https://flexispot.jp/media/magefan_blog/shoulderpain.jpg

なぜ家での仕事で肩が凝るのですか

リモートワークをする人には残念なお知らせである。在宅勤務で知らないうちに肩を痛めているかもしれないのだ。具体的には、その場しのぎの自宅オフィスが体に大きな影響を与えていることが考えられる。ベッド、ソファ、食事用のチェアで仕事をしている場合、人間工学に基づいていない自宅オフィスが体に負担をかけているのだ。

 

Daily Mailの記事によると、雇用問題研究所の最近の調査では、ロックダウンなど隔離期間中に、「筋骨格系の訴えが大幅に増加している」と指摘している。それは、「調査対象者の半数以上が新たな痛みを報告した」とし、58パーセントが首、56パーセントが肩、55パーセントが背中ということを示している。

 

肩が痛むのはなぜか?原因は姿勢の悪さである。

 

自宅では、作業に使用する機器は限られているかもしれないが、家庭用の電話を使用するため、電話を首と肩の間に挟む、ノートパソコンをのぞき込むために体をかがめるなど、これらは体を痛める原因となる。姿勢が悪い状態で仕事をすると、背中、首、肩が痛くなる。このような体の痛みは、大きな苦痛をもたらす。痛みが慢性化すると、うつ病につながる可能性もあるとクリーブランド・クリニックの記事に書かれている。

 

従来のデスクとチェアで仕事をしている場合、ファイルを開き内容を確認する、またはレポートを書くなど、ノートパソコンで作業をする方法は限られている。その結果、首を前に倒す「Cポジション」にしてしまい、背中、首、肩など周囲の筋肉に負担がかかる。しかし、それはあなたのせいではないのである。ワシントンポストの記事によると、たとえ正しい姿勢でまっすぐに座って一日をスタートしたとしても、体が悪い姿勢になるまでに10分から15分しかかからないということなのだ。

 

解決策

 

肩の痛みを緩和するために、鎮痛剤を飲まなければならないとは限らない。痛みを解決するためには、もっと簡単な方法があり、それには必ずしもお金や労力が必要だということではないのだ。

  1. 立ち上がろう

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/shoulderpain.jpg

肩の圧迫神経痛について知っておくべきこと

医療情報サイトのHealth Lineによれば、成人10万人のうち85人が、肩の圧迫神経痛に悩んでいます。

 

圧迫神経痛がどういったものかわからない場合は、首から肘、指先まで広がるチクチクする感覚や痛みです。首を動かすと、肩の鈍痛、しびれ、その他何かしらの痛みが生じます。

 

圧迫神経通をさらに理解するために、いくつかの症状、原因、および緩和を書き留めました。では、ご覧ください。

 

自己診断の方法

 

  •首圧縮テスト

頭を痛みが無い方に傾けたあと、痛みのある方へと傾けます。頭を一度ゆっくりと回したあと、回し終わったところで30〜60秒間します。痛みがある方でももう一度同じ手順でやってみましょう。首に痛みを感じ、それが腕にも広がると、神経圧迫痛であると判定できます。

 

  •腕テスト

もう1つの自己診断方法は、腕の緊張テストです。痛みのない方の腕を体の前にまっすぐ伸ばします。手のひらを外側に向け、腕をできる限り横に伸ばし、もう一方の腕でも同じ手順を実行します。腕全体や首にチクチクする感覚を感じたら、圧迫神経痛であるということになります。

 

圧迫神経痛の原因

 

圧迫神経痛は通常、骨、椎間板の突起などが、脊柱から首と肩に向かって伸びる神経に圧力をかけると生じます。この現象は脊椎の老化によって生じやすくなっていることが明らかとなっており、50〜54歳の人々に最もよく見られます。

 

このほか、次の原因が考えられます。

 

椎間板ヘルニア:曲げる、ねじる、持ち上げるなどの激しい運動をすると、痛みを感じます。これは、通常、椎間板が神経を圧迫しやすい箇所です。

 

急性傷害:スポーツや自動車事故などで偶発的に転倒した場合、椎間板ヘルニア、または、組織に炎症を引き起こします。

 

圧迫神経痛を取り除く方