ローリングチェアが堅木張りの床を傷つけないようにする5つの方法

July 23, 2021

堅木張りの床は一派転記にエレガントで、あらゆるオフィスデザインにもマッチします。これはオフィスチェアが人が座っている間も自由に動かせることが出来なければ成り立ちません。

 

座ったまま椅子を頻繁に動かせば、体重も乗った重みが掛かるため、堅木張りの床には影響が出ます。

 

床を保護するように設計されたキャスターがついていれば、床の保護には優れた効果も期待できますが、それでも木の床であれば傷や欠けが発生する傾向は避けられません。

 

キラリと光るファッショナブルな堅木張りの床を絨毯で覆うなどしたくはないでしょう。そこで時間をかけて見栄え良く保つには、適切なメンテナンスが必要です。

 

椅子を動かすことにより生じる堅木張りの床の擦り傷やひっかき傷が生じないように維持するために、さっと出来る簡単なヒントがいくつかあります。

 

1.ホイールの定期的なメンテナンスと修理

 

堅木張りの床をローリングチェアから保護するために如何なる手立てを取ろうとしても、フローリングのメンテナンスを定期的に行わなければ、元の木阿弥です。

 

時間が経過すれば摩耗する傾向があるので、床を保護する以前に損傷が生じます。

 

オフィスチェアのキャスターが磨耗したり、ホコリや小石などの粒子がキャスター内に詰まったりすれば、さらに床にダメージを与える可能性もあります。

 

他にも厄介となる問題はパットやマットです。マットや絨毯から粒子を拾い上げ、やがてはそれが床にダメージを及ぼすのです。

 

さらに、車輪とパッドが緩んでいるオフィスチェアで堅木張りの床を簡単に横切れば、床に損傷を与えてしまいます。

 

2.ラグマットを使用し堅木張りの床を保護

 

ラグマットの使用は、椅子や家具に移動により引き起こされる引っかき傷から床を保護するための最も実用的な方法です。

 

家具が床に直接接触することを防ぎ、家具を動かしたときに床がこすられたり傷つけられたりすることをを防ぎます。

 

オフィスの椅子や他の家具から堅木張りの床を保護するには、迅速で簡単、且つ低コストで済ませられる方法です。

 

視覚的な見栄えもよく、床を保護しながらオフィスのスタイルを維持することも出来ます。オフィスチェアは床を引きずるように継続的に動かされることから、特に床には影響を及ぼすことが知られています。

 

3.オフィスチェアを不用意に床に押し付けるのがクセにならないように

 

如何なる家具でも床の上で引きずれば床が傷みます。特に堅木張りの床では、あらゆる種類の家具を引きずることで、引っかき傷や擦り傷が発生する可能性が高くなります。

 

オフィスチェアの継続的な動きと重量による床への負荷は、床を傷つける要因の一つです。

 

しかも、それは床にやさしくなく、床をこすったり引っかいたりする可能性すらあります。如何にして木製の床をローリングチェアから保護すべきでしょうか?

 

さらに、堅木張りの床の損傷の最も一般的な原因は、改装中または家具の位置を移動させようとする際に、家具を床全体で引きずって押し込んだりすることによるものです。

 

家具、特にオフィスチェアを床の上で押すことは、床から持ち上げて運ぶより楽なので、無意識のうちに行ってしまいます。私たちはほとんどの場合椅子を所定の位置に押し込んで来ましたが、それは深刻な擦り傷ではなかったとしてもいくつかの引っかき傷を引き起こすことになります。

 

堅木張りの床の修理と交換には、費用と時間、手間暇がかかります。床を交換または修理しなければならない場合、それはあなたのオフィスの日常業務にあまりに大きな足枷となります。

 

スライド式のオフィスチェアから堅木張りの床を適切に保護するための日常的に簡単に出来るヒントがあります。

 

4. 堅木張りを保護するには堅木張りキャスターを使用する

 

オフィスチェアには床の上をスムーズに移動できるようにキャスターが付いています。

 

更に、堅木張りの床を引っかき傷や欠けから保護する効果があるのであれば、長期的に見れば投資効果のある1回限りの作業です。

 

椅子のキャスターは、椅子に座っている人の体重を支えてながら床の上で運ぶ云わば柱です。キャスターが硬質プラスチックやナイロンなどの硬質材料で作られている場合、床へ及ぼす影響が大きく、床を著しくこすってしまいます。

 

床の修理や交換だけが行いたい作業ではありますまい。オフィスチェアのキャスターを堅木張りの床で使用出来るようなキャスターに交換する方がずっと簡単です。

 

ここで一つ覚えておくべきことは、堅木張りのキャスターと共に絨毯やマットを使用しないことです。動かし難くなり、キャスターの機能が低下してしまいます。

 

堅木張りのキャスターは、衝撃を軽減するために堅木張りの床用に特別に設計されています。

 

5.家具プロテクターを利用する

 

もう1つ低コストのオプションがあります。家具パッドを使用すれば、家具を引きずったり動かしたりすることにより引き起こされる損傷から堅木張りの床を保護します。

 

パッドは床上で動く椅子の力に耐え、擦り傷を防ぐように設計されています。

 

それは家具を床から浮かし、床を傷つけないように床との直接接触を避けます。

 

結論

 

堅木張りの床は、オフィスチェアやその他の家具による引っかき傷や損傷に対し非常に脆い材質です。

 

定期的に保護の維持を心がけ、正常に機能するようにメンテナンスを実行し、ダメージを回避するようにしてください。

 

オフィスチェアがかなり古い場合は、さまざまな利点を兼ね備えた人間工学に基づいて設計された新しいオフィスチェアにアップグレードする時です。その際の最も重要な点は、堅木張りの床の引っかき傷に対する保護です。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。