言語学習のすべて

August 16, 2021

子どもの頃、誰もが運動技能と同じように自然に身につけなければならないもののひとつが言語です。

 

コミュニケーションは日常生活の中で常に行われ必要とされています。他の人たちに自分のニーズを伝え、自分が求めていることを追い求め、情報やアイデアを伝え共有するために私たちはコミュニケーションを取るのです。

 

さらに他の人たちと交流し関係を築くためにもコミュニケーションは必要です。コミュニケーションには不便なこともありますが、それをはるかに超える利点と便利だがあるのです。

 

このことを踏まえると、公立の学校で外国語を流暢に話せるように学ぶ機会があまりないことは疑問です。

 

先に行われた調査によると、幼稚園児から高校生までで英語以外の外国語を学習している生徒の比率はわずか20%ほどです。この数値は、アメリカ手話(ASL)またはその他の言語を学んでいる学生数1060万人に等しい値です。つまり、勉強をしている5人の内の1人にすぎないのです。アメリカ国内の少なくとも2つの州では、外国語を学んでいるのはわずか10%に満たないといいます。

 

この統計結果はアメリカ人が不利な立場にいることを示しています。2013年から2014年の連邦データによると、アメリカでは、公立の幼稚園から高校までの生徒たちが母国語として3番目に最もよく話しているのがアラビア語で、これはスペイン語に次ぐものです。

 

これを人口に換算すると、アラビア語を母国語として話している生徒は約11万人ということになります。けれど、国単位や社会単位でもはや話されることのない死語であるラテン語を学ぶ学生の数はその約8倍にも上るのです。現在、需要の高い言語スキルであるアラビア語と比較してそうなのです。

 

専門家の中には、言語を学ぶことへの国家の意向は移ろいやすい傾向にあると言う人たちもいます。アメリカは国家として、文化的価値を称賛したり改善したりするためではなく、ビジネス上の競争力がある言語学習に重きを置いています。これまでの研究全体やその根拠となるデータを見ると、個人として言語を学ぶ難しさのレベルは、研究上の誤りだったことがわかります。

 

言語学習は主に脳の可塑性によって行われるものではありません。つまり、成人には不可能であるというのは間違っています。

 

むしろ、学習しようとする言語にどれだけ触れられるかや、子どもと大人を比較して勉強に費やせる時間数という単純な違いがあるだけなのです。

 

これを考えに入れれば、言語を学ぶことによって得られるすべての利点は、あらゆる成人の学習者にも手に入れられるものなのです。

 

世界はインターネットを通じてこれまで以上に互いにつながりを持つようになりました。また貿易によって相互依存をするようになる中で、様々な言語を流暢に話せることは、必須ではないにせよ便利なスキルになりつつあります。言語を学ぶことはまったく新しい世界への扉を開くやりがいのあるものです。言語に堪能であることで、あなたはその言語が使用されている場所で現地の人のようになることができるのです。そのコミュニティーに受け入れられ、芸術や音楽を楽しみ、メディアを利用できて、それらが生まれた文化について洞察を深めることができます。言語という宝物のおかげで生涯に渡る友情や人間関係を築くこともできるのです。

 

世界貿易が当たり前のものとなり、近い将来においてますます上昇する傾向にある中で、言語を学ぶ人は流暢さを身に着けることで競争上優位に立ちキャリアを伸ばすことができます。言語能力はあらゆる業界のスキルを必要とする求人市場において、必要となるスキルトップ8の内のひとつです。

 

2010年から2015年に行われた調査によると、アメリカではバイリンガルの人々への求人は2倍以上になっています。これはバイリンガルが応募できる雇用市場が急激に成長していることを示しています。それとは別に、バイリンガルで能力の高い人には給与や賞与が増えるというポジションもあるのです。

 

インターネットのおかげで、新しいスキルを習得しやすくなり、それを履歴書に記載することがより簡単に出来るようになって来ています。

 

メタ学習によって言語学習はより容易にできるようになりました。学習領域は5つに分けられます。記憶力はくり返すことと使用することで強化されます。また読む力は漫画や電子書籍、ブログやソーシャルメディアの投稿などインターネットの媒体を読むことで磨くことができます。

 

三番目の書く力は、学ぼうとする言語で個人的な日記を書く、スクラップブックを作成する、またはインターネットのコンテンツを作成することなどで得ることができます。リスニング力は、オーディオブックやYouTubeの動画を利用したり、映画やネイティブスピーカーの話を聞くことで簡単に身につけることができます。

 

最後のひとつは、学ぶ言語を話す能力を高めるためのスピーキング力です。その言語を話す友人を見つけたり、誰かとデートしたりするのも役に立ちます。

 

自分だけの教材を選んで使うこともお勧めします。本と教材に先生がいれば十分です。記憶法の中にも言語の学習や使用に向くものもあります。覚える単語などに関連づけて音をくり返す、歌を歌う、韻をふむ、文章を作るなどの記憶術です。

 

学ぶ言語の文化やメディアに夢中になったり、その言語を話す人とひんぱんに会ったりすることは、言語の学ぶ際にとても役に立ちます。言語のようなスキルを身に着けるためには経験することが最高の先生になるのです。

 

時に難しく感じることがあったとしても、言語を学ぶという旅について前向きでいましょう。ほとんどの言語は1年ほどで、日常会話でのコミュニケーションを取れるようになることを覚えておいてください。もし複数の言語を習得したいというやる気がある場合は、一日にひとつの言語だけを一度に勉強することをお勧めします。望む習熟度を達成するためにはひとつに集中して勉強することが必要です。ある程度習得した後であれば、複数の言語を一緒に勉強することも良いかも知れません。習得した言語の教科書を使って違う言語を学ぶ方法をお勧めします。

 

新しいスキルを習得する過程は、ワクワクと楽しく、いろいろなことに気づくことができる時間です。さらに将来的に経済的に報われることでもあります。

 

スキルを高めることに自己投資することの良さが分かっているのであれば、それと同じように仕事スペースに投資することも問題ないのではないでしょうか。

 

Flexispotのモディッシュ高さ調節可能スタンディングデスクのように、「上昇する」ことしかないのです。あなたが受け取る価値のあるご褒美であり、あなたが机に必要とするすべての機能を備えています。頑丈でデスクトップも広々としており、傷がつきにくいこの製品は、あなたの健康と姿勢を良くするために、あなたの身長と身体の大きさに合わせて調節できます。そしてあなたと一緒に働き続けます。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。