人間工学に基づく記事

足の健康の重要性

「ロジックとしてはあなたをポイントAからBに連れて行きます。しかし想像力はあなたをどこにでも連れて行きます。」これは有名な科学者であるアルバートアインシュタインがかつて言ったことです。しかし、文字通りどこにでも連れて行ってくれるものがあるとすれば、それは私たちの2本の足のことです。

 

足は移動するだけでなく、重いものを運ぶ時は体重を支え、跳躍やジャンプをするときは重力を支え、ロッククライミングや登山をするときは体を上に押し上げてくれます。毎日、私たちの足は何百ポンドもの体重を支え、毎日何千ものステップを踏んでいます。

 

しかし、そのすべての重さを支える私たちの体のこれらの2つの小さな部分は美的価値のために先のとがったパンプスやキトル・ヒールのスチレットヒールにもフィットする部分でもあります。私たちは時々、疲れたり、怒った時には無謀で放棄的に物を蹴ってしまいます。

 

走っている人の足へかかる圧力は体重の最大4倍になります。足は私たちの体にある骨の25%を占めています。平均的な成人の足には26の骨、33の関節、19の筋肉と腱、そして107の靭帯があります。しかしこれは痛みを感じるまで気を付けるべき私たちの体の一部であります。

 

私たちの足もまた、現在のライフスタイルに応えるために進化しています。一般的に1日の終わりには足は平らになり、サイズが大きくなっています。しかし、体重が増えると、足も広がり、平らになります。

 

英国の足治療の学部は2014年にこれに関する調査結果を発表しました。平均的な足のサイズは1970年代よりも大きくなっているのです。男性の平均的な足のサイズは7でしたが、現在は平均で9にまで大きくなっています。2サイズも大きくなったのです。

 

一般的な人が自分の足で抱える問題も増加しています。アメリカ人の約75%は生涯に1回以上は足の問題を抱えます。これらの60%は足首の捻挫またはその他の捻挫です。人口の6%が毎年、足の怪我、扁平足、外反母趾、または土踏まずの平坦化に患っていると推定されています。

 

年齢とともに足の痛み

Flexispotの「デスクバイク V9」 関節が痛い人用

痛風とは、足の指や足裏に起こる炎症で、尿酸の異常により関節が腫れ、特にかかと周辺に耐え難い痛みが生じます。人によっては、足を地面に踏みつけることが悪夢のように思えることもあります。

 

私自身、痛風による激しい痛みを経験したことがありますし、さらに言えば、コロナウイルスが流行する前は、家から会社まで1キロ以上の距離を移動していました。玄関からエレベーターまでの道のりや、閉じた靴を履いて足の指を動かすのに苦労したことは想像に難くありません。

 

ひどい場合には、足首を骨折したり、筋肉を酷使したりする人もいます。鎮痛剤のような薬は、特に重要な臓器に後遺症を残す可能性があるので、必ずしもお勧めできません。Narcononに掲載された記事によると、鎮痛剤は乱用されると重要な臓器に害を与えるものから致命的なものまであるとのことです。

 

確かに、鎮痛剤を過剰に摂取すると、体の一部に永続的な痛みや損傷をもたらす可能性があります。

 

例えば、肝臓のような重要な臓器がダメージを受けることがあります。肝臓は、人体の内部フィルターの役割を果たしています。肝臓はグルタチオンの天然の供給源であり、この臓器が健康であれば肌は自然に輝きますが、すでに損傷している場合には、鎮痛剤を使いすぎると肌が乾燥して黒ずんできます。重い病気にかかっている人が鎮痛剤を大量に飲むと、そうなってしまうのです。最悪なのは、ほとんどの人が激痛を和らげるために鎮痛剤を大量に飲まずにはいられないことだ。

 

そこで問題になるのが、鎮痛剤の代わりになるものは何かということです。臓器障害や肝不全などの合併症のリスクを回避するにはどうすればいいのか?新しいライフスタイルや仕事環境では、多くの人がミニオフィスで仕事をしなければならないため、固定された生活を強いられています。

 

