ケーブルダクトCMP017を使って、絡み合ったケーブルを解消しましょう

統計によれば、人は滑りや転倒によって怪我をする可能性が高く、また最も単純でありながら最も一般的な怪我としてはオフィス内ではなく、床にほったらかしている工具、整理されていなかったり壁の近くにぶら下がっているケーブルなど雑然とした作業が多い職場においてつまずきが発生し、怪我につながっています。

 

こんな場合を想像してみてください:

 

文書整理のために、フォルダや封筒の束を運んでいます。しかしあなたはその日にしなければならない用事について考えることに囚われています。あなたは突然起こるであろうことに衝撃を受けるでしょう。コピー機の横にある絡まったケーブルにつまずき、バランスを崩して、フォルダや封筒が落ち、床に散らばります。次にいきなり目の前が真っ暗となり、それはすでに額を床にぶつけているのです。

 

最悪の場合においてもこの事例では頻繁に発生している軽微な事故となります。

 

しかし、場合によっては単純なつまずきから致命的な事故につながるものもあります。驚いたことに、背骨、腰、臀部の怪我とは職場でつまずいた場合に経験することが多いのです。膝小僧や体の前側を怪我するような前方へのつまずきはあると思いますが、腰や胴体下部の周りの怪我は滑りやすいところでつまずくいた場合に発生し、打撲や外傷性の頭の怪我につながります。

 

人によっては恥ずかしいミスだと考え、ただ肩をすくめるだけの人もいますが、別の見方をする人もいます。そういったことが職場で起こった場合、会社に対しての傷害訴訟を起こすのです。

 

ケーブルのつまずきによる死亡事故は職場だけでなく、住宅内や介護施設でも発生しています。同じ記事において滑りと転倒で死亡した高齢者の数に関する統計が示されており、65歳以上で毎年15,000人もの人々が亡くなっています。これはこれらの事故に関して、彼らが最も危ないということを示しています。

 

本当に言いたいことは通路からつまずく原因となるものを整理して片付けることができれば、この種の事故は避けられたということです。ケーブルにつまずくだけでなく、感電死の危険に