人間工学に基づく記事

反復運動損傷(RSI)の管理・予防について

反復運動損傷(RSI)とは、手を酷使することで神経や筋肉、腱に損傷を与える病気です。文字を書く、マウスをクリックする、タイピングをする、スポーツをするなどの動作は、筋肉、腱、神経を危険にさらす可能性があるため、RSIについて知っておくことが非常に重要です。

 

残念ながら、RSIのリスクを高める可能性のある活動に関わっているほとんどの人は、RSIとは何か、RSIがどれほど深刻なものであるかを知らずにいるのです。もしあなたが、RSIとは何か、それをどのように予防し管理するかについて知らないのであれば、この投稿はあなたにぴったりです。ここでは、RSIとは何か、そしてその状態をどのように予防・管理すればよいかを学びます。

 

反復運動損傷とは?

 

反復運動による筋肉、腱、神経へのダメージが徐々に蓄積されることです。この症状は非常に一般的で、RSIにつながる可能性のある動作には次のようなものがあります。

 

タイピング
コンピュータのマウスを使用
スーパーマーケットのレジで商品を通す、組み立てラインで働くなどの反復動作
工具をつかむこと
スポーツのためのトレーニング

 

一般的な反復運動による損傷には、手根管症候群、テニス肘、腱板腱炎、滑液包炎などがあります。反復運動損傷は、通常、体の患部の脱力感、痛み、しびれ、腫れ、こわばりなどを引き起こします。症状は通常、しばしば始まるものの、時間の経過とともに強まっていきます。この状態を管理しないと、普段の活動に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

左利きの人向けのエルゴノミクス

利き腕が左利きの人には左利き用の机が提供されることが多いです。そのため、すべてのアクセサリと機器は、手根管を防ぐために簡単にアクセスできるように特別に設計されています。たとえば、調整機能付きのスタンディングデスクと左利き用マウスは、左利きの人の人間工学を大幅に向上させることができます。

 

左利きのワークステーションで作業している場合、左利きのユーザーはファイルやフォルダをより簡単かつ効率的に把握できます。興味深い統計によると、世界の人口の約10~12%が左利きです。そのため、オフィスのデザインをより包括的にすることが不可欠です。

 

左利きの人にもエルゴノミクスが大事な理由

 

従業員は、不適切に設計されたツールや設備が原因で、仕事を完了するために不自然な動きをしたり、体をゆがめざるを得ないことがあります。これが毎日起こると、労働災害のもう1つの主な原因である過度の疲労が生じ、ダメージにつながる可能性があります。

 

首と背中の不快感と緊張は、不適切な姿勢を助長するワークステーションのレイアウトによって引き起こされます。

 

同じ動作を繰り返すと、筋肉の緊張が高まります。繰り返し起こるストレスによる負傷は、特に職業病でよくみられますが、実はこれが原因です。人間工学だけではこの種の被害を防ぐことはできません。(きちんとした動作をしていても、頻繁にすると筋肉や結合組織が消耗したり、酷使したりします)一方、人間工学は、疲労と緊張を大幅に最小限に抑えることができます。

 

左利きの人用に設定するコツおよびアドバイス


ワークステーションを含め、世界

エルゴノミストが定義する正しいタイピング時の姿勢とは

今日のほとんどのオフィスでの仕事では、社員はコンピュータの前に座ったままで、一日中タイピングをしています。毎日何時間も座ってタイピングすることに何の問題もないかもしれませんが、座ってタイピングすることで、筋骨格障害 (MSD) や反復性ひずみ傷害 (RSI) などのさまざまな健康にかかわる問題のリスクにさらされることを知っていましたか?

