う会社では、使用されている機器が労働者の健康に適していないことが明らかです。

 

これらの機器のほとんどは、人間工学に基づいて作られていません。テーブルの高さ調整ができないため身長差を補えず、EFL講師の姿勢は前かがみになります。これは腰痛の原因になります。最悪なのは、ほとんどの講師は1日に10~20コマの授業を受けもつので、3時間以上もパソコンの前に座っていることです。

 

また、デスクトップPCを使用しているためテーブルの高さを調整することができず、講師の動きが制限され、この仕事特有の病気を発症することもあります。

 

このことから、背骨を痛める可能性を軽減するために、信頼性が高く耐久性のある製品を使用する必要があります。最後のパートではこのことについて議論します。

 

3. EFL講師が高さ調節可能なスタンディングデスクを使うメリット

 

Flexispot’sの高さ調節可能なスタンディングデスク(天然竹天板など)は、自分好みの高さに簡単に調節できるので、講師がより安全で快適な作業空間を確保するのに役立ちます。テーブル面を低くしたり高くしたり、自分の状態に合わせて調整することができます。このスタンディングデスクがあれば、机の高さが合わないために背骨を傷めるようなことなく仕事ができるようになります。これにより、講義は有意義なものになるでしょう。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。