在宅勤務に及ぼす悪影響を克服する方法

July 28, 2020

新型コロナウィルスのパンデミックが発生する以前から、大卒アメリカ人の推定29%が、少なくとも一時的には在宅勤務を行っていました。 それが最近の状況変化により、その数は劇的に増加しています。

 

在宅勤務には長所もあり短所もあります。 通勤時間はゼロ、自分で家事や育児の面倒を見る時間がタップリあります。 反対に、在宅勤務では、そのリモートワーカーの健康に影響するであろう悪い習慣が身につくことにもなります。

 

リモートワークが癖になる可能性があります。 リモートワーカーなら誰しもが、取り立てて健康問題に気付き、働き方の再検討を迫られるように思うことになるかもしれません。

 

在宅勤務のダークな一面

 

確かに、在宅勤務には新しい課題が提示されています。 このブルームバーグの記事によれば、現状でリモートワーカーの勤務時間は、通常より3時間、より長時間を勤務しているとしています。 これは、一般的にが知られているワークライフバランスの概念を覆すものです。

 

しかし、それだけではありません。 この新しい勤務パターンはそれ以外の以下に挙げる厄介な効果をもたらします。

 

  ・長時間の座位姿勢‐エピデミック環境下のライフスタイルとして強いられるデスクワークが「もう一つの喫煙」と言い換えられていることは広く知られています。 座って仕事をするのは楽ですが、これは体にとって最も不健康的な姿勢です。 過剰になると首や背中に痛みが発生し、生産性に影響を与える可能性があります。 そして、人々は誰もがこの健康の危機に瀕しているのです。座り過ぎは、心臓の健康とメンタルヘルスに悪影響を及ぼします。

人々にできることは、一日を通して日常的な活動を追加することです。 それは努めて立っているかストレッチをするとかです。人間工学的設計デスクを購入できる場合は、それを購入して使いましょう。 シットスタンドデスク(座立共用デスク)を使用すると、より多くの動きが可能になり、作業中でも体の健康を維持できるようになります。 その他の利点としては、姿勢の改善と体の痛みの軽減、代謝の改善、心の健康などがあります。

 

  ・長時間の画面注視-目の疲れを感じることがありますか? 在宅勤務で太りましたか? 鬱なの気分が尾を引いていますか? これらは、ガジェットを長期間注視することから来る一般的な影響の一部です。 本当に一日中コンピュータで作業する必要がある場合は、画面注視時間に気を付けて、その間に休憩を取るのが良いことです。 仕事の後は、エクササイズ、料理、庭の手入れなど、他のアクティビティに目を向けることが良いでしょう。 秘訣は、スマートフォンに近づかないようにして、1日の活動量を増やすことです。

ソーシャルメディアプラットフォームをスクロールする以外に、接続を切断して他のことに集中する必要がある場合は、週1回デジタルデトックスを実行するのも良いでしょうす。

 

  ・孤立と孤独-これはガーディアンから引用ですが、在宅勤務は孤独を引き起こす可能性があります。 同様に、CNNによれば、孤独は職場のパフォーマンスに影響を与える可能性があると言われています。 今まで以上に、同僚や家族とのつながりを保つ必要があります。 創造的でバーチャルな会議や集まりを通じて交流をスケジュールしましょう。

 

全力集中

 

上記の何れかを経験したことがある場合は、旗色鮮明にしてカウンセリングを受けることを恐れないでください。 今、残りの人生を整理すべく、健康に注意を向けるべき正にその時なのです。