睡眠なしで仕事を乗り越える

July 21, 2021

睡眠もとらずに働き続けることなど楽しいはずはありません。そうして働くことで、精神的な健康にも害を及ぼす可能性があります。 私たちはこうした経験をして来ました。今は朝の5時ですが、あなたはこれからずっと一日耐えなければなりません。ほんの一時間寝ただけで起き上がり、次の日の仕事の準備に取り掛からねばなりません。

 

時々、午後2時頃にちょっとうとうととしがちになることも珍しいことではありません。実際、概日リズムがずれることで、午後1時から午後3時の間に強い眠気に襲われるのは人間にはよくあることです。しかし、それでも仕事中に目を開けたまま我慢することにしばしば難儀しているのではないでしょうか。その場合はちょっと事情が異なります。

 

よくある原因

 

さまざまな状況が元で寝不足につながり、その多くは環境、または一時的な理由によるものです。

 

ストレス

 

締め切りが迫っているときや恋人と言い争いになった場合など、否定的な感情やストレスが生じると眠りにつくのを難しくなり、寝ては目が覚める繰り返しに陥る可能性があります。旅行の前に抱くわくわく感や、早朝から以前の経験を思い出し前向きになったりすることで、睡眠の質に影響を与える可能性もあるため、このような緊張は必ずしも悪いこととは言えないかもしれません。

 

新たな健康への問題?、それとも薬?

 

ホルモンバランスの変動や、寝ている間に痛みを感じる程度、また、楽に呼吸出来ているかどうかなど、健康や薬の服用などに関連するさまざまな要因が寝不足につながっている可能性があります。眠りにつくことや、眠り続けることに難しさをもたらしている健康の問題に不安を感じている、あるいはぐっすりと眠れなくなっていることを強く感じるようになったり、一時的な理由で眠れない理由がよく解らない場合は、医師に相談してみましょう。彼らはどうしたら良く眠れるかについて話し合ってもくれるでしょう。また、あなたの不眠症の原因として考えられる原因について手助けしてくれるかもしれません。

 

どうしたら一日を乗り切ることが出来るか

 

自身の脳を欺き、十分な休息が取れたと信じ込ませるような魔法などありません。従って、眠れなかった夜の翌日に、より耐力を持てるようにするために出来ることはいくつかあります。

 

目覚まし時計のスヌーズは使用しない

 

最もよい方法は、目覚ましが鳴ったらすぐにベッドから起き上がることです。あるいはもっと良い方法は、目覚まし時計が無くとも、目が覚めるように体に教え込むことです。音の鳴らない時計や砂時計、光、メラトニンなどを活用すると、多くの人が仕事や社会活動が睡眠習慣と調和していないことに気づきます。自然に目を覚ますことこそが望ましいのです。

 

優先すべき3つのこと

 

その日中に完了すべき3つのアクションとタスクを考え出し、それらを実行してください。それらを付箋紙に書き出し、パソコンの画面に貼り付けてください。うつろになったり、眠りに堕ちそうになった場合は、コーヒーを飲むか立ち上がり、少し散歩に出でみましょう。目先の仕事に集中できるように電子メールや電話は切ってください。そしてまた貼り付けた付箋紙に集中してください。

 

朝食を摂る

 

多くの研究によると、朝食を抜くとコレステロールが上昇し、心血管疾患を引き起こす可能性もあり、弊害があると言われています。朝食を摂れば疲れを癒す効果もあります。起きてから1時間以内に朝食を摂り、気分を高め、脳を刺激します。甘いシリアル類は避け、全粒種や卵などのタンパク質が豊富な食物を摂取してください。また、コーヒーを飲む場合は、砂糖は減らしてください。

 

カフェインでお手軽に

 

カフェインは、エネルギーを高める刺激物であることが科学的に示されているます。拠って多くのオフィスでは、従業員の眠気改善策として選ばれています。朝一番にしっかりと美味しいエスプレッソを2、3口飲むことは全く以て妥当なことであり、コーヒーには利点もありますが、飲み過ぎはよくありません。カフェインを多く摂取し過ぎると、が多すぎると震えを感じてしまうこともあるため、飲み過ぎないようにすることが肝要です。

 

