人間工学に基づく記事

適切なセルフケアに役立つスタンディングデスクとは

ストレスや不安のために生産性や健康が低下して苦しんでいる人の数は日々増加しています。もちろん働かなければならないのはあたり前のことです。それでも、生産性を高めるためには適切なセルフケアをすることが大切なのです。ご自分には必要がないと思っていませんか?そう決めつける前に、適切なセルフケアとは何なのかについて考えてみましょう。

 

セルフケアとは過度に複雑な言葉ではありません。簡単に言えば、セルフケアとは自分の身体を大切にして最高の状態に保つということです。また、健康の専門家の助けを借りることなく自分で健康問題に対処できる能力のことでもあります。適切なセルフケアを行うためには、運動し、健康な食事を取り、本を読み、人と交流して、そして何より健康的な姿勢を保つことが大切です。真剣にセルフケアをすることで、ストレスや不安、落ち込みを解消し、集中力を高めることができます。

 

セルフケアのためにスタンディングデスクを検討する

 

あなたの身体にかかるストレスには、姿勢の悪さが大きく影響しています。姿勢を優先しないと身体にストレスがたまりやすくなります。それがあなたにスタンディングデスクをお勧めする理由なのです。スタンディングデスクは身体の姿勢を最も適切に保つために作られており、簡単に身体の位置を変えることができます。

 

1. プロフェッショナルで整然とした仕事用スペース

 

FlexiSpotの製品をお使いになれば、仕事用に使う空間を完璧にすることができます。雑然とした環境で仕事をすると、仕事によるストレスが増加することをご存知でしょうか?理想的な仕事用スペースとは、家のレイアウトやインテリアを決めるのと同じくらい重要なことです。適切に設定すれば、毎日そこにいることが好きになる場所なのです。自分の個性やスタイルに合った、整然とした環境の中なら、仕事もはかどることでしょう。心配する必要はありません。私たちがお手伝いします。

 

FlexiSpotでは、完璧な仕事用スペースを作るために、最高の素材を使った様々な高品質の製品をご提供しています。私たちの製品は、あなたが自分の好きなように一

痛みは消え去ります:首と背中の痛みを和らげます

背中や首の痛みほど仕事に日を不快にさせるものはありません。残念ながら、私たちの多くは毎日それと戦っているのです。腰痛はアメリカにおいて毎年500億ドルの費用負担を強いてます。日常生活を送る際に痛みを感じるというだけでなく、人間工学に基づいた椅子、クッション、電気ショック療法などによって痛みを和らげる方法を見つけるためにお金を費やしてきました。

 

私たちは皆、仕事でのパフォーマンスを向上させ、より効果的になることを望んでいます。しかし今日、痛みを感じる人が増加していることからわかるように、私たちの健康は危険にさらされている可能性があります。多くの研究によれば、長時間座っていると従業員の健康に害を及ぼします。そのため、職場での人間工学の重要性を理解することが大切です。新製品のデザインのおかげで、従業員の全体的な健康と幸福が今日の職場で注目されています。

 

長時間座っていることの危険性

 

ほとんどの組織において、従業員の職務遂行中、一日中座っている必要があります。席に長くいればいるほど、健康上の問題が発生する可能性が高くなります。コンピューターを見ることは首や背中の痛みとなる主な原因の1つです。 痛みや不快感を取り除く最も簡単な方法は職場を再構築し、学ぶことと生産性に最適な形に変えることです。それは健康的な姿勢を促す空間であるべきなのです。仕事上、長い時間座っている必要があるのなら、あなたは座りがちになることによって引き起こされる結果に注意しなければなりません。運動不足によって悪い姿勢につながる可能性があり、そして不快感やその他の病状につながります。座りがちな生活の影響に対する主な治療法としては生活習慣の改善、労働条件や行動パターンの変更です。

 

首と背中の痛みの一般的な原因

 

姿勢

 

机に座っていたとしても姿勢は良くなりません。座る際には肩と背中はおそらく前かがみになっており、頭は前に押し出されていると思います。この姿勢が背中や首の痛みの主な原因となっているのです

