足の痛みは腰痛とどのように関係しているのでしょうか?

July 07, 2020

耐え難い痛みのために働けなくなったことがありますか?背中の痛みを和らげる睡眠姿勢を見つけるために、寝返りし続けたことはありますか?もしくは朝起きて、歩いた時、足の痛みを感じたことはありますか?

このような場面を経験している場合、今の足の痛みが腰痛に関連している可能性があります。これら2つがどのように関係しているかを知るために、原因と痛みを和らげる方法に関する興味深い事実をいくつかまとめてみました。

足の痛みと腰痛の関係

驚くかもしれませんが、怪我をしていない限り、足で感じるほとんどの痛みは足自体には何の原因もないのです。足の痛みは腰にある神経根の炎症または圧迫によって引き起こされています。この痛みは坐骨神経(体内で最も長い神経です)に沿って広がり、足にまで達することがあります。

本記事で述べたように、腰痛の影響を受けるのは足だけではありません。放置しておくと膝、腰、肩、脊椎の関節にも影響を与える可能性があります。

以下は足の痛みにおける症状の一部です。

•足を上に持ち上げることができないことがあり、そして下腿の真ん中部分と足にしびれを伴うことがある。この痛みは坐骨神経を刺激する腰の脊髄神経根の1つが侵された場合に発生します。

•つま先で歩きにくいことがある。これは基本的には坐骨神経にその原因がある人々が感じる一般的な足の痛みです。この症状があると、人々は歩くこと、運転すること、そして様々な活動に困難を生じるでしょう。

The Spine Institute(脊髄協会)」によると、背中にある隙間が狭くなり、神経を圧迫する腰部脊柱管狭窄症が原因である可能性もあります。そして足の痛みはチクチクする感覚、反復性のしびれ、および全身の筋力低下を引き起こす可能性があります。

逆の場合はどうでしょうか?

American Chiropractic Association(アメリカカイロプラクティック協会」によると、3,100万人のアメリカ人が腰痛を経験しており、不適切な靴や扁平足が原因であると述べています。これは何を意味するのでしょうか?

私たちの足というのは私たちの体重の最終的な受け手であり、したがって私たちの体重が増えるほど、足に関する問題が発生する可能性が高くなります。私たちの足が衝撃を吸収できないか、適切にその負担を再配分できない場合、場合によっては腰を含み、他のところで問題が発生する可能性があります。

ただし、医師は患者に適切な靴と矯正インソールで足の機能を改善し、膝と腰の痛みを軽減するようアドバイスするでしょう。

腰痛を引き起こす悪い習慣

  • 食べ過ぎ:穀物類、果物、野菜の中から体が必要とする食べ物を選ばなければならないことを思い出してみてください。不健康な食品を食べると炎症を引き起こし、必要な栄養素を取り除いてしまう可能性があります。カルシウム、リン、ビタミンDなどの栄養素を摂取することもお勧めします。
  • 前かがみになること:何時間もデスクで仕事するほとんどの人にとって習慣的となっています。長時間前かがみになって座ることは、脊椎にとって危険であるだけでなく、全体的な健康にとっても危険です。
  • 仰向けの姿勢で寝ること:膝の下に丸いロール形状のもの置いて、背中が自然なカーブとなるようにしてください。また枕を足の間に挟み、腰の圧迫を軽減させます。枕の高さを変えることも効果があるかもしれません。
  • 喫煙:訝しげに感じるかもしれませんが、喫煙は脊椎を含む血流を抑制してしまいます。喫煙すると骨の間のクッションディスクの分解が早くなり、特に骨粗しょう症の場合は治癒が遅くなる可能性があります。腰痛を防ぐためには今すぐ禁煙必要です。
  • 運動不足:筋肉が休眠してしまう理由の1つがこれです。まずは活動的になることを心掛けてください。自分に合った運動をする医師に相談し、運動する前にストレッチすることも忘れないでください。
  • 人間工学に基づいたワークステーションがないこと:今やほとんどの人が在宅勤務をする必要があるので、ワークステーションが人間工学的に正しいかどうかをカイロプラクター(脊椎ヘルスケアの専門家)に聞いてみてください。そうすると首の痛みや腰痛は起こらないでしょう。高さ調節可能なデスクに投資し、仕事での生産性を維持しながらも良い姿勢を維持してください。

健康を優先させるのに遅すぎるということはありません。必要なのは規律と悪い習慣を直すことだけです。快適なローヒールの靴を履くだけでも違いが出るでしょう。状況を悪化させる前にまずは医師に相談してください。