https://flexispot.jp/media/magefan_blog/underdeskdrawerblack.jpg

引き出し付のスタンディングデスクが見つからない理由

デスクを新調することに決め、スタンディングデスクの検索を開始したことだろう。座りっぱなしの姿勢が良くないことや、高さが調節できるデスクのガイドを読み、購入の意思を固めたと思うが、オンライン販売されているスタンディングデスクには引き出しがない。引き出し付の古いデスクを、本当にとりかえても良いのだろうか、と迷っていないだろうか。この記事では、なぜスタンディングデスクには引き出しがないのか、その理由を説明しよう。

耐荷重量

ほとんどの電動スタンディングデスクは、硬い木の板で作られた天板を支えている。またこれらのデスクを製造する際、デスク上にモニターや、モニターアーム、その他ユーザーによっては3,4台ものモニターなどを使用することを想定し、耐荷重量が設定されているのだ。

脚を持ち上げる際の負荷

重さが追加されると、高さが調整可能なスタンディングデスクの機能に影響を及ぼす。なぜならば、このタイプのデスクには、脚を持ち上げる仕様があり、スムーズに動くための耐荷

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/totalsolution.png

リモートワークの必需品 高さの調節が可能なデスク・デスクバイク

ふわふわなベッドやソファで仕事をして、ストレッチのために立ち上がることもなく業務終了。こんなことをしてないだろうか?皆、やってるはずだ。実際、イギリスの調査によると、リモートワークをしている会社員の19パーセントはソファ、11パーセントがベッドで仕事をしている。一見、害はなさそうで、ラクそうにも思える。しかし、背中や首に痛みが生じるだろう。人間工学が考慮されていない家具に座りっぱなしの状態でいると、体に影響が出てくるのだ。さらに、

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/burnout.jpg

リモートワークで燃え尽き症候群を防ぐための3つのアドバイス

2020年は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のパンデミックの影響で、多くの人々がオフィスワークからリモートワークへ移行している。しかし在宅勤務は仕事とプライベートの区別が曖昧になりやすく、苦心している人も多い。オフィス疲れは、実際の職場でも良く見られる症状で、世界保健機関によって職業現象として認められているほどである。

バーンアウト(燃え尽き症候群)の症状としては、生産性やエネルギー、モチベーションの低下、疲労感、ミスの増加、いらつき、片頭痛、フラストレーションがある。リモートワークでは、初期症状に対応できる専門家がいないため、このような不安定な時期には、ほとんどの人がバーンアウトに陥るリスクが高い。

リモートワークで燃え尽き症候群を防ぐためのアドバイス

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/activesitting.jpg

アクティブシーティングのメリットは何でしょうか?

Healthlineによれば、多くのアメリカ人は1日の大半の時間をデスクに座って過ごしています。それは深刻な健康問題になりつつあり、例えば脊椎の変形、圧迫神経、姿勢筋低下などにつながります。

この問題に対応するには全員が1日のうち少なくとも30分の運動を行うか、医師が「アクティブシーティング」と呼んでいるものを行うことです。

アクティブシーティングとは何でしょうか?

エクササイズサイエンスの国際的な雑誌(International Journal of Exercise Science)によれば、アクティブシーティングは座った状態でも体がアクティブになることと定義しており、特殊な椅子またはスタビリティボールを使用することによって行われます。目標としては椅子に座りながらも背中、腹部、脚などの筋肉の一部を刺激することです。

そのため、仕事のために1日中動かずに座っているのではなく、アクティブシーティングは筋肉をアクティブに保つため、あなたに小さな動きをさせることです。

アクティブシーティングのメリットは何でしょうか?

座りがちな生活による健康上の不安のため、アクティブなワークステーションを促進するために作られたさまざまな製品があります。これらのツールは体の筋肉を刺激し、人々がより健康的な仕事生活を送ることを手助けするメリットを謳っています。

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/footpain.jpg

足の痛みは腰痛とどのように関係しているのでしょうか?

