優れたスタンディングデスクコンバーター

June 29, 2021


従業員ができるだけ早く出勤するよう求められていることからも、労働状況は急速に正常な状態に戻りつつあることが分かります。これは経済が回復していることを示す良い兆候で、従業員たちは定期的にオフィスで仕事ができるようになるだろうことを喜んでいます。


けれど、今でも出勤することをためらっている人たちも存在します。


自宅にこもり、隔離され、動きを制限される自宅の四方の壁の中で仕事をした1年間の後に、オフィス勤務に戻るということは、新しい環境へ適合しなければならないということを意味します。自宅とオフィスとでは雰囲気がまったく違うものなのです。


自宅では、必要なものすべてがおよそ手の届く範囲内にあって快適に働くことができます。食事の時間も自由で、自分のペースで仕事ができて、さらに自宅にいる時に楽しむアクティビティも一緒にできます。その上、ほとんどの時間家族が一緒にいるわけですから、一日の仕事が終わった後は、家族の絆を強くする素晴らしい時間を過ごせるのです。


経済的な側面での何らかの調整がなされるべきだと感じている労働者もいます。在宅勤務をするということは、外食のための費用も、ガソリン代も、オフィス勤務していた時にかかっていた小さな支出もしないわけですから、より経済的だと言えるわけです。


環境もオフィスビルとは大きく違っています。


在宅勤務は、家族がそばにいるためより快適で居心地が良いものです。大きな窓を開ければ新鮮な空気を入れることができます。その一方で、オフィス勤務の際にはオフィスビルの換気をするエアコンから人工的な空気が入ってきます。この空気が従業員の健康に害をおよぼすこともあるのです。


エアコンは、特に長期間掃除しないで使っていると、様々な病気の原因になるウィルスや微生物を発生させるという研究結果もあります。オフィスで病気になる従業員もおり、企業と従業員双方にとっての負担となることもあるのです。


こうした様々な理由により、在宅勤務を好む従業員もいるのです。


フリーランスでできる業務があるとすれば、オフィス勤務のために様々な調整をするよりも従業員にとってはより利点があるでしょう。在宅勤務は今の時代のブームであり、従業員に在宅勤務を許可している企業もあります。


私は、在宅勤務はほとんどの従業員にとってより良い選択肢だと思います。もし私が選ぶ機会を与えられたのなら、私はおそらく在宅勤務を選択することでしょう。けれど、私は以前勤めていた企業を昨年辞めてしまいました。新型コロナウィルスの感染が拡大し、ちょうど昨年ピークに達していたからです。実際のところ、私たちのオフィスがあったビルの中で感染するケースが何件か発生していたのです。


そのため、この企業は状況に対処するための新しい方策を考えました。役員たちがまず行ったのは、退職を希望する従業員にインセンティブを支払うことでした。もうひとつの対策は、在宅勤務を希望する従業員にはそれを許可するということでした。この社内連絡は突然送られてきたため、驚いた従業員の間で少しの混乱がありました。いずれにせよ私が仕事を辞めることを選んだのは、基本的に感染することが怖かったからです。


他のフリーランスの仕事を得るために退職を選び、それは成功しました。本当にありがたいことでした。


その一方で、オフィス勤務にも利点があります。


オフィス勤務はフリーランスの仕事と比べて、より多くの企業給付を得ることができます。また企業に勤める場合、こうした企業はフリーランスの仕事を提供する小さな会社より安定しているため、より安全でいられます。


また、企業は多くのトレーニングや福利厚生、より高額の給与を提供しており、あなたは自分の給与を日常の必需品やその他の生活に必要なものにどう使うのか予算を立てることができます。在宅勤務と異なり、企業で働くということはより安定していることが分かっているため、将来の目標を立てやすくなります。


私の経験から考えると、もし将来より良い生活環境を望むのであれば、企業、特に大企業に就職する方が良いでしょう。けれど、経済状況が展開し動態的になっていて、企業もこの不安定な状況に対応するべく変化している今、将来は不透明に見えます。


事務の仕事に関しては、実際的には以前と同じかも知れませんが、新型コロナウィルスのパンデミックの後に変わったこともあります。一部のオフィスではレイアウトやデザインが「ニューノーマル」に適合するように変更されました。企業の人員削減のため組織変更も行われ、新しい管理体制と戦略のために役員や職員も再編されました。


私が企業で働いていた時、オフィスの家具は通常のものを使っていましたが、すべてが人間工学に基づいて作られたものではありませんでした。例えば、私たちが椅子に座って仕事をしている際に古いテーブルを使っていました。長時間座ったままで仕事をしているため、従業員の中には欠勤をしなければならないほどの筋肉への痛みを発症した者もいました。しかし現在、従業員が快適かつ効率的に作業ができるように人間工学に基づいて設計されたオフィス家具があるのです。


雇用主のほとんどが、オフィスで遅刻や欠勤が増えた場合にはどれだけのコストがかかるのかを把握しています。彼らは従業員が企業にとっての最大の資源であることを理解しており、従業員の出社率の問題に対処するためのより良い解決策を得るために最大限の努力をしようとしています。


そこで通常、雇用主はガイドラインを設定して、従業員により良い労働環境と、当然ながらより良い扶助を提供しようとしています。なぜなら従業員は彼らと企業に収益と利益をもたらしてくれる存在だからです。


雇用主はまた、従業員の企業に対する不満を是正できるように、総会を通して会議を設定し、すべての従業員と役員が出席し自由に対話できるようにしています。私はこれは雇用主にとって、従業員に関する問題を解決するためにより良い方法だと考えています。なぜなら、雇用主は従業員の状況について把握し、従業員と役員という2つのグループがより良い協力関係を築くために、いかに問題を解決するかのアイデアを提供してくれるからです。


彼らは従業員のために人間工学に基づいて作られたオフィス家具さえも提供しました。経済的な理由から、新しいデスクをオフィス用に購入するよりも、デスクコンバーターを導入する方が良いのではないかと思います。FlexiSpotには、オフィスで使用する際にとても機能的な様々なデスクコンバーターがあります。


例えば、FlexiSpotは卓上スタンディングデスクM8MBを提供しています。

このデスクコンバーターを使うことで、腰痛や首の痛みを予防することができる立ち姿勢での仕事ができます。天板も広々としており、ハンドルを握るだけで簡単にスムーズに高さを調整できる空気圧を使った昇降システムを採用しているため、すぐさま座った状態から立った状態へと移行できるのです。