仕事での先延ばしを克服する方法

May 07, 2021

私たちは自分自身を何でもできる人だと思うことがあります。私たちはあらゆる課題に取り組み、自身が持っている力を使い、目標と野心に向けてさらに進んでいきたいと考えています。しかし、この考え方にも関わらず、私たちは行き詰まってしまうことがあります。これは今ある仕事を行うのではなく、先延ばしを行って、他のことを行うことにつながります。

 

先延ばしは最もよく体系化され、時間を厳守する人にされ、発生するのです。宿題をしないといけないのにテレビを見ていることに気付いたことがあるでしょう。先延ばしはよくあることですが、あなたの人生に害を及ぼし、あなたの仕事のパフォーマンスに悪影響を与えることさえあります。

 

人生のある時点において、誰もが挑戦を先延ばしをしてきました。なぜ物事を先延ばしにするのか疑問に思ったことはありますか?怠惰に起因すると考える人もいるかもしれませんが、他の要因が影響している可能性があります。

 

より深い意味で先延ばしを理解する

 

「先延ばし」という言葉は「明日まで延期する」という意味のラテン語の動詞である「procrastinare」に由来しています。しかし、それはあなたがやりたいことを先延ばしにするというのだけではありません。先延ばしはギリシャ語の「akrasia」から由来しています。これは「私たちの最善の判断に反した何かを行うこと」という意味です。

 

先延ばしは決定を延期する行為、または不必要な行為です。記事を完成させたり、そのデザインプロジェクトを完成させたりする代わりに、お気に入りのドラム1話を見る方が楽しいでしょう。これはよくこのような質問につながります。なぜ私たちは割り当てられた仕事を行う代わりに他のことをして楽しんでしまうのでしょうか?これは先延ばしがどのように見えているかです。

 

特定の仕事を遅らせたとしても、先延ばしのような行為は学校での成績の低下や職場での給与の低下につながることからもわかるように、先延ばしは人々の目標達成能力に悪影響を及ぼします。さらに、先延ばしはストレスの増加や心身の健康の悪化など、多くの二次的な問題に関連しています。

 

先延ばしにする人は時間感覚が優れていないとも考えられており、仕事を完了する時間が長くかかると感じています。これは他の人にも当てはまるかもしれませんが、新しい研究では先延ばしが不安マネジメントにおける困難に関連していることを示しています。先延ばしが発生する時、それは通常、仕事に対処することを避けたいという人の欲求によって引き起こされています。これは仕事回避として知られているものです。人々が仕事をストレスの多いものとして認識する時、彼らがそれを延期する可能性は高くなります。

 

先延ばしは苦痛を防ごうとしているかもしれませんが、彼らの行動は長期的にはより多くの苦痛を引き起こす可能性があります。ストレスの増加、健康上の問題、および悪い結果はすべて先延ばしから生じる可能性があります。睡眠障害とストレスとなる後悔は先延ばししない人よりも先延ばしする人の方が多く発生しています。さらに、先延ばしは後悔、恥ずかしさ、または仕事延期の結果として生じる自己批判的思考のために、自尊心を傷つける可能性があります。

 

なぜ人々は先延ばしするのでしょうか?

 

先延ばしは単にその人の意志の問題であると人々は信じていますが、状況はより複雑なのです。難しい決断や達成する使命に直面した時、私たちは物事を成し遂げるために自制心に頼ることがよくあります。不安や失敗への恐れなどのモチベーションを下げる要因が倦怠感や見えてこない成果がネックになり、自制心や動機を上回るため、先延ばししてしまいます。

 

これによって私たちは自分の行動を自己調整することができなくなり、すべきだとわかっていても、不必要に物事を延期してしまう原因になります。そのため、先延ばしは私たちが行動すべきことと実際に行動することの間にしばしば断絶をもたらしてしまいます。

 

多くの人にとって、先延ばしは強力で謎めいた力であり、磁石が互いに反発するのと同じ力で人生において最も重要で挑戦的な仕事を実行することを妨げてしまいます。先延ばしはそれを引き起こす問題に対処できる戦略を取ることによって効果的に解決できます。

 

先延ばしをどのように乗り越えることができるのか。

 

1.運命と暗闇の中でもがくのをやめる。

壊滅的、または何かから大それたことになることは人々が先延ばしにする最も一般的な理由の1つです。それは仕事を完了させるのがどれほど難しいか、退屈であるか、または不快であるかについてかもしれません。いずれにせよ、根底にあるものとしてはそれを行うことは「耐えられない」ということです。先延ばしはいくつかの要因の影響を受けますが、その1つが恐怖です。これには失敗したり、間違いを犯したり、また成功したりすることへの恐れも含まれる場合があります。

 

2.仕事を完了させる。

集中は先延ばしを克服する秘訣です。私たちは常に自分自身に多くの仕事を割り当てて完了できないため、イライラしてしまいます。あなたが先延ばししているものを1つだけ選び、次の週までにそれを完了させることから始めます。

 

3.やることリストを作成する。

やりたいことを記載したやることリストを作成することから始めます。期限がある場合、必要に応じて各項目の横にその日付を記入してください。各プロジェクトにかかる時間を過小評価するという罠に陥らないようにするには各仕事にかかる時間を見積もり、その時間を2倍にしてみましょう。

 

4.プロジェクトはより管理しやすいセグメントに分割します。

大規模なプロジェクトに直面している場合、膨大な量の仕事が必要になってくると、気が遠くなり、切迫感に苛まれ、または絶望的になる可能性があります。リストの個々の項目を認識し、この段階で行うべき一連のステップに分解してみましょう。

 

5.先延ばしの兆候を認識します。

あなたがリストにあるものに取り組み始める時、先延ばしの考えがあなたの心に忍び寄ってくることに注意してください。「今はこれをやりたくない」とか「後で集中する時間がある」と思ったら、先延ばしになりそうだということを知っておく必要があります。

 

6.気が散るものを取り除きます。

テレビに注意が向いたり、友達のFacebookステータスの更新を読んだりすると、実際の仕事を行うのが難しくなります。音楽、テレビ、ソーシャルメディアプラットフォームなど、気が散るものをすべてオフにする時間を確保し、目前の仕事に完全に集中してみてください。

 

結論

 

先延ばしを打破するのは簡単ではありません。結局、もしそれが単純なものであるとすれば、約80%~95%の学生は先延ばしにしているという事実は存在しないでしょう。物事を先延ばしにしたいという誘惑は特に多くの面白く、興味をそそる気が散るものがある場合、その誘惑は強くなる可能性があります。

 

先延ばしを完全に止めることはできないかもしれませんが、先延ばしをする理由とそれらの習慣を解決する方法を知っておくと役立ちます。これらの戦略を使用すると、進むべき方向に向かい、これらの重要な仕事を取り掛かる方が良いとわかるでしょう。