人間工学に基づく記事

「テキストネック」を聞いたことがない人は読むべき!

毎年、働いている人の27%から48%が首の痛みに苦しんでいます。この数字は、在宅勤務が始まる何年も前に実施され、オフィスで働く人々を含むすべての分野の人々に対し、世界中で調査した結果から得られたものです。パンデミックと共に在宅勤務が大幅に増加しましたが、多くの場合は理想的とは言えない環境で、首の損傷が被雇用者の間でさらに蔓延し、テキストネックの問題発生につながっています。

 

スマートフォンでこの投稿を読んでいたとしたら、とても危険な問題ともなるテキストネックの状態になる可能性とは何でしょう? 普通に働いている日を考えてみましょう。仕事をしている間は、ノートPCやデスクトップコンピューター、電話などを使用します。仕事が終われば、ティックトックやその他のビデオやタブレットを見てゲームなどもします。あなたはあらゆるテキストや電子メールを見るために、一日に何十回もスマートフォンをのぞき込みます。人々は毎日ほぼ5時間余り自身のスマートフォンを見ていますが、こうすることで重大なテキストネックの痛みを引き起こす可能性につながります。専門家によれば、10人中7人は人生のある時点で首の痛みを感じるようになると予測されています。

 

テキストネックとは?

 

テキストネックは、テックネックとも呼ばれ、コンピューターやモバイルデバイスの使用中に、首または頸椎が適切ではない位置に長時間傾いているときに感じる痛みを指します。テキストネックは、テキストメッセージに由来する首の痛みです。首に対して頭の位置が変われば、首に与える負荷が増加し、痛みをもたらします。

 

顎から上を前に突き出すと、頸椎との位置がずれます。それが結果としてあなたの首により多くの負担が掛かります。この不快で凝り固まった状態に長く留まっていると、首への圧力がより大きくなります。この位置は首、頸椎、背中の上部筋肉を酷使するため、首への不快感や背中上部の問題を引き起こし、肩の痛みにもつながります。

 

防止

 

テキスト、あるいはテクネックは、職場でも家庭でも発生す

マッサージを受けた後に身体の調子が悪くなった時には


ひと通りのマッサージを受けて、ただベッドに横になって夢の国に漂いたいと思うほどにあなたの身体の筋肉はほぐれて緩んでいます。そうであるにもかかわらず、その翌朝ベッドから起き上がってみると、あなたはまったく正反対の感覚を覚えています。まるで昨日考えもなしにあまりに強いトレーニングをしたかのように筋肉がひどく痛み、カチカチに固まってしまっているのです。最悪の場合には、ひどいインフルエンザに罹ってしまったかのようです。


けれどあなたがマッサージを受けたのには理由がありますよね?次の日に、首の周りの頑固に凝り固まった部分をほぐし、リラックスしてストレスを軽減させたかったのです。マッサージの翌日にひどい痛みや具合の悪さを感じるなんて思ってもいませんでした。

マッサージが不快感を引き起こす理由とは?


マッサージを受けた後に痛みや倦怠感を覚えるのはよくあることです。特にディープティッシュ・マッサージを受けた後、前回のマッサージを受けてから期間が空いている時、マッサージ前後に身体が脱水状態にあった時、または初めてマッサージを受けた時などに見られるものです。


伝統的な手で行われるマッサージは激しいトレーニングを行うのに似ています。セラピストによると、マッサージによって筋肉への血液とリンパの流れがスピードアップされ、毒素を放出しながら栄養素が取り入れられるためだといいます。また、あなた身体がマッサージの恩恵を享受するために耐えなければならない「炎症性の治癒のメカニズム」であるとして、運動する際の「良い痛み」のようなものだといいます。


良い情報をお伝えしましょう。マッサージががまんできる強さで優しく行われた場合は、炎症と不快感はおよそ1日半以内に消えるということです。さらに、十分な水を飲み、きちんと睡眠をとり、マッサージのすぐ後に軽食をとることで、マッサージ後の痛みをより早く和らげることができます。


