2021年の教育におけるトレンド

August 23, 2021

生徒たちが数週間以内に学校へと戻るので、デジタル時代は情報を送信したり共有する手段としてのオンラインプラットフォームの急増と同じようにコロナウイルスの大流行の時がピークであるという2021年の教育のトレンドについての記事を偶然見つけました。

 

ヘルスプロトコルとして、私たちの多くはコロナウイルスの感染拡大を防ぐためにステイホームしていなければなりません。オンライントランザクションとしてオンライン販売、オンライン会議、ウェビナーなど人気があり、ホームスクーリングもオンラインで行われています。それでは特に教育の分野において時間を取って考えるべきかもしれない可能性のある他のトレンドについても見てみましょう。あなたの子どもの教育と将来に関して、いくつかのヒントやアイデアを得ることができるかもしれません。ご参考までに私が今回利用した情報ソースは以下です。https://www.teachthought.com/the-future-of-learning/most-popular-trends-in-education/.

 

グロースマインドセット: スコア10点

 

このトピックに関するリソースは以下であり、検索できます。

 

1. グロースマインドセットを身に付ける25の簡単な方法

 

2. 「わからない」、「できない」に代わる25の選択肢

 

メーカーラーニング:スコア9.7点

 

リソース:

 

1. 教え、学ぶための24のユニークなメーカー教育リソース

 

2.かっこいい!メーカーラーニングでパーソナライズするカードゲーム

 

ブルームのタキソノミー:スコア9.7点

 

「ブルームのタキソノミーとは教師が学習と評価の方法について話し合い、共有するための共通言語を提供するために開発されました。様々な認知レベルでの学習を評価するために一般的に使用されていますが、特定の学習結果はタキソノミーから導き出すことができます。」 (https://fctl.ucf.edu/teaching-resources/course-design/blooms-taxonomy/)

 

リソース:

1.デジタル学習のための126のブルームのタキソノミー動詞

 

2. 教師向けの14の素晴らしいブルームのタキソノミーポスター

 

デジタルシチズンシップ/リテラシー:スコア9.4点

 

リソース:

 

1.デジタルシチズンシップの定義

 

2.すべての授業でデジタルシチズンシップを教えるべき理由

 

パーソナライズラーニング:スコア9点

 

「パーソナライズドラーニングとはそれぞれの生徒の長所、ニーズ、スキル、興味に合わせて学習をカスタマイズすることを目的とした教育的アプローチです」(https://www.understood.org/articles/en/personalized-learning-what-you-need-to-know)。

 

リソース:

 

1. パーソナライズラーニングの初心者ガイド

 

2. パーソナライズラーニングの定義

 

プロジェクトベースラーニング:スコア8.8点

 

「これは生徒が実際の問題や課題を積極的に探求し、より深い知識を習得するダイナミックなアプローチです」

 

(https://www.edutopia.org/project-based-learning)

 

リソース:

 

1. すべてのプロジェクトベースラーニングで教師がすべき4つのこと

 

2. TeachThoughtのプロジェクトベースラーニングのリソース

 

ラーニングのためのチームビルディング:スコア8.6点

 

その表題が表しているように、チームメンバーや生徒間の新しいスキル、コミュニケーション、相互作用を発見して学ぶために全員が参加する共同作業です。

 

リソース:

 

1. 友達を作る:生徒のための10のチームビルディングゲーム

 

2. より多くのチームワーク、より少ないグループワーク:チームを構築する27の方法

 

ブレンドラーニング:スコア8.5点

 

「ブレンドラーニングという用語は一般的に生徒に教えるときにオンラインと対面の両方の学習を行う時に適用されています」(https://www.edglossary.org/blended-learning/)

 

リソース:

 

1. The Benefits of Blended Learning(ブレンドラーニングのメリット)

 

2. 10 Popular Blended Learning Resources Actually Use(実際に使用されている10の人気のあるブレンドラーニングリソース)

 

ジーニアスアワー:スコア8.2点

 

「ジーニアスアワーとは生徒が自分の興味、背景知識、学習への好奇心によって導かれる学習へのアプローチです」

 

(https://www.teachthought.com/learning/what-is-genius-hour/)

 

リソース:

 

1.教室でのジーニアスアワーの6つの原則

 

2.ジーニアスアワーのデザインサイク則)

 

ティーチングエンパシー:スコア8.0点

 

「(共感を教えるための)最も良い方法の1つは多くのクラスミーティングを開催することです」とテキサス州オースティンの幼稚園教諭であるエミリーミラーはこのように述べています。「あなたの理解を示すことによって、思っていることや感情について話し合い、それらのモデル(共感)を示します」

 

(https://www.gettingsmart.com/2018/11/four-strategies-for-introducing-empathy-in-the-classroom/)

 

リソース:

 

1. How to Teach Empathy(共感を教える方法)

 

2.The Difference Between Empathy and Sympathy(共感と同情の違い)

 

教育テクノロジーへの抵抗:スコア7.8点

 

リソース:

 

1.一部の教師が教育におけるテクノロジーに反対している理由

 

2. これが解決されるまで、教育テクノロジーに投資しないでください

 

ソーシャル/エモーショナルラーニング:スコア7.5点

 

「ソーシャルエモーショナルラーニング(SEL)とはすべての年齢の生徒が自分の感情をよりよく理解し、それらの感情を完全に感じ、他の人に共感を示すのに役立つ方法論です。これによって学習した行動は生徒が前向きで責任ある決定を下すのに役立ちます。目標を達成するためのフレームワークを作成し、他の人との前向きな関係を構築します」

 

(https://www.nu.edu/resources/social-emotional-learning-sel-why-it-matters-for-educators/)

 

リソース:

 

1. 感情が理解よりも重要である理由

 

2. ソーシャルエモーショナルラーニングのための25のリソース

 

従来の「学校」の代替案:スコア7.2点

 

リソース:教育を変えるための50のクレイジーなアイデア

 

ロボット工学/コーディング:スコア6.9点

 

リソース:

 

1. インフォグラフィック:ロボット工学とステムの未来

 

2. 授業でのコーディング:生徒がアプリやビデオゲームの開発に使用できる10個のツール

 

2021年の教育における前述のトレンドは教育システムに関連するデジタルテクノロジーのダイナミクスについてより多くのことを語っています。生徒はインターネットを介してデジタルテクノロジーを使用し、1001の方法で学ぶすべての機会を持っています。ご覧のとおり、それは学問について学ぶだけでなく、共感や同情などの感情についても学ぶことで、生徒をよりバランスの取れた人間にすることができます。生徒がそうする機会が与えられていたのであれば、学ぶために利用できるインフォメーションテクノロジー以上の価値があります。保護者は将来正しいキャリアパスを歩むために必要なスキルについて子どもたちにアドバイスできるようにするため、教育とインフォメーションテクノロジーの最新のトレンドに適応し、アップデートする必要があります。

 

学校の再開が思ったより早く実施されるので、FlexiSpotの素晴らしいデスクを1つ購入することを強くお勧めします。例えば、「高さ調節可能な人間工学に基づいたスタディデスク」は子どもや10代の若者にも最適です。

 

安全性と耐久性に基づいて設計されています。スタンダードの電動高さ調節可能なデスクフレームは手動のものと比較してよりスムーズで快適な移行を保証してくれます。さらに机の作業面は環境にやさしく、高品質のチップボードが使用されています。比類のない安定した構造によって、この素晴らしいデスクはお子様にとって最高の学習仲間になります。 

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。