アクティブシーティングのメリットは何でしょうか?

July 08, 2020

Healthlineによれば、多くのアメリカ人は1日の大半の時間をデスクに座って過ごしています。それは深刻な健康問題になりつつあり、例えば脊椎の変形、圧迫神経、姿勢筋低下などにつながります。

この問題に対応するには全員が1日のうち少なくとも30分の運動を行うか、医師が「アクティブシーティング」と呼んでいるものを行うことです。

アクティブシーティングとは何でしょうか?

エクササイズサイエンスの国際的な雑誌(International Journal of Exercise Science)によれば、アクティブシーティングは座った状態でも体がアクティブになることと定義しており、特殊な椅子またはスタビリティボールを使用することによって行われます。目標としては椅子に座りながらも背中、腹部、脚などの筋肉の一部を刺激することです。

そのため、仕事のために1日中動かずに座っているのではなく、アクティブシーティングは筋肉をアクティブに保つため、あなたに小さな動きをさせることです。

アクティブシーティングのメリットは何でしょうか?

座りがちな生活による健康上の不安のため、アクティブなワークステーションを促進するために作られたさまざまな製品があります。これらのツールは体の筋肉を刺激し、人々がより健康的な仕事生活を送ることを手助けするメリットを謳っています。

これらのメリットは人によって異なり、それぞれの製品が推奨している運動量に対してどれくらい積極的に行っているかによっても異なることに注意してください。

 

姿勢が良くなる

アクティブシーティングは効果的な姿勢を促進するので、前かがみになり始めると、まったく何も得られないでしょう。ロサンゼルスを拠点とするトレーナー兼武術の専門家であるPhillippe Til氏によると、背骨をまっすぐにして肩を直角にし、椅子の端に座ることから始める必要があります。また足が肩の真下にくるように、太ももから体幹までの角度を広げます。この種類の座り方は間違いなく姿勢を改善します。正しく行うと、関節への長期的な悪影響をなくすことができます。

血流と酸素摂取量を安定させる

アクティブシーティングは一貫して筋肉の収縮を促進するため、全身の筋肉組織に血液を送り込むことになります。それによってあなたの肺の気道は開き、内部の酸素を含んだ血液細胞を送り出します。またこれは心と体のエネルギーと活力を取り戻すことにもなります。

良い姿勢の治療方法とコアの強化を行っていけば、長時間座ることによる背中の痛みを回避することができます。ただしそれは実際の運動には取って代わることはできないことを覚えておく必要はあります。

カロリーを燃焼させる

アクティブシーティングは燃焼カロリーの点において、モーションレスシーティング(動かない座り)よりはるかに優れていると言えます。しかしそれは運動時に消費されるカロリーに匹敵するものではありません。ほんの少しのカロリーを燃焼させることで、代謝が機能していることを体に伝えます。また体と脳にエネルギーがまだ生成されていることも伝えます。

アクティブシーティングにはどのような選択肢がありますか?

より健康的な仕事と生活のバランスを達成するのを手助けするように人間工学に基づき設計された製品がたくさんあります。これらは戦略的に作られ、体の特定の筋肉をターゲットにし、特定のメリットを促進します。下半身の筋肉を活性化するためのシーティングオプションがいくつかあります。

ぐらつきスツール

ぐらつきスツールは市場において最も良いアクティブシーティングツールの1つです。まっすぐに座るためには、脚、腰、コアの筋肉を積極的に使う必要があります。FlexiSpotの高さ調整可能なぐらつきスツールは普通の椅子に戻ることなく、立ったまま座ったように休むことができます。この機能によりユーザーは疲れた時はいつでも体勢を変えることができます。

ニーリング(膝立ち)椅子

ニーリング椅子はユーザーを少し前方に傾けさせ、良い姿勢の調整を行います。作業療法士のMeredith Chandler氏によると、この種類の椅子は腰痛に効果的です。

バランスボール

バランスボールを使用すると骨盤深部、腹部、腰部の筋肉などのコア筋肉が刺激されます。バランスを保ち、腰や脚に運動を行わせるボールを使用すると、さまざまなエクササイズを行うことができます。

腰を動かしたり、脚を動かしたり、足を地面から離したり、お尻などに圧力をかけたりと、座り方に関わる運動をしている間、自分を動かし続けることによってアクティブな状態を保ちます。将来の深刻な健康問題を回避するため、職場で座っている時に試してみてください。

FlexiSpotのFlexiwellness Centerを通じて最新情報を入手してください。