https://flexispot.jp/media/magefan_blog/WeightLoss.jpg

背中の痛みを和らげるために体重をへらすこと:それは効果があるでしょうか?

体重は背中の痛みとの関係性について

 

背中の痛みと減量、この2つのトピックの間には、ほとんど関係性は無いように見えます。そのようには見えるものの、実際には真実からはかけ離れています。肥満と脊椎の問題との間には、直接的な関連性があることが証明されています。過剰な体重は、脊椎を更に圧迫し、負荷をかけることにつながります。こうした過度の緊張とストレスは、脊椎と背中への損傷の可能性の増加につながります。肥満者では、腰部またはそれより下部での損傷リスクが増加していることも判明しています。これは身体中央部の過剰な体重が原因です。骨盤が前に引っ張られると、腰に負荷が掛かり、様々な種類の痛みを引き起こします。そしてやがては色々な医学的問題も発生します。

 

ただの運動以上の効果

 

簡単な解決策としてはシンプルに運動することもありますが、体重を減少させることで腰痛を和らげようとするならば、もっと多くの点について考慮しなければなりません。間違ったやり方を行うと、実際には運動で腰痛が更に進み悪化したり、長らく損傷を患うことにもつながります。適切な食事療法と適度な運動、そして全体的に健康的なライフスタイルを維持することのバランスを見つけることが肝要です。今現在腰痛をご経験されている場合、特にそれが長く続いている場合は、理学療法士に相談し、背中の痛みやその他の関節の痛みを悪化させずに取り組める最善のエクササイズとストレッチについて、指導してもらえるよう相談することが最善策でしょう。それは余分な体重を減らすだけではなく、より充実した生活を送ることが出来る、より健康的なライフスタイル手にいれることにもつながります。

 

簡単なストレッチから始めましょう!

 

すでに背中の痛みを感じている場合は、痛みの緩和に直ぐに役立つ簡単なストレッチをいくつかお試しください。これについては長期的な解決策ではなく、より健康的でハッピーな生活を送れるようになるための旅を開始するに当たっての、一つの手立てであることをお忘れなく。

 

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/Tennisball.jpg

腰痛のDIY(自前)マッサージにテニスボールを使ってみましょう

マッサージを受けたいと思いつくとしましょう。 しかし再度、最近のCOVID-19の蔓延状況 に思いが至ります。 マッサージ師やセラピストを訪問して施療を受けるなど問題外の状況下、DIY(自前)マッサージでクリエイティブになることができます。 このDIYマッサージをより効果的にするには、家庭用品やスポーツ用品を使用する方法があります。

 

このような方法のひとつとして、テニスボールを使って腰痛をDIY治療をすることができます。 テニスボールは筋肉をリラックスさせるためにさまざまな治療法で過去長い間使用されてきました。 この黄色いボールは、一部のヨガでも使用され、凝った筋肉を柔らげ、循環系機能を高めます。

 

マッサージ療法は全身にとって最適な療法です。 マヨクリニック(MayoClinic.org)は、マッサージの利点についての研究結果から、マッサージはストレス、痛み、筋肉の緊張を緩和するための効果的な治療法であることが実証されていると指摘しています。

 

実際にやってみましょう:

 

テニスボールマッサージに興味を抱いてやるつもりになったら、以下のように、実行が簡単な3種類のクイックマッサージをやってみましょう。

 

1. このマッサージは一日中座っている場合に起きる、腰の筋肉の凝りをほぐすのに最適です。 テニスボールを、椅子の上、または壁に接して尻との間に挟んで置きます。 ボールを尻から約2インチの場所に置きます。 この位置でボールを反対側の尻の位置に転がします。 この動作を1〜2分間、1日に3〜5回行います。

 

2.このエクササイズは、腰痛に的を絞って行うものです。 床に座って、テニスボールを体の前に置きます。 腹を下にして体をボールの上にゆっくりと降ろします。 ボールはへそと右腰の骨の間に来るようにします。次に、前腕で体を起こし、体重をボールの上に重ねます。 体を前後にゆっくりとロールバックします。 ボールが凝った場所に触れたと感じたら、数秒間停止してホールドします。 リラックスしたら、この動作を左側に切り替えて行います。

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/smokepain.jpg

警告:喫煙は腰痛を悪化させるリスクがあります

タバコの一本一本があなたの体に害をもたらしています。現在の研究結果によれば、腰痛でさえ喫煙が起因である可能性を示しています。

 

世界保健機関(WHO)が実施した2020年5月の調査によると、タバコによって毎年800万人以上の人が亡くなっています。これはつらい事実ですが、誰もが知っておくべきことであり、特に喫煙者は知っているべきです。

 

死亡率については話すべき1つではありますが、それ以外にも喫煙の有害な影響を受けながら生きることは別の問題として話すべきです。これらの健康上のリスクの1つとしては慢性的な腰痛です。ノースウエスタン大学ファインバーグの医学部のボグダン・ペトレ氏が行った研究を引用したMedical News Todayによると、喫煙は痛みに関連する脳回路を阻害し、喫煙者は慢性的な腰痛になりやすくなります。

 

腰痛は生産性を妨げる一般的な病状です。WHOの調査によると、それは労働者が仕事を休む理由の1つになっています。米国では腰痛のために推定1億4900万日の労働日が毎年失われており、総コストとしては年間1千億〜2千億ドルと推定されています。

