仕事中にアクティブでいるために知っておくべき効果的な方法

May 11, 2021

座りがちな環境で働いている人々にとって、日々アクティブでいることは難しい場合があります。机の上に積み上げられた仕事に集中している時、ジョギングしたり、何か運動を行い心拍数を上げたりすることは優先度としては最後になってしまいます。

 

何百万人もの人々が机や会議用テーブルの周りに長時間座る必要のある仕事をしています。長い間座っていることは様々な健康上のリスクと関連していますが、在宅勤務時に机から身動きがとれない場合、どのようにして仕事を継続することができるのでしょうか?

 

デスクワークにおいて自身の体に何ができるのか、そしてそれが仕事のパフォーマンスに与える影響について一緒に話し、発見してみましょう。

 

家で仕事をする?それはまるで悲運の中で働くようなものです!

 

在宅勤務は間違いなく最もうらやましいと思えるオフィス環境です。これはあなたの人生により多くの柔軟性を与えてくれ、そして家族とより多くの時間を過ごすことができるようになります。また通勤を避けることもできます!しかし、家の外で働く場所がないことは私たちの幸福に害を及ぼす可能性があります。

 

アクティブでないことは在宅勤務の最も重大な欠点の1つです。仕事が忙しい時期、私たちの本能としては仕事が完了する前にできるだけ長く座っていようとします。それに気づく前には既に何時間も経過しており、椅子から何時間も離れていないことがあります。

 

座り過ぎていると、新陳代謝が妨げられ、血圧、血糖値、コレステロール値が上昇し、腰周りのぜい肉が増えます。しかしこれはほんの始まりにすぎません。背中や脊椎の筋肉、股関節屈筋、ハムストリングス筋、ふくらはぎの筋肉はすべて同じ位置に長時間座っていると影響を受ける可能性があります。

 

長時間座っていることが様々な健康問題に関連していることをご存知ですか?研究によれば、これらには肥満、心臓病、そして癌が含まれています。長時間座っていると、体の脂肪や糖分を分解する機能が弱くなります。これらは仕事中に運動をすることが有益である理由のほんの一部です。

 

変えるためにあなたができること

 

●仕事での疲労感、一日中机に座っていることによる痛みや不快感、長期的な影響をもたらす可能性のある姿勢の悪さを防ぐため、一日の運動量を増やしてください。

 

●階段を上り下りする(またはただ歩く)ため、1日を通して5分間の休憩を何度も取ってください。これはまた精神の再活性化にも役立ちます。

 

●日中にストレッチすることで職場での多くの怪我を防ぐことができます。これを行うことにより、痛みや不快感を軽減するため、自身の体の領域をターゲットにします。

 

●座りがちな生活を減らそうとするため、より動くということは簡単に思えるかもしれませんが、時間のかかるプロジェクトの仕事をしていると、全く動かずに何時間も過ぎてしまうことがよくあります。

 

●お茶を淹れることでも、階段を上下することでも、なんでも良いですが、少なくとも1時間に1回、1分程度机を離れると、次の集中のためのストレッチ、リラックス、リフレッシュとして役立ちます。

 

●アラームを設定して、動くための休憩を取ることをリマインドさせます。

 

●考えたことがないであろう定期的なルーチンがいくつかありますが、それらは追加の対策を講じることを妨げている可能性があります。数分でいいので、働いている日と朝起きて一日を始めるためのモチベーションについて考えてみてください。

 

●ワークスペースを整理しておくと、集中力の継続に役立ちます。スタンディングデスクのメリットは一部の研究者によって強調されています。最大限の快適さと効率を実現するため、机が人間工学的に設計されていることを確かめる必要があります。

 

●アクティブな状態を維持することは単に移動したり、運動ルーチンを行ったりすることではありません。全体的なライフスタイルを考えてみる必要があります。

 

●水をたくさん飲む必要があります。水分補給はほとんどすべての身体機能にとって不可欠です。水の消費量をトラッキングすることは難しいため、水分補給トラッカーを備えたウォーターボトルを机に置いておくことは視覚的にも継続するために良い方法と言えます。

 

●また家で過ごす時間を使って、健康的な食事を準備する必要があります。健康的な食べ物を購入することを忘れないでください。家での不健康な食事を避けることはスーパーマーケットでの買い物から始まることを知っておいてください。そもそも購入しないことを選択できるので、昼食やおやつをより詳細にコントロールできます。

 

仕事中にアクティブでいることが重要である理由

 

私たちは1日8〜10時間もパソコンを使って仕事をしており、中には最大19時間も使っている人もいます。それに加えて、私たちは家事も行っています。また、夕食を食べたり、家族の要望に応えたり、家の物を片付けたりする時間が必要です。時間が許せば、ソファでくつろぐこともします。

 

基本的には色々なことがあり、体のケアをしないと疲れ果ててしまいます。定期的な運動はあなたにとって有益なものです!結局のところ、あなたも人間なのです!

 

一方で、座りがちな生活を送ることはごく普通のことですが、健康と生産性に悪影響を及ぼしていることに注意してください。私たちの体は定期的に運動を行うことで、健康になるようになっています。座っていることが多すぎると健康上の問題が多発する可能性があるため、机の前にいても運動する時が来たのです。

 

では定期的に机の前でより多くの運動を始めるとどうなりますか?あなたの体が変わるだけでなく、あなたの物事に対する考え方や自身のエネルギーも変わります。労働者が運動を仕事に取り入れることができた場合、生産性が急上昇することが知られています。

 

職場での運動には多くの健康上のメリットがあるだけでなく、欠勤が減り、そして認識能力、気分、生産性が向上します。座りがちなことを避けるすべてのメリットを考えると、雇用主はより多くの運動を可能にするための労働環境に変えることでしょう。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。