在宅勤務におすすめの飲み物は?

February 10, 2021

コロナウイルスの流行で在宅勤務で仕事をする人が増えました。在宅勤務に慣れたという人もいれば、在宅勤務が慣れない人も中にはいるでしょう。

 

仕事のパフォーマンスを左右する要素の1つに飲み物の選び方が考えられます。どんな飲み物が仕事をする上で効果的なのでしょうか。

 

この記事を読めば、在宅勤務での飲み物の選び方が分かります!

 

1.在宅勤務をする際の飲み物の選び方

 

1-1.リラックスして仕事ができるか

 

仕事の向き合い方は人によって異なります。仕事が始まってから終わるまでずっとなるべくリラックスした状態で仕事に臨みたいという人がいます。

 

こういった人はリラックスすることを意識した飲み物を選ぶようにしましょう。
もちろん、リラックスしすぎて眠気で仕事に集中できないような状態になることは避けてください。

 

1-2.シャキッと身体を起こして仕事ができるか

 

反対に、仕事をする時はシャキッと身体を起こして集中させ、休むときには身体の力を抜くオンオフをはっきりさせたい人もいるでしょう。

 

こういった人は身体をすっと起こしやすいようなエネルギーを与えてくれる飲み物を選ぶようにしましょう。ただ、過剰に摂取して休みたい時にも目が冴えてしまわないように注意することが大事です。

 

1-3.健康を意識できているか

 

在宅勤務そのものというよりかは在宅勤務がもたらす弊害に対してですが、在宅勤務をすることで家で食事が簡単に済ませてしまえる分、食生活が乱れてしまう場合があります。

 

そんな人には健康を意識した飲み物を選ぶことをおすすめします。できる範囲で健康的な食生活を意識しつつ、健康を意識した飲み物を片手に仕事をすると健康に対する不安も和らぎますね。

 

2.在宅勤務をする際のおすすめの飲み物は?

 

2-1.コーヒー

 

まずは定番のコーヒーです。

 

杏林大学医学部精神神経科の古賀良彦教授らの研究にて、コーヒーの香りにはリラックス効果があり、リラックスした時に見られるα波という脳波がコーヒーを飲んだ時に最も多く検出されることが証明されています。

 

また、中村大学栄養科学科の青峰正裕教授らの研究によると、食塩水がストレス反応を15%軽減してくれる一方、コーヒーの場合だとストレス反応を63%も減少させるといったデータを残しています。

 

それだけコーヒーにはリラックス効果があり、リラックスして仕事をしたい人におすすめしたい飲み物だと言えます。

 

2-2.栄養ドリンク

 

次に、やる気を引き出す栄養ドリンクです。

 

栄養ドリンクは疲労回復効果を持った成分がふんだんに含まれており、身体を起こして仕事に集中したいという人におすすめの飲み物です。

 

今では多くの種類の栄養ドリンクが販売されていますが、清涼飲料水扱いされているものについては、薬事法で効用や成分などの記載ができないため、栄養ドリンク=やる気が出るのイメージにとらわれて、飲んだ時にやる気が出てると錯覚してしまっているものもあるかもしれないということは知っておきましょう。

 

2-3.緑茶

 

最後に、健康を意識するなら緑茶をおすすめします。

 

緑茶にはカテキンというポリフェノールが含まれ、脂質の酸化を防いで血中コレステロール値を低下させる効果があります。加えて、カテキンには肌にもよい影響を与えてくれ、しわやしみを予防・防止する効果も期待されています。さらに、ビタミンCやビタミンBが含まれているため、免疫力も強くしてくれます。

 

コーヒーや栄養ドリンクと比べて水に近しい分非常に飲みやすいので、水分補給にはもってこいです。

 

3.自分のスタイルに合った飲み物を選ぼう!

 

飲み物によって身体に与えてくれる効果は異なります。自分自身がどういった働き方をしたいのかをまず固めて、それに合わせて最適な飲み物を選ぶようにしましょう。そうすることで仕事のパフォーマンスを最大限発揮させることができます。

 

しかし、中には飲みすぎると身体によくないものもあるため、よく考えて摂取するようにしてください。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。