子育てはためらうことなく助けを求めるべき

July 22, 2021

年齢に拘らず、要求を相手に伝えることは難しいことですが、生まれたばかりの赤ちゃんでは特に難しいことです。目に見えて解るものもあれば、心で感じられるものもあり、この困難な格闘の時期に自意識で支援を求めたくなるのは自然なことです。

 

私たちが助けを求めようとして、人々に強く要求しているように感じてしまうのは自然なことです。それでもなお、新生児を自分で世話しようとすれば、過度な負担と孤立感を感じてしまうことにもつながります。生まれてきた赤ちゃんの世話には莫大な量のエネルギーとガッツが必要です。それが今、あなたに備わっていなかったとしてもそれは全く問題ではありません。

 

あなたが望み、必要とするものを手に入れられるようにする現時点での本物のサポートを求める方法があり、またそれは実際に受けとることが出来ます。親戚、仲間、同僚、さらには配偶者の助けを借りるための最高のヒントを紹介しましょう。

 

遠慮せずに十分チェックする

 

一度に助けを求めるのは難しいことですが、二度目に何かを頼むことはもっと不安を感じてしまうかもしれません。だからあなたは、助けてくれると言った同僚が現れないときはいつでも、お願いすることをためらってしまうのかもしれません。しかしそれは間違いです。

 

特に子供が必要としていることを満足させようと人生を懸けて臨んだ後、あなたが望むことが無視された場合はイラつくでしょうが、あなたは支援を求めるに値する人です。それが何であれ、あなたの望みを満たす方法を探し続けてください。パートナーが応じない場合は、友達や親戚に相談してみてください。

 

他の人の立場になってあなた自身について考えてみてください。あなたが友人を助けられなかったのは、どうしてか知りたくなりませんか?

 

代理人として行動する人の選択

 

助けを求めようと連絡することをためらっている場合は、あなたに代わってリクエストできる人を選ぶことを検討してみてください。

 

私たちのお奨めは、あなたがプレッシャーを感じることがないように、あなたのために何かをしてくれる信頼の置ける親戚や友人を通じて頼んでみることです。私たちには常に、意見を述べようとする場合、躊躇せずに行う特定の緊密な関係を築いている人たちがいます。彼らをご活用ください!

 

手助けになるようないろいろなオンラインプラットフォームを試してみる

 

今日では、新しく親のになった人の責任について支援する多くのアプリやウェブサイトが利用出来ます。それらのうちのどれかが、赤ちゃんの要求をデジタル化出来るようにします。

 

すべきことの忘備録としてボードを活用すれば、赤ちゃんが生まれたばかりの両親には、要件をうまくこなす方法の一つとなるでしょう。協同作業はデジタル組織のツールとしては一般的なアプリですが、家事にも適用できない訳がありません。

 

あなたのスケジュールが慌ただしかったとしても、オンラインでコミュニケーションを取れば、配偶者と同じ立ち位置を維持するには最良の方法とも成り得ます。両者が解り合える方法でコミュニケーションが取れるかをご確認ください。

 

手軽に済ませる食事よりは、フードサービスを利用する

 

家族や友人へのディナーを用意するための素晴らしいウェブサイトもあります。驚くべきことに、そこでは単なるミートローフやオーブンを使用した鍋料理キャセロール以上のものを用意しています。

 

これらのテンプレートは、家事や育児など、愛する人へのさまざまなサービスを手配するために利用することが出来ます。直接表現するのが難しい場合などは、これを見せることでうまく伝えられるように利用することさえ可能です。食べられる物の範囲や好み、訪問者の滞在時間などの好みを説明し、チャットで伝えてください。

 

仲間内以外から助けを得る

 

親友に皿やボウルにこびりついた汚れをきれいに拭き取るように頼むのは辛いことですか? そうであれば無作為に助けを求めることが出来ます。少額の手数料を払いさえすれば、家事を手伝う以外は何もしたくない人のリストを検索できるアプリやウェブサイトもあります。もちろん、身元調査をする必要はあります。

 

手元資金で許される範囲で、その場やその種類の支援を依頼すれば、ストレス軽減の鍵になるかもしれません。

 

サポートシステムへの参加の検討

 

家族とのつながりが少ない人のために、友人や家族の輪を超えた個人間で問題について話し合う方が簡単かもしれません。ここでサポートグループの出番です。

 

赤ちゃんへの授乳から毛布でくるんであげるまで、新しく親になった人たちのためにあらゆる側面でサポートするグループもあります。あなたと同じ状況にいる人々とつるんでいれば常に安心感も得られます。しかし、サポートグループがあなたのためにどんな可能性をもたらしてくれるかについては、全く知らないでしょう。サポートグループに加わった新しいお母さんは、何人かの素晴らしい女性に出会いました。こうしたグループは、ほとんどの新しく親になったひとたちが子育てに関してのつながりを見つけられる場所となります。

 

ソーシャル・ネットワークサイトの活用

 

個人的な経験でもソーシャル・ネットワークサイトは必ずや見たことがあるでしょう。これらは負担にもなりますが、恩恵を授かることもあります。特に子供が生まれたあとでのサポートを体験すれば、正しくそう言えるでしょう。

 

また、新しく親になった他の人たちから支援してもらったり、夫婦の親やサポートネットワークと連携しながら対応する方法もあります。ママたちは、子供を真夜中に眠らせようとしている間に、どうにかやって行く方法を見つけようとサイトを閲覧し、他の若い親の多くからの有益なアドバイスを得られる場合すらあります。

 

家族や友人に助けを求めようとしたとき、心配ごとや想定される問題をソーシャルメディアで発信するのは賢明なやり方ではありません。むしろ、1人ずつ友達に連絡して訊ねることをお勧めします。この種のものをソーシャルメディアに載せると、信じられないほど情報が洩れてしまうと感じるようにもなります。また、見知らぬ人が問題に反応するような余計なストレスは必要ありません。

 

まとめてみると...

 

特に子育ての長い道のりに乗り出したばかりの若い親には、生まれたばかりの赤ちゃんには怖気づいてしまうことにもなりかねません。だからこそ、他の新しく親になった人たちや子育ての経験が豊富な人から、出来るだけ多くの助けを借りるべきでしょう。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。