スタンディングデスクの便利な機能

August 22, 2022

長時間座っていることの危険性は知っていると思います。しかし、職場に報告する際には避けて通れない、許容できる職業上の危険です。もちろん、ジムやランニングコースに頻繁に行くことは効果的ですが、座って仕事をする習慣に戻れば、これらの効果はほとんど無くなってしまいます。

 

スタンディングデスクを使いましょう。突然、座っているところから休憩したり、立っているところから休憩するという選択肢が出てきます。その結果、筋肉を曲げて血流を改善し、筋肉の疲労を軽減することができます。そのメリットは、考えれば考えるほど出てきます。

 

市場には、高級ブランドからコピー商品まで、さまざまなスタンディングデスクがあふれています。中立的な選択肢もたくさんあります。そのため、美的感覚や使用のスタイルに合ったもの、またはスタンディングデスクで必要な機能を提供するものを選択しましょう。

 

しかしながら、これらすべてが、適切なスタンディングデスクに慣れることをより困難にしています。生産性と健康を向上させる機能を備えたスタンディングデスクを手に入れるための究極のガイドをご紹介します。

まず、次の内容を見てみましょう。

 

最適なスタンディングデスクを選ぶメリット


スタンディングデスクの種類は様々です。固定式のオフィスデスクで、作業中に立って作業できるデスクトップライザーが付いている場合もあります。スマートテクノロジーを搭載した、人間工学に基づいた高度なスタンディングデスクもあります。

 

好み、予算、空きスペース、その他の要因にかかっていますが、現時点では詳しく説明できません。個人的な動機に関係なく、人々がスタンディングデスクを選ぶ理由は以下のとおりです。

 

姿勢矯正と血液循環


座りすぎは健康に悪影響を及ぼすことがあります。まず、前かがみになったり不自然な姿勢で座ったりすると、背骨と背筋が収縮します。それによって筋肉の炎症による痛みや痛みを引き起こします。また、体内の血流を悪化させます。糖尿病や関節炎などの病態を悪化させる要因にもなります。

 

スタンディングデスクを使用すると、座ることから解放され、筋肉を曲げたりリラックスさせたりして痛みを和らげ、血液循環を改善することができます。

 

マルチタスキングおよび全体的な生産性の向上


スタンディングデスクの中には長さを調節できるものもあります。これにより、デスクトップのスペースが広くなり、さまざまなタスクを実行する必要がなくなります。デスクはオフィス内の他の場所に歩いて行くことを推奨しているので、座っている場所にさまざまなファイルやツールを積む必要がないので、散らからずに済みます。

 

限られたオフィススペースを最大限に活用

 

デスクの高さ調整機能を使用すると、デスクトップコンピュータやファイリングキャビネットなど、通常はデスクの下にスペースを取りすぎるものをスロットに入れることができます。また、モニタアームやデュアルモニタスタンドを追加して、作業を見やすくすることもできます。


仕事しながらワークアウト


高さを調節できる机は、机の下のランニングマシンやエクササイズ用のバイクとも相性がいいです。さらにこのスペースにダンベルを追加することで、スプレッドシートのバランスを取ったり、ビジネスに必要なドキュメントを整理したりしても、よりバランスの取れたマイクロワークアウトを行うことができます。


検討する価値があるデスクトップの機能

 

構造的な機能


スタンディングデスクは、標準的なオフィスデスクとは機能的に異なる点がいくつかあります。


1段階式


スタンディングデスクは、一般的にテーブルの脚を段階に区分されています。段階式とは、脚が完全に収納されているときに重ねらていて、デスクトップを上げると分離する脚の伸縮セクションの部分のことです。この伸縮式設計により、調整時の可動性と安定性が向上します。ここでは、検討する価値のある3つの主要な脚をもつデスクを紹介します。


2段階式


1段階式とも呼ばれるこれらのデスクは、2つの伸縮式のセグメントを備えています。1段階式の昇降デスクは限界までしか伸びないため、安定性とデスクトップの高さに制限があります。


3段階式

2段階式とも呼ばれるこれらのデスク脚には、3つの伸縮式セグメントがあります。このかさばるデザインは、単段脚部よりも安定性が高く、デスクトップの高さの幅が広くなります。L字型のスタンディングデスクよりは、高度で広さがある製品には、より強力なステージ脚が必要です。そのため、ほとんどの製品には3段式セクションの脚が付いています。これにより、このようなデスクは、多くのアイテムが装備されており、普段よりも高くに設定することができ、背の高いユーザーにとって理想的なスタンディングデスクになります。

昇降柱 

立脚の各段階は、主な段階よりも厚いことも薄いこともあります。これが昇降柱と呼ばれるものです。その主な機能は、調整中および調整後にテーブルがぐらつくのを防ぐための安定性を提供します。

 

次に、2つの主な昇降柱の設定を説明します。

 

反転式の昇降柱
柱が机が上がるにつれて厚くなっています。これにより、全体的な重量プロファイルを低く維持しながら、スタンディングデスクを速く設定することが出来ます。

 