多くの人は2時間以上も座って仕事をしており、体の姿勢を崩しています。最悪のケースでは、与えられた仕事を果たすためにトイレでの休憩時間を逃したり、締め切りに間に合わなかったりします。また、毎日の運動を忘れてしまう人もいますが、これは2つの理由から良いことではあ

足のケアの仕方

私たちは足を使って歩いたり走ったりします。さらには作業にも足を使うため、足は怪我をしたり問題を抱えやすくなります。片足は26もの骨で構成され、身体のなかでも複雑な部分です。因って適切なケアと注意が必要です。

 

仕事で丸一日立ちっぱなしの場合はより深刻です。長時間座っていることも肉体的および精神的健康には目の敵であり注意しなければなりません。船上で立ったまま船出する場合も身体に問題を引き起こす可能性があります。適度に休ませることもせず、足のケアを怠ると、リウマチ性関節炎や足底筋膜炎など、問題はより深刻化してしまいます。こうした健康上の問題は、可動性にも影響を及ぼし、足の痛みの原因ともなります。

 

これらが該当する職業には、レストランやホテル業界で働く人々を含む教師、工場労働者、医師、看護師など、長い時間立ち続けなければならない仕事が含まれます。しかし、身体を動かすような活動をしていれば、いつか足に感じていた痛みもほとんど無くなるでしょう。

 

簡単に言ってしまえば、足の状態に注意することです。足を美しく保てるような、より良いケアについて、覚えておきたい何点かを紹介しましょう。

 

問題:丸一日立ちっぱなしでいることでの身体への悪影響

 

過ぎたるは及ばざるが如し、ということわざがあります。この調査によると、1日に8時間以上立っている場合にも当てはまります。コーネル大学人間工学ウェブサイトの記事によると、立ったまま就労していることにも問題があります。言われ続けられてきたことですが、循環系に余計な負荷が掛かるため、アテローム性頸動脈硬化症がより進行し、特に虚血性心疾患の男性は疲れやすくなってしまうそうです。しかしそれだけではありません。立ちっぱなしを繰り返していると、脚や足により大きな負担が掛かります。また長時間立っていると、脚部への静脈瘤リスクが高まり、それが労働年齢における全症例の5分の1以上を占めるということも報告されています。更に、人間工学の専門家たちは、立ったまま就労している人は座って仕事をしている人より疲れやすいと主張している、という研究もあります。立っている

足の痛みは腰痛とどのように関係しているのでしょうか?

耐え難い痛みのために働けなくなったことがありますか?背中の痛みを和らげる睡眠姿勢を見つけるために、寝返りし続けたことはありますか?もしくは朝起きて、歩いた時、足の痛みを感じたことはありますか?

 

このような場面を経験している場合、今の足の痛みが腰痛に関連している可能性があります。これら2つがどのように関係しているかを知るために、原因と痛みを和らげる方法に関する興味深い事実をいくつかまとめてみました。

 

足の痛みと腰痛の関係

 

驚くかもしれませんが、怪我をしていない限り、足で感じるほとんどの痛みは足自体には何の原因もないのです。足の痛みは腰にある神経根の炎症または圧迫によって引き起こされています。この痛みは坐骨神経(体内で最も長い神経です)に沿って広がり、足にまで達することがあります。

 

本記事で述べたように、腰痛の影響を受けるのは足だけではありません。放置しておくと膝、腰、肩、脊椎の関節にも影響を与える可能性があります。

 

以下は足の痛みにおける症状の一部です。

  •  足を上に持ち上げることができないことがあり、そして下腿の真ん中部分と足にしびれを伴うことがある。この痛みは坐骨神経を刺激する腰の脊髄神経根の1つが侵された場合に発生します。
  •  つま先で歩きにくいことがある。これは基本的には坐骨神経にその原因がある人々が感じる一般的な足の痛みです。この症状があると、人々は歩くこと、運転すること、そして様々な活動に困難を生じるでしょう。

 

「The Spine Institute(脊髄協会)」によると、背中にある隙間が狭くなり、神経を圧迫する腰部脊柱管狭窄症が原因である可能性もあります。そして足の痛みはチクチクする感覚、反復性のしびれ、および全身の筋力低下を引き起こす可能性があります。

 

逆の場合はどうでしょうか?

 

「American Chiropractic Asso