https://flexispot.jp/media/magefan_blog/deadbuttt.jpg

死尻症候群から抜け出すには

椅子に長い時間縛り付けられたように座っていると、臀部全体とその機能に影響を及ぼします。

 

最悪の場合に起きる症状の一つが死尻症候群 (DBS) です。臀部の殿筋が機能せず麻痺し、痛みすら感じることになります。しかし心配する必要はありません。臀部が不随となってしまったという意味ではありません。 「不随」とは、動かないでいるとそこの筋肉が衰えてしまうという意味です。また、不活性化してしまった臀部を元に戻そうとするに遅きに失したということにもなりません。しかし再び活性化するには、一貫した努力が多分に求められます。

 

臀筋が他の筋肉と連携しなくなってしまった

 

死尻症候群は身体の他の部分にも影響を及ぼします。身体の他の部分は、補助しようとして二重の負荷を負います。その結果、怪我や損傷にもつながります。

 

死尻症候群の影響により、ハムストリング筋に問題が発生したり腰痛や臀部筋肉の凝りが生じ、筋肉のバランスが崩れ、膝の軟骨の損傷につながる場合もあります。加えて、殿筋が活性化していないと、ウォーキングやランニング、トレーニングなどの活動にも影響を及ぼす可能性もあります。

 

特効策は無し

 

DBS (死尻症候群)を引き起こされるもう1つの要因は、エクササイズしても臀筋が活性化されないことに起因します。そんなこと有り得ないとお思いかもしれませんが、それは本当です。次回そんな症状になった場合は、スクワットやその他の脚のエクササイズをするときに臀筋が萎縮してないか注意してみてください。膝を屈めたときに何ら作用が感じられない場合は、医師に診察してもらってください。

 

しかしながらあまり気にしてもいけません。アスリートだってDBS (死尻症候群)を患うこともあるのです! アスリートが日がな一日座りっぱなしでいたにも拘わらず、突如激しいトレーニングを行えば、そんなに激しくない程度でもDBS (死尻症候群)を発症していることに気付く場合もあります。もう一度言います。長い