強化用の昇降柱
これは逆で、脚の部分は机が上がるにつれて細くなっています。これによって、デスク下部の安定性が向上し、デスクトップの重量に耐えられますが、デスク自体が重いため、移動しづらいです。

 

昇降のメカニズム
テーブルの昇降のメカニズムは、使用するモーターの種類によって一部異なります。さらに、モーターは、スタンディングテーブルの安定性、上昇速度、および最大負荷容量も決まっています。

 

スタンディングデスクは手動の昇降式です。しかし、強力なモーターがある電気システムを採用するのが最善の方法です。

 

安定性の向上
昇降の速さ
最大重量容量

 

主なオプションは次の3つです。

 

手動式のメカニズム
手動式のスタンディングオフィスデスクには、デスクトップを上下させる電動昇降式の機能はありません。代わりに、手回しクランクとひじを使って操作しなければなりません。メリットとしては、こういったデスクは通常、手頃な価格で販売されています。

 

シングルモーターのメカニズム
このようなスタンディングオフィスデスクは、シングルモーターを使用してデスクトップ全体を持ち上げます。重量は限られているので、デスクトップに重いものがあると遅くなることがあります。


デュアルモーターのメカニズム
ここに2つの強力なサーボモーターがあります。脚や側面に1つずつ設置されています。これにより、デスクトップ上に多くて重いものを置くことができます。また、モーターが同期して動作するため、さらに大きい重量に対応できるため、リフト時間を短縮しながら安定性を高めることができます。


プログラマブル・キーパッド
プログラマブル・キーパッドは、スタンディングデスクの機能を拡張できます。デスクを上下に動かすだけでなく、これらのキーパッドを使用して立ち上がったりストレッチしたりすることを知らせるリマインダーを設定することができます。


ベーシック
ベーシックのキーパッドは、プログラマブルな機能が少ないため、簡単に使用できます。ほとんどの場合、デスクトップを上げるボタンと下げるボタンの2つのボタンがあります。

 

ライト
ライトスタンダードのキーパッドには次の機能があります。

 

高さ調整用の上下ボタン
4プログラム可能なハイトプリセットボタン
障害物検知システム
高さを表示するLED画面

 

中には、電力を節約するための自動スリープモードを備えているものもあります。

 

スタンダード
スタンダードのプログラマブル・キーパッドは、ライトスタンダードのキーパッドの機能を備えています。しかし、プログラマブルな『sit-stand reminder』を使えば、姿勢を改善したり、机の下のトレッドミルマシンで何周分か歩いて運動することもできます。


アドバンス
次の段階のアドバンス・キーパッドは、標準モデルに比べていくつかの機能が追加されており、衝突防止システムや、さらに直感的なLEDディスプレイパネルが装備されています。また、デスクを使用していないときにスリープモードにすることもできるので、ささいなことに悩まされることもなくなります。


プレミアム
将来のワークステーションを構築する際には、プレミアム・キーパッドが最適です。チャイルドロックなど、高度な安全機能を備えています。また、3つのプログラマブルなボタンで目的の高さに固定できるスタイリッシュなディスプレイもあります。


安全機能
ここまでは、スタンディングデスクを探す際に考慮すべき安全機能をいくつか紹介してきました。これらの機能を使用して、自宅やオフィスの安全性を高める方法について詳しく見ていきましょう。


チャイルド・ロック・システム
子供やお連れの子供が職場に遊びに行きがちでしょうか。単調な生活から一息つくことができますが、机が動いているときやボタンをいじっているときに子供がいると大変なことになってしまいます。

 

幸い、ほとんどの先進的なスタンディングデスクには、キーパッドにチャイルドロックが付いています。このようなボタンは、デスクトップを効果的に固定します。大人がこの機能を無効にしたりすることができます。

 

障害物検知機能
仕事中にぼーっとすることがあります。例えば、椅子を収納した状態で誤って机の高さを下げると、机の重さで椅子の肘掛けを押しつぶしてしまう可能性があります。

 

さて、下に子供やペットがいることを想像してみてください。手動式のように、デスクに効果的な衝突防止システムが備わっていない場合は、重大な結果を招き、オフィス関連で起こりやすいケガにつながる可能性があります。

 

しかし、障害物検知システムを備えたスタンディングデスクには、障害物を検知して衝突から数センチ離れたデスクの動きを止めるセンサーが付属しています。これにより、オフィス機器の損傷や人身事故を防止します。

 

まとめ


さきほど言ったように、今日ではブランドから販売しているスタンディングデスクはたくさんあります。問題は、各企業の微妙な(あるいは大差があるような)マーケティング上の説明にうんざりする可能性があることです。

 

しかし、この記事を読むと、歪曲されたクレームや紛らわしい割引よりも、真の価値を提供する製品に焦点を当てることができます。その他に考慮すべき点としては、フレームカラー、デスクトップマテリアル、その他の美学的な機能があります。

 

結局のところ、好みによりますが、この簡単なガイドが、あらゆるニーズに対応するスタンディングデスクを手に入れる出発点になることを願っています。

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。