座っているより立っている方がダイエットに効果的?

November 17, 2022

現在の仕事の流れでは、8~12時間、ストレッチをする時間さえなく、机に向かっている必要があります。仕事を終える頃には疲れ果て、スケジュールはぎっしり詰まっていて、数分も運動する余裕がませ。。やらなければならない家事があります。夕食の準備を始めると、気がつけばもう真夜中、その繰り返しです。このような座りっぱなしのライフスタイルは、肥満などいくつかの病気と関係があります。と言われていますが、長時間座って仕事をする場合、立って仕事をする方が良いのでしょうか?立っているだけで痩せることができるのでしょうか?この記事では、その疑問を解き明かします。

 

快適な人もいますが、椅子が快適でない場合、長時間座ることは全身の健康に影響を与える可能性があります。間に何の動きもなく長時間座っていると、代謝が悪くなります。これは、血糖値や血圧を調節したり、脂肪を分解したりする体の機能に影響を与え、肥満や心臓合併症などの健康問題につながるとされています。

 

座りすぎは腰を痛め、ひどい腰痛の原因になります。猫背になったり、座り心地の良い椅子がなかったりすると、さらに悪化します。また、静脈瘤や体重増加の原因にもなります。

 

座っていると、動いている人や立っている人に比べて、体が使うエネルギーが少なくなります。つまり、2回目の食事や3回目の食事をする頃には、1回目の食事で摂った栄養素やエネルギーのほとんどがまだ使われていないことになります。定期的な運動がなければ、肥満になる危険性が高く、ダイエットのためには立っている方が適しています。

 

様々な研究資料によると、立っている方が座っているよりも1分間に約0.15カロリー(kcal)多く消費されるそうです。1日(8時間)で、その時間を立って過ごすと仮定すると、約72キロカロリーです。

 

立っているだけで痩せる方法

 

デスクワークをしている人にとって、特に普通の机を使っている場合、立ち仕事は少し不安なものです。机の高さに届くようにかがむ必要があり、腰痛が増えることもあります。幸いなことに、立っていても仕事をすることでダイエットできるオフィスや家庭用器具があります。

 

 

1.スタンディングデスク

 

スタンディングデスクとは、立ったままデスクワークができるデスクで、座位から立位への切り替えができるものもあります。例えば、フレキシスポットスタンディングデスク(EF1)は、71cm~121cmの範囲で高さを調節でき、ワンタップで座位から立位、立位から座位に切り替えが可能です。このデスクには、キーパッドとフレームのオプションがあります。FlexiSpot スタンディングデスクは、PCやその他の作業用アクセサリーの重量に耐えられるようフレームが設計されています。

 

スタンディングデスクは、生産性や気分の向上、心臓病のリスク低減など、多くの利点があるとされています。また、正しいスタンディングデスクには、血糖値の低下、腰痛の軽減、ダイエットなどの効果も期待できます。

 

 

2.デスクバイク

 

デスクバイクは、立っているだけで痩せることができる優れものです。机の上に自転車があり、机の上で仕事をしながら自転車を漕ぐことで、座っているときや立っているときよりもカロリーを消費することができます。

 

デスクトップバイクを使用することで、協調性、気分の向上、体重減少などの効果があります。ステーショナリーバイクは、心臓、肺、筋肉を強化する有酸素運動を促進し、生活習慣病を予防する効果があります。また、足腰を鍛え、カロリーや体脂肪を効果的に燃焼させることができます。

 

デスクバイクの人気商品には、DeskCycleの「Under Desk Bike Pedal Exerciser」やWakemanの「Under Desk Pedal Exerciser」があり、立ったまま作業したい場合やマシンが手元にない場合に最適です。

 

また、FlexiSpot社の2in1フィットネスチェア「Sit2Go FC211」もあります。

 

Sit2Go FC211フィットネスチェアは、シートが付いたデスクバイクです。シートはサポート力のあるシートクッションで調節可能で、座ったまま漕ぎたい場合に適しています。

 

 

3.デスクコンバーター

 

卓上スタンディングデスク、デスクトップライザーとも呼ばれます。

 

スタンディングデスクや自転車は使いたくないけど、立っていることでダイエットしたいという方には、デスクコンバーターがあります。スタンディングデスクコンバーターは、スタンディングデスクの代わりに使用することができる調節可能なデスクです。

 

既存のデスクの上に置くだけで、既存のデスクを処分したり、移動したりすることなく、スタンディングのオプションを提供します。シーティングに変更したい場合は、コンバーターを取り外すだけです。

 

おわりに

 

立っていると、座っているよりも1分間でより多くのカロリーを消費します。さまざまな調査結果によると、ほとんどの人が1時間立っていれば、最大9キロカロリーを消費することができます。これは、1分間に約0.15カロリー、1日(8時間)に72カロリー(立っている場合)に換算されます。しかし、立つだけではスリムになることはできず、短期間で大量の体重を落としたい場合には、最適な方法とは言えません。しかし、より多く立ち、より多く動くことで、より健康的で生産的になり、特定の病気にかかるリスクを減らすことができます。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。