人間工学に基づく記事

優れたスタンディングデスクコンバーター


従業員ができるだけ早く出勤するよう求められていることからも、労働状況は急速に正常な状態に戻りつつあることが分かります。これは経済が回復していることを示す良い兆候で、従業員たちは定期的にオフィスで仕事ができるようになるだろうことを喜んでいます。


けれど、今でも出勤することをためらっている人たちも存在します。


自宅にこもり、隔離され、動きを制限される自宅の四方の壁の中で仕事をした1年間の後に、オフィス勤務に戻るということは、新しい環境へ適合しなければならないということを意味します。自宅とオフィスとでは雰囲気がまったく違うものなのです。


自宅では、必要なものすべてがおよそ手の届く範囲内にあって快適に働くことができます。食事の時間も自由で、自分のペースで仕事ができて、さらに自宅にいる時に楽しむアクティビティも一緒にできます。その上、ほとんどの時間家族が一緒にいるわけですから、一日の仕事が終わった後は、家族の絆を強くする素晴らしい時間を過ごせるのです。


経済的な側面での何らかの調整がなされるべきだと感じている労働者もいます。在宅勤務をするということは、外食のための費用も、ガソリン代も、オフィス勤務していた時にかかっていた小さな支出もしないわけですから、より経済的だと言えるわけです。


環境もオフィスビルとは大きく違っています。


在宅勤務は、家族がそばにいるためより快適で居心地が良いものです。大きな窓を開ければ新鮮な空気を入れることができます。その一方で、オフィス勤務の際にはオフィスビルの換気をするエアコンから人工的な空気が入ってきます。この空気が従業員の健康に害をおよぼすこともあるのです。


エアコンは、特に長期間掃除しないで使っていると、様々な病気の原因になるウィルスや微生物を発生させるという研究結果もあります。オフィスで病気になる従業員もおり、企業と従業員双方にとっての負担となることもあるのです。


こうした様々な理由により、在宅勤務を好む従業員もいるのです。


フリーランスでできる業務があるとすれば、オフィス勤務

使い心地が良くお財布にも優しいオフィス用品〜新規雇用者向け

大学卒業後のフレッシュな時期、というと前途洋々な可能性をイメージするかもしれませんね。しかし社会を経験した人達は、大人になるということは、簡単なことではないと分かっています。

 

たくさんのチャンスや可能性に恵まれた時は全てがうまくいっていて、人生イージーモード!なんて感じてしまうかもしれません。 

 

しかし蓋を開けてみると、生活費が足りないというわけでもなくてもどんどん貯金を使っていることに気付きます。そして物価の高騰で、欲しいものではなく、必要最低限のものしか買えない、ような気がします。 

 

しかし、卒業生や実習生の皆さんも例外なく、このパンデミックの状況下、在宅仕事のホームオフィスを充実させるべく、クオリティの高いオフィス用品を投資することにはとても意味があります。それが快適な生活、更には仕事の生産性アップ、健康的な生活習慣につながるのであれば、予算に合わないからと言って諦めるべきではありませんよね。FlexiSpot社はそんなあなたに、在宅オフィスにぴったりの、ユーザーフレンドリーなスタンディングデスクやコンバーターなどの商品を取り揃えています。

 

そんな、名前ばっかりじゃないのと思うかもしれないがご心配なく。高品質の製品が、250ドル以下の予算であなたのオフィスに仲間入りです。

 

1. 手動昇降スタンディングデスクH1 

 

 あなたの健康的なワークスタイルは、手動昇降スタンディングデスクH1によって急な停電や電力供給停止にも左右されることはありません。耐久性のあるハンドルで、座った姿勢から立った状態への移行操作も簡単に楽にできます。また、この机の高さは29インチから48.6インチまで自在に調節ができるため、使う人に合わせた丁度良い高さに合わせることが可能です。

 

またこの机は大きめでスペースがあるため、コンピューターや関連機器を置いたら他のもの

ケーブルダクトCMP017を使って、絡み合ったケーブルを解消しましょう

統計によれば、人は滑りや転倒によって怪我をする可能性が高く、また最も単純でありながら最も一般的な怪我としてはオフィス内ではなく、床にほったらかしている工具、整理されていなかったり壁の近くにぶら下がっているケーブルなど雑然とした作業が多い職場においてつまずきが発生し、怪我につながっています。

 

こんな場合を想像してみてください:

 

文書整理のために、フォルダや封筒の束を運んでいます。しかしあなたはその日にしなければならない用事について考えることに囚われています。あなたは突然起こるであろうことに衝撃を受けるでしょう。コピー機の横にある絡まったケーブルにつまずき、バランスを崩して、フォルダや封筒が落ち、床に散らばります。次にいきなり目の前が真っ暗となり、それはすでに額を床にぶつけているのです。

 

最悪の場合においてもこの事例では頻繁に発生している軽微な事故となります。

 

しかし、場合によっては単純なつまずきから致命的な事故につながるものもあります。驚いたことに、背骨、腰、臀部の怪我とは職場でつまずいた場合に経験することが多いのです。膝小僧や体の前側を怪我するような前方へのつまずきはあると思いますが、腰や胴体下部の周りの怪我は滑りやすいところでつまずくいた場合に発生し、打撲や外傷性の頭の怪我につながります。

 

人によっては恥ずかしいミスだと考え、ただ肩をすくめるだけの人もいますが、別の見方をする人もいます。そういったことが職場で起こった場合、会社に対しての傷害訴訟を起こすのです。

 

ケーブルのつまずきによる死亡事故は職場だけでなく、住宅内や介護施設でも発生しています。同じ記事において滑りと転倒で死亡した高齢者の数に関する統計が示されており、65歳以上で毎年15,000人もの人々が亡くなっています。これはこれらの事故に関して、彼らが最も危ないということを示しています。

 

本当に言いたいことは通路からつまずく原因となるものを整理して片付けることができれば、この種の事故は避けられたということです。ケーブルにつまずくだけでなく、感電死の危険に