運動不足を解消するための「エアロバイク」と健康を害する「座りっぱなし」を予防する「スタンディングデスク」を合体させた、働きながらのエクササイズを可能にする、ありそうでなかったマシン「Flexispot Deskcise Pro」が、アメリカ・ラスベガスで開催中の国際見本市CES 2018で注目を集めています。

FlexispotデスクバイクV9がどんなマシンなのかは、以下のムービーを見れば一発でわかります。

テレビを見ながらエアロバイクに見える「FlexispotデスクバイクV9」のペダルを漕ぐ女性。

女性は目の前のテーブルを手元に引き寄せると……

スタンディングスタイルに変更。FlexispotデスクバイクV9は、スタンディングデスクにもなるエアロバイクで、「ワークしながらエクササイズ」を実現します。

360度回転する4つのキャスターホイール付きで、移動も楽々。

「ちょっとメールのチェックでも……」という男性は……

イス下のボタンを押して、座面の高さを調整。高さは75~95センチメートルの範囲で変更できます。

テーブルもガス圧式で高さ調整が可能。イス・デスクが調整可能なので、身長150~190センチメートルの人が利用できるとのこと。

さらに、エアロバイクの負荷を8段階で調整可能。仕事しながらの軽い運動から、激しいサイクリングモードまでスタイルは自由に変えられます。

設置もテーブルを取り付けるだけと簡単。

「健康維持、メタボ解消の最高の選択」

 

エアロバイクとスタンディングデスクを合体させるというありそうでなかったマシン「Flexispot Deskcise Pro デスクバイクV9」は、クラウドファインディングサイトMakuakeで目標金額100万円に対して約2倍の205万円の資金を集めることに成功した製品。

製造元のLoctekはCES2018にFlexispot Deskcise Pro デスクバイクV9を出展し、見事に「Computer Accessories」部門でCES Innovation Awards 2018を受賞しています。

Flexispot Deskcise Pro デスクバイクV9は、記事作成時点でAmazon.co.jpで税込5万6800円(送料無料)で販売中です。

元サイト:Gigazine

コメントを残す