しかし、マッサージについては、「痛みがあるからこそ効果がある」ということが常に当てはまるわけではありません。その日があなたにとって幸運な日ではなく、技術力が低い十分にトレーニングをを受けていないセラピストからマッサージを受

デスクワーク中の首の痛みで気を付けるべきたった2つのこと

コロナ禍の影響もあり、リモートワークへと移行して、デスクワークの時間が、以前よりも長くなっていませんか?デスクワークの時間が長くなると、首が痛くなる症状に悩まされることも多くなります。

 

首が痛いと作業効率も落ちて、将来的に痛みが強くなってしまうリスクもあります。そのため、できる限り早く原因を突き止めて、首の痛みを改善したいものですよね。

 

この記事では、デスクワークで首が痛くなる理由や、首の痛みを改善する方法を解説します。デスクワークによる首の痛みで悩んでいる場合は、ぜひ最後までご覧ください。

 

デスクワーク中に首を曲げる時間が長いと首が痛くなる

 

首を曲げる時間が長くなるほど、首が痛くなりやすい傾向にあります。なぜなら、首を曲げる動作は首に負担を強いるからです。さらに、首を曲げる角度大きいほど、首にかかる負担も大きくなることが分かっています。

 

具体的には、首の角度と負担の関係は、以下のようになります。

 

・首を15度、前に曲げると約12kgの負担

・首を30度、前に曲げると約18kgの負担

・首を45度、前に曲げると約22kgの負担

・首を60度、前に曲げると約27kgの負担

 

つまり、デスクワーク中の首の痛みの原因は、首の角度と時間に影響されるのです。すなわち、デスクワークの首の痛みを改善する場合は、次の事に気を付けるといいです。

 

・首を長時間、曲げないのようにする

・首を曲げる角度を、なるべく小さくする

 

改善方法は、いたってシンプルなのです。もう一つ付け加えるとすれば、マッサージなどの一時的な対処療法のみに頼るのではなく、生活習慣という根本原因に目を向けることも大切です。では、具体的な首の改善方法を解説します。

 

すぐにできるデスクワークによる首の痛みの改善方法

 

テクネックとは一体何か?

テクネック、テクノロジー機器の使用に起因する首への影響について小耳にはさんだことはありませんか?

 

長い時間ノートパソコンやスマートフォンを使っていると、首に痛みを感じる場合があります。それがテクネックで、そうした痛みを感じる場合は、恐らくそれに陥っています。本記事では、この現代病の原因、症状、治療法などを探って行きます。

 

テクネックとは?

 

スマートフォンやノートパソコンを使用した後に首に痛みを感じたことはありませんか? もしあるとしたら、それがテクネックです。テクネックは正式に診断された病名ではありませんが、(スマートフォンやノートパソコン、ゲーム機など)様々なテクノロジー機器を使用したときに感じる痛みや不快感を表す現代用語です。キャッチーな名前であり最早一般的な名称ではありますが、テクネックは首の痛みだけを指しているわけではありません。テクネックは、腰や肩などの身体の様々な箇所の痛み全てを指す総称です。テクネックと定義される症状は、テクノロジー機器の使用による負荷から引き起こされる症状全てを指します。

 

直ぐにテクノロジー機器のせいにしたがる人がかなりいらっしゃいますが、画面をずっと見ているだけでテクネックになるわけではありません。むしろ、それは画面に向かう姿勢や、画面の位置、高さの問題です。テクネックがどのように進行するのかを完全に理解するには、先ずテクネックがどのように発生しなぜそんなに広がってしまうのか、そして画面に長時間向かうにしても、もっと気をつける方法はないのかを探す必要があります。

 

テクネック、とその名を馳せる所以であることも鑑み、先ず首部を見てみましょう。首または頸椎は脊椎のなかでも最も柔軟な部分です。ですから動きにも融通が利くとともに、その柔軟性が故に怪我や損傷も受けやすくなります。画面をのぞき込もうとする頻度が多くなるとテクネックは進行します。頭が前に突き出て、その荷重が首に負担をかけ、痛みが進行します。頭を突き出して画面をのぞき込もうとすること自体でダメージを与えるというわけではありませんが、そうした無理な姿勢を長く続けることで