在宅勤務中に引きこもりにならないための8つのヒント

October 01, 2021

従来の9時から17時までの働き方をしていた人が在宅勤務に移行する時、その多くがそれまでの勤務体制では得られなかった労働時間の多様性と自律性を期待しているものです。けれど彼らが在宅勤務という働き方に入り込むと、境界線の中にいることに慣れてしまい、意図的に外の人との接触を避けるようになることがあります。在宅勤務には自律性を得られる分、その背後には世捨て人や隠者のようになってしまう誘惑が潜んでいるのです。在宅勤務の中に浸り込んでしまうと、健康や社会生活に悪影響をおよぼす可能性があります。

 

それはどんなベテランの在宅勤務者にも起こりうることです。長期間に渡って自宅で仕事をしてきた人に起こりがちなのです。条件の良い在宅での仕事を手に入れて、自宅の仕事用スペースに専用の机を設置し、そしてそれに早く慣れようとします。けれどしばらくすると、それがとても快適に思えるようになるのです。あなたが最後に家の外に出てから5日経過しました。そして冷凍庫の中は空になってしまったことに気づきます。おいしいランチを食べることなどしなくなったので気づいていなかったのです。最後にスウェットパンツ以外の服を着たのはいつのことですか?

 

ある報告書によると、アメリカの在宅勤務者は一般的な週40時間の労働時間よりも43%多く働いているといいます。在宅勤務は生産性を向上させる一方で、孤独感やインポスター・シンドローム(達成した成功が自分の実力によるものではないと考えること)を抱えるリスクを高め、結果的にうつ病や燃え尽き症候群を引き起こす可能性があります。このような危険な状態は、たとえば電気を消して回るビルの管理人のような、身体を動かして行う仕事をしていないというだけで、悪化してしまうのです。調査によると、社会的なつながりが欠如することでうつ病を発症する可能性があるといいます。そのような状態では生産性を維持することがほとんど不可能になってしまいます。

 

うつ病にまではならなくとも、1人きりでいる時間が長いとつらくなるものです。私は、自分が好きな場所で仕事ができるという柔軟性と友人や家族とのつながりを大切にしたかったので在宅勤務を選びました。ここからは、在宅勤務で引きこもりにならないための方法についてご紹介していきます。

 

仲間と一緒に働く

 

在宅勤務をしている友人や同僚がいるのなら、チームを組んで共同作業をしましょう。この場合、同僚も在宅勤務者である必要はありません。通常の勤務時間である9時から17時までオフィスで働いている友人であっても、毎週そうした誰かしらと一緒に働くことをお勧めします。仕事時間の後にカフェなどで会って一緒に仕事をしても良いですね。お互いがまったく異なる業種であっても構いません。大切なのは、家の外に出て誰かと関わりを持つことです。

 

エクササイズをする時間を確保する

 

ひとりで在宅勤務をする場合、自宅が快適すぎることで健康が損なわれる可能性があります。そのため、より健康的なライフスタイルを確立することが重要です。専門家によると、座りっぱなしの状態は新たな喫煙と同じようなものであり、腰痛の原因になったり、喫煙から受けるような悪影響が起きたりするといいます。その対策法として最も簡単なものは、毎日エクササイズをする時間を確保することです。30分程度の散歩をする、またはジムに通うことをお勧めします。また、自宅での仕事中でもアクティブに過ごしたいという人は、シットスタンドデスクや調節可能なデスクライザー、または、アンダーデスクバイクなど、人間工学に基づいた機器を使ってみるのはいかがでしょうか。こうした機器はオフィスや家庭で使うのに最適で、1日の大半を机に向かって過ごしている場合でも身体を動かせるようにうながしてくれます。持ち運び可能で、あなたの家のある部屋から他の場所へと簡単に移動することができます。

 

メッセージを送るのではなく電話をする

 

メール、SMS、Slackや、ソーシャルネットワークは、在宅勤務をしている時に、同僚や顧客に連絡する際の最も一般的な連絡方法です。こうしたコミュニケーション手段では人との接触が減ってしまいます。そうした文字だけの連絡手段に頼らず、音声やビデオでの会話をすることをお勧めします。1日の仕事の始まりに、チームメンバーや顧客と仕事についての連絡を取ると、外の世界とのつながりを保つことができる上、その日の目標を整理できるかも知れません。

 

前日の夜に翌朝着る仕事着を決める

 

自宅で着るための洋服を選ぶというのはばかげているように感じるかも知れませんね。けれど、そうすることで、いつも同じような単調なセーターやストレッチパンツを何度も着るということを避けられます。きちんとした服を着れば、オフィスに出勤する時のような気持ちで仕事に向かうことができます。何が起きても大丈夫なように備えておきましょう。何をもって「準備できた」とするかは人それぞれですが、いつもベッドは整えておきたいものです。それはまた、あなたの朝の日課を他の目的に使えるということでもあります。

 

日課を作る

 

毎日同じ時間に起床する、ベッドで仕事をしない、きちんと食事を取る、運動をするなどの習慣をつけましょう。数回の休憩の時間を定め、ランチは正午に取るなど決めてそれを守ってください。また、終業時間を設定して、仕事が終わったら好きなミニドラマを観たり機会があれば友だちと出かけたりするのも良いですね。

 

朝に脳を動かし始めれば、正しい方向に向かっていくことができます。どのようなアクティビティをするにしても、毎朝行うモチベーションを維持するためには、新しい知識を得てあなたの創造力を応用できるような楽しくて興味深いものを選ぶことが大切です。課外活動としてのライティングや読書、朝に行う短い瞑想、犬の散歩や猫と遊ぶこと、またはオーバーナイトオートミールの新しいレシピを試してみるなど、どんなことでも構いません。

 

自宅以外の場所で仕事をする

 

あなたはリモートワークをしているので、サンドイッチショップやコワーキングスペース、または外国など、自宅だけでなくどこで仕事をしても良いのです。新しい仕事用スペースでは今までやったことのない試みにチャレンジできて、創造性が高まります。また、どこででも仕事ができるということは、航空券や宿泊費が安くなるオフシーズンに旅行することもできます。

 

ランチに出かける

 

誰かと会う予定がなくても、ランチを取りに外に出かけることも良いのではないでしょうか。ランチタイムは家から出て他の人たちと関りを持ち、自分の考えをリフレッシュするための素晴らしいチャンスです。

 

コネクションとネットワーク

 

内向的な人や引っ込み思案の人にとって、人脈作りは気後れすることかも知れません。あなたの仕事の中で一番やりたくないことで、たくさんの知らない人たちとあいさつすることだけでも緊張してしまうかも知れませんね。

 

けれど、視点を変えて見れば、喜びを感じられるかも知れません。自分と好みを同じにする人たちとの交流だと考えたり、自分に可能な限り誰かをサポートすることだと見なしたりすれば、それほど悪いことではありません。そもそも人脈づくりは、人づき合いに気後れする人にとってはより良い方法なのです。自分のアイデアを伝えるためのプラットフォーム、または他の人を支援するための方法だと捉えてみてください。人助けをすればするほど、実際に口に出して求めなくても、あなたは何かを得ることができるのです。

 

在宅勤務には多くの利点があります。自分のペースで、自分の好きな場所で自由に仕事ができます。けれどその一方で、孤立感や隔離された思いを感じ、社会との関りが持てなくなる可能性があるなどの欠点もあります。そのため、家から少し離れる時間を持つことが大切です。そうすることで、生産性を高め、メンタルヘルスを維持することができるのです。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。