デスクワーク中の首の痛みで気を付けるべきたった2つのこと

コロナ禍の影響もあり、リモートワークへと移行して、デスクワークの時間が、以前よりも長くなっていませんか?デスクワークの時間が長くなると、首が痛くなる症状に悩まされることも多くなります。

 

首が痛いと作業効率も落ちて、将来的に痛みが強くなってしまうリスクもあります。そのため、できる限り早く原因を突き止めて、首の痛みを改善したいものですよね。

 

この記事では、デスクワークで首が痛くなる理由や、首の痛みを改善する方法を解説します。デスクワークによる首の痛みで悩んでいる場合は、ぜひ最後までご覧ください。

 

デスクワーク中に首を曲げる時間が長いと首が痛くなる

 

首を曲げる時間が長くなるほど、首が痛くなりやすい傾向にあります。なぜなら、首を曲げる動作は首に負担を強いるからです。さらに、首を曲げる角度大きいほど、首にかかる負担も大きくなることが分かっています。

 

具体的には、首の角度と負担の関係は、以下のようになります。

 

・首を15度、前に曲げると約12kgの負担

・首を30度、前に曲げると約18kgの負担

・首を45度、前に曲げると約22kgの負担

・首を60度、前に曲げると約27kgの負担

 

つまり、デスクワーク中の首の痛みの原因は、首の角度と時間に影響されるのです。すなわち、デスクワークの首の痛みを改善する場合は、次の事に気を付けるといいです。

 

・首を長時間、曲げないのようにする

・首を曲げる角度を、なるべく小さくする

 

改善方法は、いたってシンプルなのです。もう一つ付け加えるとすれば、マッサージなどの一時的な対処療法のみに頼るのではなく、生活習慣という根本原因に目を向けることも大切です。では、具体的な首の改善方法を解説します。

 

すぐにできるデスクワークによる首の痛みの改善方法

 

テクネックとは一体何か?

テクネック、テクノロジー機器の使用に起因する首への影響について小耳にはさんだことはありませんか?

 

長い時間ノートパソコンやスマートフォンを使っていると、首に痛みを感じる場合があります。それがテクネックで、そうした痛みを感じる場合は、恐らくそれに陥っています。本記事では、この現代病の原因、症状、治療法などを探って行きます。

 

テクネックとは?

 

スマートフォンやノートパソコンを使用した後に首に痛みを感じたことはありませんか? もしあるとしたら、それがテクネックです。テクネックは正式に診断された病名ではありませんが、(スマートフォンやノートパソコン、ゲーム機など)様々なテクノロジー機器を使用したときに感じる痛みや不快感を表す現代用語です。キャッチーな名前であり最早一般的な名称ではありますが、テクネックは首の痛みだけを指しているわけではありません。テクネックは、腰や肩などの身体の様々な箇所の痛み全てを指す総称です。テクネックと定義される症状は、テクノロジー機器の使用による負荷から引き起こされる症状全てを指します。

 

直ぐにテクノロジー機器のせいにしたがる人がかなりいらっしゃいますが、画面をずっと見ているだけでテクネックになるわけではありません。むしろ、それは画面に向かう姿勢や、画面の位置、高さの問題です。テクネックがどのように進行するのかを完全に理解するには、先ずテクネックがどのように発生しなぜそんなに広がってしまうのか、そして画面に長時間向かうにしても、もっと気をつける方法はないのかを探す必要があります。

 

テクネック、とその名を馳せる所以であることも鑑み、先ず首部を見てみましょう。首または頸椎は脊椎のなかでも最も柔軟な部分です。ですから動きにも融通が利くとともに、その柔軟性が故に怪我や損傷も受けやすくなります。画面をのぞき込もうとする頻度が多くなるとテクネックは進行します。頭が前に突き出て、その荷重が首に負担をかけ、痛みが進行します。頭を突き出して画面をのぞき込もうとすること自体でダメージを与えるというわけではありませんが、そうした無理な姿勢を長く続けることで