ぎっくり腰について知っておくべき事実

June 23, 2020

ぎっくり腰に克服するのは簡単なことではないというのは誰もが同意できることだと思います。10人中8人は朝に起き上がる時もしくは不健康な座りがちな生活のために背中に鈍い痛みを感じています。

ではぎっくり腰とはどのようなものでしょうか?背中、臀部、脚、太ももの裏に痛みとこわばりを感じ、そして曲げたり伸ばしたりした時に悪化し、それがぎっくり腰となります。

ぎっくり腰の原因についてこのような通説が頭に浮かぶかもしれませんが、問題の詳細をより掘り下げるため、原因のリストとこれらの背中の痛みを和らげる簡単な在宅治療についてここに書き出します。

ぎっくり腰の3つの主な原因

極端な身体活動:ジム愛好家や日々運動を多く行う人はぎっくり腰を経験することがあります。特に重いものを持ち上げている時、その負担が重すぎると、筋肉に小さな裂け目が発生する可能性があり、これが腰を痛める非常に一般的な原因です。腰を痛めることなく重い荷物を持ち上げる適切な方法を学ぶ必要があります。

悪い睡眠姿勢または不適切なマットレスベッド:あなたの好みに応じて検討すべきマットレスの種類市場には2つあります。ただし、ぎっくり腰が発生している場合、低反発マットレスを使用し、できるだけうつぶせ寝をしないようにすることを強くお勧めします。背中側を下にまたは横向きに寝て、足の下に枕を置き、背骨を揃え、朝起きる時に腰に負担がかからないようにします。

悪い姿勢:NCBIによれば、腰痛のある人は腰痛のない人よりも腰部屈曲が多い座位姿勢を取っていることがわかっており、これは座位姿勢が悪いことと腰痛の間に関連性があることを示しています。1015分間座り、背中の曲がり部分にDIYで巻き上げタオルを作り、背中のサポートをしてみましょう。腰と膝を直角に保ち、足が床に対して平らになるようにします。

これは立っている時にも同じことが言えます。長時間同じ位置に立つことは避け、仕事をしている場合、作業台の高さを適切な高さに調整してください。現在在宅勤務をしている場合、FlexiSpotの高さ調節可能なデスクを購入してはいかがでしょうか。これはユーザーの好みに応じて調整できる機能を持っています。

ぎっくり腰を避けるためのヒントを紹介します。

ぎっくり腰を和らげるために自宅で簡単にできる治療法についてはヒントを確認し、今日からそれらを試してみてください。

l有酸素運動をする

背中に大きな負担をかける持ち上げ運動とは異なり、有酸素運動は背中の凝りを和らげる優れた方法であり、痛み軽減のために薬に頼ることを防げることが証明されています。ただし、まず医師に相談し、心臓血管に問題がないかどうかを確認し、怪我のリスクを最小限に抑えてください。

l氷で冷やす

炎症を軽減するために、発症後2448時間、背中を氷で冷やしてください。そうすることで痛みが和らぎ、筋肉を弛緩させることができます。48時間後に今後はそこを温め、約20分後に外し、肌を休めます。痛みが続く場合、医師に相談してください。今日では痛みを和らげるために使用できる数百もの電気加熱パッドまたは湯たんぽの種類があります。

l調子を整える

上記のように有酸素運動を行い、定期的に背中の筋肉を伸ばします。仕事中でも背中に負担をかけすぎない簡単なエクササイズを簡単に行う方法はあります。今日から始めてみてください。そうすると背中の調子は良くなるでしょう。

l十分な睡眠をとる

研究によれば深い回復睡眠をとることによって治癒過程で身体が回復し、脊椎を修復するのに最適であることを示しています。適切なマットレス、適切な枕、薄暗い照明を選択し、夜は温かいお風呂に入ることで身体をリラックスさせることができます。

 

l楽しいことを見つける

ぎっくり腰が発生するとイライラ感、経済状態、仕事に集中する能力など、すべてに悪影響を及ぼします。楽しいことを見つけることによって、ストレスの軽減に役立ち、痛みを和らげるかもしれません。

 

腰痛を取り除く方法を見つけることを諦めないでください。毎日を気持ちの良い日にしましょう。ペットと遊んだり、情熱が持てるプロジェクトを始めたり、簡単なジョギングをしたり、ガーデニングをしたり、また熱いコーヒーを飲んだりと簡単でありながら楽しいことをしてください。