耐え難い痛みのために働けなくなったことがありますか?背中の痛みを和らげる睡眠姿勢を見つけるために、寝返りし続けたことはありますか?もしくは朝起きて、歩いた時、足の痛みを感じたことはありますか?

このような場面を経験している場合、今の足の痛みが腰痛に関連している可能性があります。これら2つがどのように関係しているかを知るために、原因と痛みを和らげる方法に関する興味深い事実をいくつかまとめてみました。

足の痛みと腰痛の関係

驚くかもしれませんが、怪我をしていない限り、足で感じるほとんどの痛みは足自体には何の原因もないのです。足の痛みは腰にある神経根の炎症または圧迫によって引き起こされています。この痛みは坐骨神経(体内で最も長い神経です)に沿って広がり、足にまで達することがあります。

本記事で述べたように、腰痛の影響を受けるのは足だけではありません。放置しておくと膝、腰、肩、脊椎の関節にも影響を与える可能性があります。

以下は足の痛みにおける症状の一部です。

•足を上に持ち上げることができないことがあり、そして下腿の真ん中部分と足にしびれを伴うことがある。この痛みは坐骨神経を刺激する腰の脊髄神経根の1

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/Standing.jpg

スタンディングデスク・スタートガイド

自宅オフィスで背中の痛みを感じたら、人間工学に基づいた家具を購入するタイミングです。一度気づいてしまったら、無視してはいけません。体に支障が出始めているのです。

しかしながら、自分にとってはどのような人間工学に基づいた家具が合うのだろう、と思いませんか?それはニーズによります。使いたいデスクがある場合、デスクライザーと呼ばれるデスクを高くできるものはいかがでしょうか。もし書斎を大改造するなら、デスクの高さを調節できる電動のスタンディングデスク

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/wardrobe.jpg
https://flexispot.jp/media/magefan_blog/shoulderpain.jpg

肩の圧迫神経痛について知っておくべきこと

医療情報サイトのHealth Lineによれば、成人10万人のうち85人がの圧迫神経痛に悩んでいます。

 

圧迫神経痛がどういったものかわからない場合は、首から肘、指先まで広がるチクチクする感覚や痛みです。首を動かすと、肩の鈍痛、しびれ、その他何かしらの痛みが生じます。

圧迫神経通をさらに理解するために、いくつかの症状、原因、および緩和を書き留めました。では、ご覧ください。

 

自己診断の方法

 

•首圧縮テスト

頭を痛みが無い方に傾けたあと、痛みのある方へと傾けます。頭を一度ゆっくりと回したあと、回し終わったところで3060秒間します。痛みがある方でももう一度同じ手順

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/remotework.jpg

家事と在宅勤務のバランスを取る方法

在宅勤務をしている時、仕事だけに集中できない可能性があります。このDaily Mirrorの記事にあるように、あなたは2倍の時間働いています。保育園がまだ閉まっているので、休憩時間には料理をしたり、皿を洗ったり、自宅で子どもに教えたりと色々と考えていることでしょう。すべてが完了してやっとスイッチを切ることができます。

あなたは多くのことに注意を向けているでしょう。たぶんあなたは一度にたくさんのことを抱え、いら立っているでしょう。心配しないでください。ここではストレスを管理し、家庭と仕事の2つの重なり合う領域のバランスをとる方法についてのヒントを示します。

バランスをとるためのヒント

  1. スケジュールを計画する – そのままにしておけば、すべてがうまくいくというのは希望的観測です。しかし家族の時間と
https://flexispot.jp/media/magefan_blog/flexispotmonitorarm.jpg

VESA規格とは?

液晶テレビまたはPC用ディスプレイのモニターマウント(モニターの取り付け具)を購入していますか?VESA規格については知っておくべきでしょう。VESA300社を超える企業から構成され、映像周辺機器に関しての業界規格を決めている団体であり、Video Electronics Standards Associationの略です。主要企業は取り付けの利便性向上のため、モニターおよびテレビ