 

喫煙と慢性的な腰痛の関係

 

喫煙は慢性的な腰痛をどのように引き起こしますのでしょうか?シンプルに言うのであれば、煙草に含まれる物質が痛みに対する脳の反応を変えるのです。

 

国立バイオテクノロジーセンター(NCBI)は次のように述べています「喫煙は中枢神経系に信号を送り、痛みの増幅につながる可能性がある循環炎症性サイトカインのレベルを増加させます。喫煙はまた炎症を増大させることも示しています」。 さらに、Spine Journal,を引用したロイターの記事によれば、「喫煙は脊椎に損傷を与える可能性があります。ニコチンは脊髄組織を損傷し、骨を弱め、腰痛を悪化させる可能性があります」とのことです。

 

これに対応する方法

 

喫煙と腰痛の関係性を示すために行うべき研究はまだまだあるでしょ

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/footpain.jpg

足の痛みは腰痛とどのように関係しているのでしょうか?

耐え難い痛みのために働けなくなったことがありますか?背中の痛みを和らげる睡眠姿勢を見つけるために、寝返りし続けたことはありますか?もしくは朝起きて、歩いた時、足の痛みを感じたことはありますか?

 

このような場面を経験している場合、今の足の痛みが腰痛に関連している可能性があります。これら2つがどのように関係しているかを知るために、原因と痛みを和らげる方法に関する興味深い事実をいくつかまとめてみました。

 

足の痛みと腰痛の関係

 

驚くかもしれませんが、怪我をしていない限り、足で感じるほとんどの痛みは足自体には何の原因もないのです。足の痛みは腰にある神経根の炎症または圧迫によって引き起こされています。この痛みは坐骨神経(体内で最も長い神経です)に沿って広がり、足にまで達することがあります。

 

本記事で述べたように、腰痛の影響を受けるのは足だけではありません。放置しておくと膝、腰、肩、脊椎の関節にも影響を与える可能性があります。

 

以下は足の痛みにおける症状の一部です。

  •  足を上に持ち上げることができないことがあり、そして下腿の真ん中部分と足にしびれを伴うことがある。この痛みは坐骨神経を刺激する腰の脊髄神経根の1つが侵された場合に発生します。
  •  つま先で歩きにくいことがある。これは基本的には坐骨神経にその原因がある人々が感じる一般的な足の痛みです。この症状があると、人々は歩くこと、運転すること、そして様々な活動に困難を生じるでしょう。

 

「The Spine Institute(脊髄協会)」によると、背中にある隙間が狭くなり、神経を圧迫する腰部脊柱管狭窄症が原因である可能性もあります。そして足の痛みはチクチクする感覚、反復性のしびれ、および全身の筋力低下を引き起こす可能性があります。

 

逆の場合はどうでしょうか?

 

「American Chiropractic Asso

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/bbackpain.jpg

ぎっくり腰について知っておくべき事実

ぎっくり腰に克服するのは簡単なことではないというのは誰もが同意できることだと思います。10人中8人は朝に起き上がる時もしくは不健康な座りがちな生活のために背中に鈍い痛みを感じています。

 

ではぎっくり腰とはどのようなものでしょうか?背中、臀部、脚、太ももの裏に痛みとこわばりを感じ、そして曲げたり伸ばしたりした時に悪化し、それがぎっくり腰となります。

 

ぎっくり腰の原因についてこのような通説が頭に浮かぶかもしれませんが、問題の詳細をより掘り下げるため、原因のリストとこれらの背中の痛みを和らげる簡単な在宅治療についてここに書き出します。

 

ぎっくり腰の3つの主な原因

 

  極端な身体活動:ジム愛好家や日々運動を多く行う人はぎっくり腰を経験することがあります。特に重いものを持ち上げている時、その負担が重すぎると、筋肉に小さな裂け目が発生する可能性があり、これが腰を痛める非常に一般的な原因です。腰を痛めることなく重い荷物を持ち上げる適切な方法を学ぶ必要があります。

 

  悪い睡眠姿勢または不適切なマットレスベッド:あなたの好みに応じて検討すべきマットレスの種類が市場には2つあります。ただし、ぎっくり腰が発生している場合、低反発マットレスを使用し、できるだけうつぶせ寝をしないようにすることを強くお勧めします。背中側を下にまたは横向きに寝て、足の下に枕を置き、背骨を揃え、朝起きる時に腰に負担がかからないようにします。

 

  悪い姿勢:NCBIによれば、腰痛のある人は腰痛のない人よりも腰部屈曲が多い座位姿勢を取っていることがわかっており、これは座位姿勢が悪いことと腰痛の間に関連性があることを示しています。10〜15分間座り、背中の曲がり部分にDIYで巻き上げタオルを作り、背中のサポートをしてみましょう。腰と膝を直角に保ち、足が床に対して平らになるようにします。

 

これは立っている時にも同じことが言えます。長時間同じ位置に立つことは避け、仕事をしている場合、作業台の高さを適切な高さに調整してください。現在在宅

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/drive.png

運転中の腰痛がつらい!そんな時和らげる対処法とは?

車を運転している時、腰が痛くなったことがありませんか?