なぜ家での仕事で肩が凝るのですか

リモートワークをする人には残念なお知らせである。在宅勤務で知らないうちに肩を痛めているかもしれないのだ。具体的には、その場しのぎの自宅オフィスが体に大きな影響を与えていることが考えられる。ベッド、ソファ、食事用のチェアで仕事をしている場合、人間工学に基づいていない自宅オフィスが体に負担をかけているのだ。

 

Daily Mailの記事によると、雇用問題研究所の最近の調査では、ロックダウンなど隔離期間中に、「筋骨格系の訴えが大幅に増加している」と指摘している。それは、「調査対象者の半数以上が新たな痛みを報告した」とし、58パーセントが首、56パーセントが肩、55パーセントが背中ということを示している。

 

肩が痛むのはなぜか?原因は姿勢の悪さである。

 

自宅では、作業に使用する機器は限られているかもしれないが、家庭用の電話を使用するため、電話を首と肩の間に挟む、ノートパソコンをのぞき込むために体をかがめるなど、これらは体を痛める原因となる。姿勢が悪い状態で仕事をすると、背中、首、肩が痛くなる。このような体の痛みは、大きな苦痛をもたらす。痛みが慢性化すると、うつ病につながる可能性もあるとクリーブランド・クリニックの記事に書かれている。

 

従来のデスクとチェアで仕事をしている場合、ファイルを開き内容を確認する、またはレポートを書くなど、ノートパソコンで作業をする方法は限られている。その結果、首を前に倒す「Cポジション」にしてしまい、背中、首、肩など周囲の筋肉に負担がかかる。しかし、それはあなたのせいではないのである。ワシントンポストの記事によると、たとえ正しい姿勢でまっすぐに座って一日をスタートしたとしても、体が悪い姿勢になるまでに10分から15分しかかからないということなのだ。

 

解決策

 

肩の痛みを緩和するために、鎮痛剤を飲まなければならないとは限らない。痛みを解決するためには、もっと簡単な方法があり、それには必ずしもお金や労力が必要だということではないのだ。

  1. 立ち上がろう

肩の圧迫神経痛について知っておくべきこと

医療情報サイトのHealth Lineによれば、成人10万人のうち85人が、肩の圧迫神経痛に悩んでいます。

 

圧迫神経痛がどういったものかわからない場合は、首から肘、指先まで広がるチクチクする感覚や痛みです。首を動かすと、肩の鈍痛、しびれ、その他何かしらの痛みが生じます。

 

圧迫神経通をさらに理解するために、いくつかの症状、原因、および緩和を書き留めました。では、ご覧ください。

 

自己診断の方法

 

  •首圧縮テスト

頭を痛みが無い方に傾けたあと、痛みのある方へと傾けます。頭を一度ゆっくりと回したあと、回し終わったところで30〜60秒間します。痛みがある方でももう一度同じ手順でやってみましょう。首に痛みを感じ、それが腕にも広がると、神経圧迫痛であると判定できます。

 

  •腕テスト

もう1つの自己診断方法は、腕の緊張テストです。痛みのない方の腕を体の前にまっすぐ伸ばします。手のひらを外側に向け、腕をできる限り横に伸ばし、もう一方の腕でも同じ手順を実行します。腕全体や首にチクチクする感覚を感じたら、圧迫神経痛であるということになります。

 

圧迫神経痛の原因

 

圧迫神経痛は通常、骨、椎間板の突起などが、脊柱から首と肩に向かって伸びる神経に圧力をかけると生じます。この現象は脊椎の老化によって生じやすくなっていることが明らかとなっており、50〜54歳の人々に最もよく見られます。

 

このほか、次の原因が考えられます。

 

椎間板ヘルニア:曲げる、ねじる、持ち上げるなどの激しい運動をすると、痛みを感じます。これは、通常、椎間板が神経を圧迫しやすい箇所です。

 

急性傷害:スポーツや自動車事故などで偶発的に転倒した場合、椎間板ヘルニア、または、組織に炎症を引き起こします。

 

圧迫神経痛を取り除く方