デジタルからデトックスする5つの方法

July 31, 2020

パンデミック時にデジタルから離れるということに関して、それはほとんど不可能で、現実的ではありません。しかしこれらのシンプルな3つのヒントを参考にバランスの取れた考え方を身につけ、対処しなければならない可能性のあるネガティブで無益な感情をデトックスすることができます。更なる情報については毎週更新のポッドキャストErgotchaを聴いてください! Google、Spotify、およびポッドキャストが利用できるすべての場所で聴くことができるようになりました!ホストであるシャヒーダ氏とデイジー氏が人間工学やライフスタイルのヒントを教えてくれます。今週のエピソードでクイックガイドを提供していますが、デジタルデトックスとは何か、日常生活にどのように適用すれば良いのかは自由に考えてみてください。

 

では始めましょう!

 

デジタルデトックスとは必要な時にテクノロジーから離れることです。携帯電話を常にチェックし、メッセージ、メール、または通知を受け取ったらすぐに返信する必要があると感じている場合、すぐにデジタルデトックスをしなければならない可能性があります。これらの感情は不安の増加につながり、長期的にはあなたのメンタルヘルスに悪影響を及ぼす可能性があります。ジェニファー・ウェニガー博士はそれがいかに体をリフレッシュさせ、再始動させるのに役立つかを説明しています。「デジタルデトックスは私たちの心と体に自然なリズムを回復させる機会を与えてくれます」と彼女は説明しています。私たちの体を休息させ、自分自身を癒す時間を与えることによって、私たちは日常生活を改善する大きな機会を得ます。

 

始める前にこのデジタルデトックスはすべてあなたの考え方に次第であることを心に留めておくことが重要です。

 

ヒント1:心に留める

 

自分がさらされていることに常に注意しておくことが重要です。常に最新情報を入手し、連絡を取り合うのは良いことですが、スマートフォンやノートパソコンの前で長時間過ごすと、疲労感の増加につながる可能性があります。時間の大部分を使うその姿勢を考えてみてください。自宅で仕事をしている場合、自分のコンピューターを覗き込んでいませんか?前に傾くと腰に大きな負担がかかっている可能性があります。悪い姿勢は長期的には大きな影響を及ぼし、慢性的な痛みやストレス増加を引き起こす可能性があります。これについて意識しておくことが重要です。

 

姿勢と画面の前で過ごす時間に注意してください。仕事中だけでなく、それは仕事と余暇の両方において画面の前で過ごす時間についてです。ほとんどのスマートフォンには各アプリで使う時間を確認し、使用を制限できる機能があります。これによりInstagram、Twitter、その他のアプリで使った時間を評価できます。どれだけの時間を使えば多すぎるかということについてはあなたの判断次第ではありますが、2時間未満というのがスマートフォンに使うのに最も理想的な時間であることが研究により示されています。自分に最適な時間で制限を設定することができます。背景としては眼精疲労を回避し、また心が刺激され過ぎないようにすることです。これは夜眠れなくなったり、ストレスの増加につながる可能性があります。画面の前で過ごす時間のバランスをとる必要があります。まずは毎日15分減らすことから始めてみて、どうなるか見てみましょう。あなたのストレスレベルにどれほどの違いをもたらすことができるのかに驚くことでしょう。

 

ヒント2:アクティブさを維持する

 

画面を見ている時間を意識することはスクリーンデトックスの重要な部分ではありますが、携帯電話をオフにするもう1つの優れた方法としては様々な活動に参加することです!パンデミックによって行ける場所や会える人が制限されているため、常に携帯電話を使うのではなく、忙しい時間を過ごすためのオンライン上の選択肢を検討してみてください。あなたの健康レベルに応じて、NikeアプリやAdidasトレーニングアプリなどのフィットネスアプリを試してみてください。これらのアプリの一部は無料で利用でき、ジム設備も必要としません。色々なヨガスタジオやジムも友達や家族と一緒に受講できるオンラインクラスを提供しています。あなたのフィットネスの目標が何であれ、鍵はアクティブさかつ生産性を維持することです。

 

アクティブさを維持することのポイントは体重を減らすことではなく、このパンデミックの際に健康を維持することです。あなたの免疫システムを高めることは今まで以上に重要となっています。注意深くアクティブに行動し、健康を維持し、ソーシャルディスタンスを守ってください。

 

ヒント3:仕事中のデトックス

 

アメリカ人の大半は現在、在宅勤務を行っています。パンデミックによってほとんどのビジネスが新しい日常へと変化すると、ほとんどの仕事が画面の前で行われることになり、そうするとデジタルデトックスはどうやって実践できるのでしょうか?在宅勤務をしている場合、休憩を取り、時々は仕事を止めることの重要性を思い出してください。少しですが仕事中でもデジタルデトックスを実践することができます。少し仕事を止めてみると、あなたの集中力向上に対して驚くほど効果があると感じるでしょう。これはポモドーロテクニックのような様々な生産性向上のアイデアを通じて行うことができます。このテクニックでは集中力を高めるために、25分ごとに短い休憩を取る必要があります。カスタマイズ可能であり、あらゆる種類のタスクやプロジェクトに対して効果的であることが証明されています。

 

ヒント4:人間工学と向き合う

 

もう1つの優れたデジタルデトックスのアイデアはワークステーションまたはホームオフィスに人間工学を適用することです。スタンディングデスクやスタンディングデスクコンバーターは1日を通して姿勢を意識させるスマートで効率的な方法です。動くことで血液循環を促進し、免疫システムを高め、ストレスのレベルを下げることが証明されています。人間工学によって、正しい姿勢を見つけ、1日を通してアクティブさを維持することができます。

 

そして仕事はあなたの人生で重要な部分ですが、バランスが鍵であることを覚えておくことは重要です。休憩を取り、適切な姿勢を維持することで、幸せで健康な自分に一歩近づくことができます。

 

あなたならできます!

 

デジタルデトックスとは単にスマートフォンをロックして使用できないようにすることではなく、テクノロジーをツールにして、あなたが日常の生活にどのように取り組むかを再検討することであり、単なる現状の延長ではありません。テクノロジーを活用して健康的な習慣を構築することで、デジタルに関してより健康的な考え方を身に付けることができます。

 

健康、ライフスタイル、人間工学などに関するその他の記事についてはFlexiWellness Centerをご覧ください。ヒント、トリック、生活のアイデア、脊椎ケアに関する教育、全体的なヘルスケアのレビューやアドバイスを見ることができます。