在宅勤務の仕事スペースでの疲労軽減に役立つ10のアイデアとは

September 08, 2021

仕事用スペースで問題になるのは精神的疲労であり、これは身体的疲労にもつながっています。たとえば、椅子や机の設定が不適切で正しくない場合、働く人々の多くは不安を感じ、長期的な悩みの種になることがあるのです。

 

最適な仕事用スペースとは、人間工学が適用されているスペースです。オフィスにおける人間工学は、仕事の生産性と効率に役立つ家具とその周辺からの影響に焦点を当てています。

 

ホームオフィス設計のアイデアの多くは、在宅勤務の仕事用スペースでの疲労を解消するための打開策を与えてくれるものです。

 

シンプルな調節可能なスタンディングデスクや人間工学に基づいて製造された椅子を入手するという賢明な判断をすることで、あなたの生産性がはるかに向上することに驚かれることでしょう。

 

このブログ記事では、魅力的かつ機能的なホームオフィス用機器についてご紹介しています。

 

在宅勤務用仕事机についてのシンプルかつ創造的なアイデアとは

 

ホームオフィスとしての空間を適切に設定するアイデアによって、環境を完璧に改善して仕事でより良い結果を達成することができます。いくつかの研究によると、仕事用机での創造性は私たちを取り巻く様々な特性と関連しているといいます。

 

小規模な企業向けのシンプルで基本的なオフィス設計のアイデアから、重要かつ専門的なオフィス設計の戦略的アイデアまで、仕事用スペースを整えてより良い結果を達成するための様々な方法があるのです。

 

ここからは、小規模なホームオフィスの外観と雰囲気を整え、在宅勤務での仕事の疲れを軽減するのに役立つ、低コストでシンプルな設定のアイデアをご紹介します。

 

オフィスデザインを単色でまとめる

 

あなたのオフィスに真摯な(けれど攻撃的ではない)仕事用スペースという雰囲気を出したいのであれば、色調を単色でまとめるのは素晴らしいアイデアです。シンプルなオフィスデザインは、より清潔な環境を維持するのに役立ちます。仕事用スペースに雑然とした雰囲気がないため集中できるようになるのです。また、もし非常に集中して仕事をすることが必要なのであれば、机が雑然とした不快な場所にならないように整理整頓することが大切です。さらに、単色でまとめられたオフィスはとても魅力的でもあります。

 

部屋のコーナースペースを活用する

 

スペースをあまり取れない在宅勤務でのホームオフィスには賢いアイデアです。部屋のコーナースペースは従来見落とされがちな場所でしたが、新型コロナウィルスのパンデミックによって、コーナースペースの価値が見直されることになりました。

 

部屋の角は静かで隔離されており、L字型の仕事用机を置くのに適しているなど、部屋の中央部分や手前部分より利点があります。そしてさらに、L字型またはコーナースタンディングデスクにも、通常の机に比べて様々な利点があるのです。

 

たとえば、マルチモニターコンピューターデスクとして使うこともできますし、机の空いたスペースにゲーム機器を置くこともできます。

 

2つの引き出しがついた机を使う

 

あなた以外の家族の誰かが在宅勤務をする必要がある時、引き出しが2つついていることがとても役に立つでしょう。ただし、机自体を共有することは避けてください。けんかの元になります。そうした場合はツインデスクが便利です。

 

家族とあなたが別々の企業で働いているとしても、それぞれの机でのプライバシーを確保できるため、ネットに接続してオフィスのゴシップをチャットしても問題ありません。ダブルデスクやL字型デスクなどの共有タイプの仕事用机を使用すると家族と一緒に作業をすることができます。

 

観葉植物を置いて自然の雰囲気を取り入れる

 

ひかえめな雰囲気の仕事用机をより快適な空間にしたい場合は、観葉植物をいくつか置いてみましょう。これは在宅勤務用の仕事机に手を加えるのに人気のあるちょっとしたアイデアです。

 

緑と生き生きとした自然をそばに置くことのメリットを受け、幸せな気持ちになれるでしょう。けれど、ひんぱんに水やりをしたり世話をしたりする必要がある植物は避けた方が良いでしょう。あなたの上司はあなたがガーデニングにかかりっきりになるのを快く思わないかも知れませんから。

 

引き出し付きの仕事用机を使う

 

在宅勤務の仕事スペースに置く物で最も重要なのがこのタイプの机です。机についた引き出しは机の整理整頓に役立ち、ファイルを必死で探すということがなくなります。

 


十分な収納スペースを備えた完璧な机を選ぶことで、多様な用途を果たすことができるでしょう。

 

窓の近くで仕事をする

 

窓際ほど仕事用スペースに向いた場所はありません。自然光は目に負担やストレスがかからないため、集中して仕事をするのに理想的なのです。

 

また自然光があれば、仕事に適した照明や電気スタンドを使う必要がなくなるかも知れません。ただし夜遅くに仕事をする場合は、大きな電気スタンドを使うようにしましょう。

 

クローゼットを利用する

 

これは在宅勤務の仕事用スペースを設定するのには斬新なアイデアかも知れません。衣類があまり入っていないクローゼットや、客室の空のクローゼットなどが在宅勤務の仕事用スペースに役に立ちます。

 

クローゼットの中を片づけて、その場所に仕事用机を設置します。品質のよい仕事用椅子と吊り下げ式の机を組み合わせるのもとても良いでしょう。目的を果たすためにクローゼットが適切に装備されていることも確認しましょう。

 

棚を使う

 

仕事用机に引き出しや収納スペースがない場合や、予算の都合で機器を準備できない場合も心配はいりません。

 

仕事用机や仕事用スペースの横にあるもの、つまり壁面が優れた収納スペースになるのです。あなたがやらなければならないのは、小さな棚をあなたのニーズに従っていくつか取りつけることだけです。そうすればあなたにとって適切なホームオフィスを設定することができます。

 

機能転換自由な多目的ホームオフィス設計とは

 

あなたの子どもが夜勉強するための机はありますか?あるいは、子どもたちの就寝時間を過ぎた夜にあなたが仕事をしなければならないとしても、そのための机を個別に購入する必要はありません。どこでもラップトップパソコンを開いて統計の仕事を始めましょう。

 

会社の仕事をするために、明確なアイデアで理想的な仕事用スペースを見つければいいのです。つまり、着替えをするスペースが空いていたり、キッチンカウンターに何も載っていなかったりすれば、そこが仕事用スペースとなるのです。これは在宅勤務をする際のアイデアのひとつです。今すぐ試してみましょう!

 

スタンディングデスクを仕事用机に使用する

 

長時間座り姿勢でいることは、健康に多様な悪影響をもたらすことが科学的に確立されています。背中の痛みや全身に倦怠感をもたらす可能性があるのです。

 

そのため、特にワークライフバランスの保ちにくい在宅勤務をする際には、同じ姿勢を取りつづけないよう気をつける必要があります。間に合わせのホームオフィススタイルではなく、人間工学的に健全な、より特定の目的にかなう仕事用スペースが必要なのであれば、スタンディングデスクを手に入れることを検討してください。

 

座り姿勢と立ち姿勢を交互に切り替えたい場合は、調節可能なスタンディングデスクを購入することをお勧めします。FlexiSpotのWebサイト flexispot.com. を検索すれば、人間工学に基づいた様々な機器をご覧になれます。多様な選択肢の中からスタンディングデスクをお選びください。

 

サイトにはEsbenスタンディングデスクUD4という製品が掲載されています。これはあなたの仕事のやりがいを高めながら、身体的および精神的な疲労を軽減することもできる類まれな素晴らしい製品です。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。