腰部サポートと適切な姿勢へのガイド

August 04, 2021

何千もの様々なオフィスチェアのデザインや市場で出回っている多くの外部腰部サポートデバイスがあるため、ほとんどの人がどのように座るべきかわからないのは当然のことと言えます。

 

彼らは正しい姿勢が重要であり、腰部サポートがその構成要素であることを理解していますが、どこに配置する必要があるのかについて、もう少し深く掘り下げてみましょう。

 

腰部とは何ですか?

 

腰部は脊椎の一部です。腰椎は人間の下腹部にある脊柱の一部です。これはL1からL5までの番号が付けられた5つの椎骨で構成されています。

 

尾骨の真上にあり、脊椎の最も低い部分です。肋骨を支える胸椎はその上にあり、主に首である頸椎は更にその上にあります。

 

横から見ると、背骨は自然にS字型に曲がっています。腰椎は外側に膨らみ、胸椎は内側に押し込まれ、首は前に傾いています。それはわずかな湾曲ですが、それでも図解や人体解剖学で見られるかもしれません。

 

座るたびに、脊椎の曲率が変化しています。上背部と中背部が椅子の背もたれに押し付けられます。

 

これにより首が直立した状態に保たれ、より快適な姿勢で座ることができます。また腰椎下部が前方に押し出され、腰椎と椅子の後ろの間に隙間ができることも意味しています。

 

腰部サポートはここに配置する必要があります。それはあなたの背中にストレスを生み出すので、すべての場所に配置することは望まないでしょう。背中の筋肉にサポートを追加すると、リラックスしてより自由に動くことができます。

 

腰部サポートはどこに置くべきですか?

 

腰部サポートが腰椎をサポートする必要があることを示唆することは1つですが、ほとんどの人は自分の椎骨のことをそれほどよく知りません。実用性の観点からはどこに配置する必要があるのでしょうか?

 

椅子に座って後ろを感じるのを見つけることが簡単なアプローチと言えます。そこに空間はありますか?それはあなたの腰のすぐ上と周りにあるでしょう。

 

脊椎の腰部はそこにあります。また腰部サポートを配置する場所でもあります。多くのオフィスチェアにはこれが組み込まれていますが、調整可能な腰部サポートがないものもあります。

 

毎日2〜3時間以上オフィスの椅子に座っている場合、適切な腰部サポートが不可欠です。 

 

一日を通して、座っている状態と立っている状態を切り替えたとしても、腰のサポートが不十分な椅子は腰痛や姿勢の悪さを引き起こし、問題を悪化させる可能性があります。

 

他にどのようなことができるでしょうか?

 

腰部サポートに加えて、椅子に他にどのような調整を加えることができますか?より具体的にはまともな椅子においてどのような変更を探す必要がありますか?

 

  • シート角度

 

研究によると椅子に長時間座るのに最適な2つの角度は90度(つまり直立)と135度(直立と平らの中間)です。

 

直立姿勢により脊椎のどの領域にも過度の負担をかけることなく、脊椎を最適な角度で動かして安定性を保つことができます。

 

より多くの背中の筋肉がリクライニングポジションでリラックスできるため、椎骨への圧力が軽減されます。これは将来の圧迫、椎間板ヘルニア、およびねじれの問題を防ぐのに役立ちます。

 

  • 腰部調整

 

あなたは腰部サポートを持っていることに加えてそれを変えることができるはずです。あなたは主に2つのタイプの調整が可能です。1つ目は上下運動です。

 

腰部サポートを垂直に調整することで腰の小さな部分に適切に配置できます。ほとんどの椅子は「平均的な」人のために設計されているため、特に背が高いか背が低い場合、適切に調整されていない可能性があります。

 

  • ネックレスト

 

椅子の上部にネックサポートを追加すると、下部に腰部サポートを追加するのと同じ目的が達成できます。首のサポートは首の休憩場所を提供し、姿勢の残りの部分を安定させ、前かがみを防ぎます。

 

首のサポートは仕事中に頭を支えて快適である必要があります。また前後に離れすぎないようにする必要があります。

 

  • 椅子の高さ

 

最近ではほとんどすべての椅子の高さが調整可能ですが、一部の椅子は他の椅子よりも高くなったり低くなったりできます。シートの高さが膝とほぼ同じであることを確認し、足を床に平らに置いて座ることができるように調整します。

 

これによって、下肢や足への血行が遮断されるのを防ぎ、脊椎のねじれを防ぐのに役立ちます。

 

誰もがユニークであり、特定の共通点はありますが、誰もが独自性を持っていることを忘れないでください。

 

脚が長い、胴体が短い、腰が広い、脊椎が深く曲がる、またはその他の微妙な生物学的異常が存在する可能性があります。

 

特に悪い姿勢による長期的な健康への影響を回避したい場合、最適な座る位置を確保するためにこれらの差異を考慮に入れる必要があります。

 

  • 腰のサポートに関する提案

 

痛みを軽減するために椅子に加えることができる最も重要な変更としては腰のサポートです。 適切なサポートがない場合、苦痛と害は連鎖します。より多くの背中の筋肉が緊張し、背中と首の上部に緊張と痛みを生じさせます。

 

このストレスはすべて、頭痛を引き起こす首の痛み、腕の痛みを引き起こす肩の痛み、手首の怪我につながる悪い姿勢へとつながります。

 

人体は非常に複雑で相互に関連しているため、1つの要素のバランスが十分に取れないと、実質的にシステム全体に害を及ぼす可能性があります。ではこれらの問題を回避するために何ができるでしょうか。腰部サポートの使用に加えて、いくつかの追加手順を実行することもできます。

 

あまり労力が必要ではない食事療法とトレーニングルーチンです。研究によると、10ポンドの体重減少でさえ腰の苦痛を大幅に軽減できることが示されています。これらの脊椎の問題を回避するために、太りすぎの場合、体重を減らすことをお勧めします。

 

コアを鍛えてください。背中、側面、腹筋を強化するための運動は背中の苦痛を軽減するのに大いに役立ちます。筋肉が強くなると、姿勢がより良く維持されやすくなり、骨格と腱がそれによってあなたを所定のポジションに保持する際の負担が少なくなります。

 

要点

 

全体として、あなたができる最善のことは日中に座っているときはいつでも完璧な姿勢で座ることです。可能であれば、定期的に座ること、立つことを交互に行い、座っている間は腰部サポートが適切に配置されていることを確認してください。

 

椅子と変更を定期的に見直して、1日を通して適切な姿勢を維持していることを確認してください。他のすべてが失敗した場合、それは人間工学に基づいた椅子にアップグレードするタイミングかもしれません。FlexiSpotのSoutienの人間工学オフィスチェアをチェックしてみてください!

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。