脊椎動物である人間の体の中心であり、頭、胸、腰を支えるまさに支柱的存在が脊柱です。ここが悪くなると背中の傷みや腰痛が発症する原因となります。しかし逆にここをしっかりとケアすることで健康を維持できるのです。

ここではそんな脊柱の仕組みとケアの仕方を紹介していきます。

脊椎は7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎、1個の仙椎を椎間板、椎間関節、靭帯がつなぐ形で存在しています。体をバランスよく支えるためにS字型に湾曲していて、このしなりによって体幹を維持し、可動域を広げています。

椎骨と椎骨の間にあるのが椎間板です。この中心はゼリーのような髄核でできていて、髄核の周囲には線維が何重にも覆っています。

この椎間板が脊椎にかかる衝撃を和らげてくれると同時に脊椎が可動することを可能としているのです。

椎間関節は骨と骨をつなげ、バラバラになるのを防ぐと同時に動く向きを決定していきます。この働きによって首や体の可動する方向が決定していきます。

靭帯は椎骨と椎骨をつなぐ紐のようなものです。これが一つ一つ小さい骨をつなぎとめているのです。そしてその骨には椎孔という穴が開いています。

椎孔が重なってできた管を脊柱管といいます。

脊柱管の中には脊髄や神経が通っています。


(『標準整形外科学 第9版』医学書院 より)

脊柱は一般的には背骨とも言われますが、背骨はどういった働きをしているのでしょうか?

これは大きく分けると3つの働きになります。「体を支える(体幹の支持)」「体を動かす(運動)」「神経の保護」です。

そんな脊柱は過度な仕事や加齢によって脊柱管狭窄症を引き起こしやすくなります。これは体をまっすぐにすると痛みがあったり、体にしびれを感じたりするもので特に高齢者に多い病気です。

しかし、脊柱管狭窄症もしっかりとケアすることで発生の防止、症状の緩和が可能です。

まず、無理な姿勢、痛みを感じる姿勢は避けることです。特に腰をそらせるような姿勢は神経が圧迫されます。杖や手押し車を使って楽な姿勢をとるようにしましょう。重い荷物を勢いをつけて持ったりしてはいけません。これは脊柱に急激に負担がかかることになり、若い人が脊柱を傷めるもっとも多い原因となっています。できる限り重い荷物は持たないようにし、持つ際は体の中心に近い位置でゆっくりと持つようにしましょう。これだけでもかなり脊柱にかかる負担は減らすことができます。

また、ストレッチや適度な運動は脊柱の周りの筋肉の維持と柔軟性をつけるのに有効です。やりすぎにならない程度にしておきましょう。

そして、体重の増加は脊柱にかかる負担も増加させることになります。太り過ぎには注意が必要です。

その他、喫煙も血液の循環を悪くするのでできるなら避けた方が良いでしょう。

脊柱は名実ともに体を支える中心です。ここをケアしていくことが体全体の健康を支えていくといっても過言ではありません。負担にならないように少しずつケアしていくことを心掛けましょう。

コメントを残す