https://flexispot.jp/media/magefan_blog/neckpain.jpg

テクネックとは一体何か?

テクネック、テクノロジー機器の使用に起因する首への影響について小耳にはさんだことはありませんか?

 

長い時間ノートパソコンやスマートフォンを使っていると、首に痛みを感じる場合があります。それがテクネックで、そうした痛みを感じる場合は、恐らくそれに陥っています。本記事では、この現代病の原因、症状、治療法などを探って行きます。

 

テクネックとは?

 

スマートフォンやノートパソコンを使用した後に首に痛みを感じたことはありませんか? もしあるとしたら、それがテクネックです。テクネックは正式に診断された病名ではありませんが、(スマートフォンやノートパソコン、ゲーム機など)様々なテクノロジー機器を使用したときに感じる痛みや不快感を表す現代用語です。キャッチーな名前であり最早一般的な名称ではありますが、テクネックは首の痛みだけを指しているわけではありません。テクネックは、腰や肩などの身体の様々な箇所の痛み全てを指す総称です。テクネックと定義される症状は、テクノロジー機器の使用による負荷から引き起こされる症状全てを指します。

 

直ぐにテクノロジー機器のせいにしたがる人がかなりいらっしゃいますが、画面をずっと見ているだけでテクネックになるわけではありません。むしろ、それは画面に向かう姿勢や、画面の位置、高さの問題です。テクネックがどのように進行するのかを完全に理解するには、先ずテクネックがどのように発生しなぜそんなに広がってしまうのか、そして画面に長時間向かうにしても、もっと気をつける方法はないのかを探す必要があります。

 

テクネック、とその名を馳せる所以であることも鑑み、先ず首部を見てみましょう。首または頸椎は脊椎のなかでも最も柔軟な部分です。ですから動きにも融通が利くとともに、その柔軟性が故に怪我や損傷も受けやすくなります。画面をのぞき込もうとする頻度が多くなるとテクネックは進行します。頭が前に突き出て、その荷重が首に負担をかけ、痛みが進行します。頭を突き出して画面をのぞき込もうとすること自体でダメージを与えるというわけではありませんが、そうした無理な姿勢を長く続けることで

https://flexispot.jp/media/magefan_blog/workstation.jpg

モニタースタンド・ワークステーションで気軽に整理整頓

 テクノロジーは、特に職場環境では今や日常生活の一部です。職場では何時間もずっとコンピューターを見つめていることがあります。その日の終わりともなれば、首が痛いなどという不快感を感じることもあります。人間工学的に正しく設計されていれば、コンピューターを使用中でも不快感を感じません。これは非常に重要なことです。適切な人間工学により提供されるモニタースタンドを使えば、その恩恵を授かることになり、引いては一つの快適な使用例になります。

 

ワークスタンドには次のようなメリットがあります。

 

もっと良い人間工学的な選択

 

適所に人間工学的に良い設計が導入されていることにより、効率と快適性が向上します。 ワークスタンドを使用すればそれ自体を目の高さまで持ち上げることも可能です。これにより首や背中に負担が無くなり目線を下向きにして座る必要が無くなります。

 

キーボードを叩いているときの快適さ

 

ほとんどのた天板とテーブルは、1日の間にどれだけコンピューターを使用するかを考えて設計されてはいません。コンピューターは目の高さにあるべきです。そうすれば背中が真っ直ぐに伸び、肘を快適な角度である90度に曲げることが出来ます。ワークスタンドを使用すれば、コンピューターに対し身体の位置を調整することが可能となり、快適な作業環境が整います。

 

気流の改善

 

ラップトップの寿命を保つためには、涼しい環境に置いておくことが重要です。一般的に言われるように、熱は電子機器とって敵です。だから機器には冷却のためにファンが