スタンディングデスク vs. シッティングデスク 健康に良いのは?

June 22, 2021

最近では座る行為が心臓病やガンのリスクを高めると非難されているため、オフィスの雰囲気が劇的に変化しています。


柔軟な作業習慣は,労働者が日中に動き回ることを可能にしているため、結果として職場での立った状態の作業スペースの数が増えています。座っている時間を減らして健康を最適化することが全体的な目標としています。


ビジネスや自宅用に新しいオフィスデスクを購入することを検討していて、スタンディングデスクとシッティングデスクのどちらがベストなのかわからない場合に、当社ではどのデスクが適しているかを選択するための包括的なガイドをご用意しています。


健康を害さずに仕事の経験を最大限に活用するには、人間工学に基づいたオフィス機器を調べる方がよいでしょう。本記事では、スタンディングデスクとシッティングデスクのどちらがオフィス用のデスクとして適切か両者を比較していきます。
研究によって発見したこと


European Journal of Preventive Cardiology に最近発表された研究によると、1日6時間立っているほうが体重が減少する可能性があるようです。研究では、立っているか座っているかで、どちらがより多くのカロリーを消費するかどうかを調べました。


研究者らは46件以上の研究を調査し、合計1,184人が参加しました。回答者の平均年齢は33歳でした。


さらに参加者の60%は男性で、平均体重は143ポンド(約64kg)でした。


座っているときに比べて、立っているときの燃焼カロリーは毎分0.15カロリー高かったようです。体重が143ポンドの人は、1日6時間立っていると、1日に54カロリー消費したようです。


さらに研究者たちは、立っていると筋肉の活動が増加し、脳卒中や心臓発作のリスクが低下することを発見しました。


研究者によると、立っていると動きやすくなるため、さらに多くのカロリーが消費される可能性があるようです。しかし、長時間立っていることの健康への影響に関する新たな研究では、異なる結果が出ていました。


『American Journal of Epidemiology』 誌に2017年に発表された研究によると、日中に長時間立っている人は、心臓病にかかる可能性が2倍になるそうです。


一方、長時間の座りっぱなしが死亡率の増加と関連しているようですが、他の研究では実質的な相関は認められていません。


結局のところ、立っている状態と移動している状態を切り替えることで身体とライフスタイルが劇的に改善されます。


圧倒的なのはどっち?スタンディングデスク or シッティングデスク


新しいオフィスデスクを購入するときは、スタンディングデスクとシッティングデスクで、どちらがいいかを考えます。オフィス用のスタンディングデスクを購入することを検討しているのであれば、まず両者をよく理解する必要があります。この記事はどちらを購入するかを決めるのに役立つので、気にしないでください。


スタンディングデスク
高さを調整できる机と、電動で高さを調整できる机の2つが、一日中の動きを良くできる選択肢です。
高さが調整可能な机は、活動的になり、効率を高めるため、体調を維持し、体の痛みの箇所を減らすことができます。建築家やデザイナーであれば、スタンディングデスクは理想的な選択肢かもしれません。
高さをすばやく調整できる電動式のデスクをお求めの場合は特に、これらのデスクは少し高価なので、自分が支払う金額でデスクに付属している機能を検討することが大切です。
電動昇降スタンディングデスク E7 Proがお求めになっていたデスクかもしれません。傷や汚れに強い粉体塗装のスチールチューブを使用した上質なスタンディングデスクです。最高レベルでも、デュアルモータ昇降機構と強化構造により最適な安定性が保証されています。


シッティングデスク
あるいは、クラシックなデスクがスタイルにあっているのであれば、市場にはサイズ、デザイン、色からオフィスデスクは数百種類あり、ニーズを満たすものを見つけることができます。
しかし、高さを調整できるスタンディングデスクのように、必要な柔軟性や多様性を提供するものではありません。こだわりがあれば、仕事中でも快適さとサポートを与えてくれる最高品質のオフィスチェアが必要です。

立った状態の作業スペースのほうが座る状態よりも有利なのは本当?
最も一般的なオフィスでのソリューションは、サポートチェア付きの一般的なオフィスデスクですが、背中が痛くなると快適さが失われるため、1日中頻繁に移動することをお勧めします。
結局のところ、長時間の座りっぱなしは、心臓病やガンなどのさまざまな病気に関係しているので、多くの人が職場でスタンディングデスクを選んでいることは当然のことです。
高さを調整できるデスクは、快適な作業環境を作り出すことで、座っている時間を短縮することを目的としています。1日中座ったり立ったりできるようにすることで、より積極的に仕事に取り組めるようになります。


スタンディングデスクとシッティングデスクの良い点・悪い点


●オフィス用スタンディングデスク

良い点

このタイプの机は立っているのと座っているのとを楽に切り替えることができます。立つことで、腰痛や前かがみの状態になる回数を減らすことができます。また、少しでもカロリーを消費できるような動作が可能です。動きやすくなるので、体重が増えるリスクが低くなります。
悪い点

スタンディングデスクは常に投機的なものです。そんなに安くありません。また、製品に慣れるために時間と労力をかける人にとって、この製品は少し難しく技術的なものであると感じるかもしれません。スタンディングデスクは立っている時間が長くなり、全身に痛みや痛みが生じることがあります。


●オフィス用シッティングデスク
 
良い点

膝が悪く関節が炎症を起こしている人にとって、シッティングデスクの方が役に立ちます。また、人間工学に基づいたチェアもあります。スタンディングデスクよりも安価で人気があることでも知られています。
悪い点

休憩なしで長時間座っていると、健康に悪影響を及ぼすことが一般的に知られています。十分に支えられていないと、前かがみになって肩や首、背中に負担がかかります。また、オフィス用の机に座っていると、体が動かないために病気になるリスクが高くなります。