人間工学に基づく記事

マッサージを受けた後に身体の調子が悪くなった時には


ひと通りのマッサージを受けて、ただベッドに横になって夢の国に漂いたいと思うほどにあなたの身体の筋肉はほぐれて緩んでいます。そうであるにもかかわらず、その翌朝ベッドから起き上がってみると、あなたはまったく正反対の感覚を覚えています。まるで昨日考えもなしにあまりに強いトレーニングをしたかのように筋肉がひどく痛み、カチカチに固まってしまっているのです。最悪の場合には、ひどいインフルエンザに罹ってしまったかのようです。


けれどあなたがマッサージを受けたのには理由がありますよね?次の日に、首の周りの頑固に凝り固まった部分をほぐし、リラックスしてストレスを軽減させたかったのです。マッサージの翌日にひどい痛みや具合の悪さを感じるなんて思ってもいませんでした。

マッサージが不快感を引き起こす理由とは?


マッサージを受けた後に痛みや倦怠感を覚えるのはよくあることです。特にディープティッシュ・マッサージを受けた後、前回のマッサージを受けてから期間が空いている時、マッサージ前後に身体が脱水状態にあった時、または初めてマッサージを受けた時などに見られるものです。


伝統的な手で行われるマッサージは激しいトレーニングを行うのに似ています。セラピストによると、マッサージによって筋肉への血液とリンパの流れがスピードアップされ、毒素を放出しながら栄養素が取り入れられるためだといいます。また、あなた身体がマッサージの恩恵を享受するために耐えなければならない「炎症性の治癒のメカニズム」であるとして、運動する際の「良い痛み」のようなものだといいます。


良い情報をお伝えしましょう。マッサージががまんできる強さで優しく行われた場合は、炎症と不快感はおよそ1日半以内に消えるということです。さらに、十分な水を飲み、きちんと睡眠をとり、マッサージのすぐ後に軽食をとることで、マッサージ後の痛みをより早く和らげることができます。


しかし、マッサージについては、「痛みがあるからこそ効果がある」ということが常に当てはまるわけではありません。その日があなたにとって幸運な日ではなく、技術力が低い十分にトレーニングをを受けていないセラピストからマッサージを受

長時間座りっぱなしは脳に悪影響!?

近年、企業のIT化が進みデスクワークの多い企業も増えてきています。

それに伴い、座りっぱなしによる身体だけでなく、脳に及ぼす影響が懸念されています。