自作のスタンディングデスクに対して考慮すべきこととその狙い

June 18, 2021

スタンディングデスクを使用すると、作業中でも立つ高さまでコンピュータを上げることができます。これによって、背中と首の痛みを和らげ、生産性を向上させます。いくつかの研究では、カロリー燃焼の増加に結び付くと発表されています。スタンディングデスクはかなり高価で、一流の調整可能なモデルでは最大6,000ドル(約60万円)の費用がかかります。通常の作業スペースに変化を加えようと考えようとしても、一日中立ってみて、それを楽しめるとは限りません。


すべてのスタンディングデスクが同じ基本的なコンセプト (立ちながら働くことを可能にすること)を求めていても、自分で1台を購入する際に考慮すべき3つの異なるバージョンがあります。


●固定式で高さを調整できないスタンディングデスク
●調節可能なシッティングデスクは座位から立位に設定する可能
●スタンディングデスクコンバータ:普段使用しているデスクやその上に置いてスタンディングデスクに変換できる調整可能なデスクユニット


自分で計画に取り組む理由は無数にありますが、ほとんどのDIY経験者は、お金の節約のため、自分たちでスタンディングデスクのソリューションを構築します。ただし、購入できるオプションよりも大幅にコストがかかる場合もあります。たとえば、スタンディングデスクや高さ調整が可能なデスクを作成する場合は、カスタムカラーや素材を使って、デスクの表面の高さを特定の高さに設定したり、自分らしく仕上げることもできます。また、オフィスや家の広さが特定のサイズの製品に対応できない場合にも、優位に立つことができます。


考慮すべき項目


スタンディングデスクを自作する計画に入る前に、いくつかの主な要因を考慮する必要があります。これらによって、自作デスクの品質はさらに向上するので、計画を開始する前に少し時間をとりましょう。


コスト


自作するスタンディングデスクで覚えておくべきことは、予算が厳しい人々のために意図されたものあるということです。卓上スタンディングデスクの購入は、自作のスタンディングデスクを手に入れる簡単な方法です。


自作のスタンディングデスクを構築したい場合は、基本的なスタンディングデスクコンバータを購入するよりも多くの費用がかかります。主な要因は、スタンディングデスクを自作するうえで多くの物資を購入する必要があるためです。なので、お金を節約したい場合は、スタンディングデスクの別のオプションとして、卓上スタンディングデスクを使用することです。


高さ調整の度合い


自作のスタンディングデスク作成計画を考慮する際は座位から立位、もとの高さに戻すことに切り替えられることが重要です。立っている作業領域を作ることが主な目的ですが、ほとんどの人は長時間立ちっぱなしにはなりません。このカテゴリーに分類する場合は、状態を切り替えられるテーブルを作成する必要があります。座位から立位に移行すると、立つために不可欠な余分な動きの変動も生み出します。


人間工学


専門のスタンディングデスクメーカーは、人間工学に基づいたスタンディングデスクの開発に多くの時間とリソースを費やしています。彼らは、スタンディングデスクユーザーのエクスペリエンスを向上させる方法を理解しています。スタンディングデスクによって有機的になり、さらなる快適性および人間工学を提供し、理想的な姿勢を得ることができます。これこそが自作のスタンディングデスクの作成に関連するさまざまな人間工学的要因を理解する必要がある理由です。人間工学に基づいたスタンドやシッティングデスクなしで生活できると考える場合は、このコンポーネントを無視して次に進んでください。持っている自作のデスクの種類によっては、コンピュータ上で仕事やゲームをしながら、適切な姿勢を維持することができます。適切に使用すれば、スタンディングデスクは、一般的に、全体的な姿勢を改善してくれます。


デスクの高さ


スタンディングデスクの作成に理想的なデスクの高さに気を付けることで、多くのアイデアを生み出しやすくなります。個人的な好みや仕事の環境で高さを決定します。職場の人間工学に関する最新情報を確認してください。


DIYの狙い


スタンディングデスクは、健康を維持しながら仕事を終わらせる優れた方法です。デザインについては、午後に自作のスタンディングデスクを作る方法で紹介します。既存の家具を全く新しいものに変革させるなど、数多くのデザインがあります。DIYに挑戦する意気込みがある場合は、予算に応じてスタンディングデスクと卓上スタンディングデスクの両方と他の人間工学に基づいた製品を確認してください。


段ボール箱


DIYのスキルレベルに関係なく、誰もがそれを使用できるほど簡単であることがコンセプトです。
この座り止めコンバータは、段ボール箱を何箱か使用することで座った状態での作業スペースを立っている高さに上げることができます。単にあなたが快適に働くために十分な大きさと背の高い箱を見つけるだけで構いません。ですが、ご存じのように段ボールは長期的な材料ではないため、この自作のスタンディングデスクの安定性に疑問が生じます。しかし、改善方法の1つとして、箱の中にものを入れて重くして安定させることができます。また、魅力的なデザインからシットスタンドコンバーターやスタンディングデスクを購入することもあります。創造的な仕上げをしない限り、段ボール箱は目障りになるでしょう。


ドレッサー


ドレッサーは、スタンディングデスクとして適切とは見えないかもしれませんが、身長とドレッサーの高さに応じて、非常にうまく動作させることができます。人間工学的に基づいたタイピングの高さと設置されたボードを検討してからデスクを高くしてください。身長が低く背の高いドレッサーを所持している場合や、身長が高く背が短いドレッサーを所持している場合は、この解決策が成り立たない場合があります。ドレッサーを持っている場合は、予算が限られているのか、仕事中に立ちたいかどうかを考える価値があります。


スタンディングデスクフレームを購入する


スタンディングデスクフレームを購入し、デスクを組み立てることは許容できる妥協点です。電動式の調整や、メモリ設定、安定性のメリットだけでなく、卓上を構築したり、調達するときにお金を節約できる可能性があります。この方法では、スペースに合わせて卓上のサイズを変更することもできます。自分で卓上を作ることは、松のような安い木材を使用している場合でも、節約しているコストのほとんどを消費します。すでにデスクトップの表面を持っているか、安価な方法を見つけることができる場合は、これは私たちが見てきた最も安価なスタンディングデスクの救済策の1つです。


ドラフティングチェアやスツールなどの高さ調整が可能な椅子付の背の高いデスク


ドラフティングチェアと背の高い固定式のデスクを組み合わせると、座ったり立ったりする必要があるときはいつでも、椅子に座ったり、椅子から立ち上がることができます。これは、 特にアイランドキッチンやドレッサーなどのデスクの表面が高い人向けに利用可能な最高のDIYソリューションの1つです。このソリューションは、高さ調整が可能なスタンディングデスクやスタンディングデスクコンバータよりもデメリットが少ないです。