また、一日が始まる早い時間帯に飲むようにしてください。午後も遅くなれば疲れに引きずられ、またコーヒーを飲みますが、午後3時までにしてください。カフェインは身体のシステムの中で7時間残るため、夜になって寝付けなくなりたくはないでしょう。一日が終わりに近づいた頃にコーヒーブレイクを取れば、眠りにつき、眠り続けられることを妨げる可能性があり、カフェインに依存している傾向がある場合、睡眠不足のサイクルを長引かせてしまいます。

 

仮眠

 

午後の眠気と闘うためにはちょっとした仮眠を取れば、信じられないほどのパワーで仕事への継続性が維持でき、仕事上での精神的健康も高められます。ただし、あまり長く仮眠を取り過ぎると、眠気を感じることもあり、毎晩の睡眠パターンに影響を及ぼしてしまいます。仮眠は午後1時から午後4時の間に、30分以内で行うのが最適です。安心できる場所を選んで、快適な気分で目を閉じてください。30分後に鳴るように電話のアラームを設定することを忘れないでください。

 

動く

 

長時間座っている、あるいは1カ所に立ち続けていれば、誰でも疲れ果ててしまいます。休憩中は、背もたれにもたれかけてリラックスするのではなく、動くことです。つまり、職場を歩き回ったり、デスクや休憩室で基本的には職場に見合った適度なストレッチをしたりしてください。あるいは、こうしたFlexiSpotの昇降スタンディングデスクをご使用になれば、いつ立って、いつ座るかをお教えてもらえるように設定可能です。スタンディングデスクは、動いたり活動したいろを促進する優れたツールであり、眠気に陥ることもなく、健康と生産性を同時に維持することが可能です。出来れば数分でも外に出て、新鮮な空気を吸い、日光を浴びてください。景色が変わったところで動き、デスクに戻ったときに元気も回復したと感じられるようにする必要もあるでしょう。こうしたアクションを取れば、ビタミンDとセロトニンのレベルが上がり、その後夜にはによく眠れるようになります。

 

エッセンシャルオイルの試用

 

ミントだけが気分を良くする匂いではありません。柑橘類とペパーミントのようなジャスミンは、あなたにより深い集中力をもたらします。職場で許可されているならば、散布器を使用するか、手やこめかみにエッセンシャルオイルを塗布してみてください。 一部のオイルは皮膚に塗布する前に希釈する必要があります。ラベルを注意深くお読みください。オイルを塗布することで肌に異常が出る場合は、コットンボールやティッシュに数滴垂らしてご使用ください。

 

一度に食べる量は少なめにし、摂取頻度を上げる

 

エネルギーレベルを維持すれば、眠らずとも仕事に耐えられるようにもなるでしょう。朝食にヨーグルトとハチミツを混ぜたグラノラ、午前中のおやつにフルーツ、昼食にトーストにアボカド、午後のおやつにはまた別のフルーツ、夕食には炭水化物はあまり摂らずに野菜を摂るなどして、健康的な食事を一日中続けることにより、着実にエネルギーは体内のシステムに伝達し、一日中エネルギーが補給され続けます。エネルギー量を変動させてしまい、結果的に気分が悪くなってしまうような砂糖分の多い食物は避けてください。

 

水分補給

 

脱水症を起こすことにより、脳の知覚運動能力に障害を生じることが示されています。それは集中力にも影響を与え、その欠如に抗うことさえ難しい場合もあります。脱水症状になると、状態の良い日でも倦怠感を覚えます。水分をたくさん補給することにより、毒素が排出されるだけでなく、覚醒状態でいられるいようにもなります。さらに、トイレに行く際は、頻繁に勢いよく立ち上がるようにすれば、追加の動きも加わり、1日中元気で過ごせます。

 

睡眠時間が足らずとも、仕事をやり通すことが出来るしっかりとしたアイデアをいくつか披露しましたが、お役に立てれば幸いです。時々仕事が長引き徹夜になったとしても、長期的にみれば害を及ぼす可能性はほとんどありません。ただし、意図的であろうと無かろうと、定期的に不眠になる場合は、医師に相談してください。 十分な睡眠が取れず、一日をやり過ごすのが難しいと感じても、あなたは一人ではありません。 あなたには取るべき方法がいくつかあります。昼間の倦怠感と闘い、生産性を向上させるためにも、これらのヒントをいくつか試してみてください。

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。