 

仕事中、姿勢に注意している人は少ないです。ほとんどの場合、オフィスの椅子の端に座ったり、肩が下がったり、コンピューターに前かがみになったりしています。あるいは、文字通りお尻ではなく背骨の上に座っていることもあります。たとえ社員がきちんと座っていても、正しいタイピングの姿勢を意識していることはほとんどありません。実は、タイピングの姿勢にも意識しなければいけません。

 

タイピングするときに正しい姿勢と間違った姿勢があることに驚くかもしれません。正しい姿勢でタイピングすることは、座って正しい姿勢で何かをすることと同じくらい重要です。

 

もしあなたがタイピングの姿勢について聞いたことがなく、もっと知りたいと思っている場合、あなたは正しいことをしています。

 

タイピング・エルゴノミクスとは 

 

エルゴノミクスとは、人が仕事で使うツールの最適な使い方を見つけることに焦点を当てた科学です。仕事でのツールの使い方が、健康と全体的な健康にどのように影響するかを相関させます。エルゴノミクスでは、仕事中の座っている姿勢や立っている姿勢、使用する機器、機器の使用方法、さらにはオフィスの照明までもが対象になります。これらの要因はすべて、労働者の身体的な健康に影響を与え、それが適切に対処されていない場合は、最終的に精神的な健康に影響を与え、それによって社員の生産性と効率性に影響を与えます。

子どもと青少年に多い反復性負担による怪我

モバイル機器や日常的なテクノロジーの利用が明らかに増加しているため、事実上、誰もが反復性ストレス障害(RSI)を発症するリスクにさらされています。特に若い世代は腱や筋肉の伸縮によってすでに体が緊張しているため、その傾向は顕著です。また子どもや10代の子どもの怪我は「成長痛」として軽視されがちですが、無視すると後遺症が残る可能性があります。

 

滑液包炎、腱炎、手根管症候群などは大人と同じように、子どもや10代が発症する可能性のある一般的な病気です。

 

これらの疾患はいずれも関節に不快感や腫れをもたらし、放置すると一時的または長期的に関節の動きが制限されることになります。特に10代は骨が成長する成長板付近のケガを悪化させる傾向があるため、注意が必要です。

 

使いすぎによる怪我:その原因とは?


使いすぎによる怪我は10代では成長板で多く見られます。成長板とは骨の端の部分で、人間が成長するにつれて骨細胞が急激に増殖しやすい場所です。使いすぎによる怪我は肘、膝、肩、かかとに最も多く見られます。

 

体の関節や関連する腱や筋肉は長期間同じ動作を繰り返すと、刺激を受けて炎症を起こします。

 

使いすぎの怪我はそのような食料品チェッカーとして物をスキャンしたり、ウェイターとして大きなトレイを移動するなどの繰り返し業務を必要とする雇用で発生する可能性があります。楽器を演奏しながら、特定の手や腕の動きの使い過ぎは問題を発症させる可能性があります。テキストメッセージを含む、あらゆる繰り返しの動作は害をもたらすかもしれません。

 

プレティーンおよびティーンエイジャーの年を通して起こっている膨大な物理的な成長のため、十代の若者たちは使いすぎの怪我を発症する危険にさらされる可能性

マッサージを受けた後に身体の調子が悪くなった時には


ひと通りのマッサージを受けて、ただベッドに横になって夢の国に漂いたいと思うほどにあなたの身体の筋肉はほぐれて緩んでいます。そうであるにもかかわらず、その翌朝ベッドから起き上がってみると、あなたはまったく正反対の感覚を覚えています。まるで昨日考えもなしにあまりに強いトレーニングをしたかのように筋肉がひどく痛み、カチカチに固まってしまっているのです。最悪の場合には、ひどいインフルエンザに罹ってしまったかのようです。


けれどあなたがマッサージを受けたのには理由がありますよね?次の日に、首の周りの頑固に凝り固まった部分をほぐし、リラックスしてストレスを軽減させたかったのです。マッサージの翌日にひどい痛みや具合の悪さを感じるなんて思ってもいませんでした。

マッサージが不快感を引き起こす理由とは?


マッサージを受けた後に痛みや倦怠感を覚えるのはよくあることです。特にディープティッシュ・マッサージを受けた後、前回のマッサージを受けてから期間が空いている時、マッサージ前後に身体が脱水状態にあった時、または初めてマッサージを受けた時などに見られるものです。


伝統的な手で行われるマッサージは激しいトレーニングを行うのに似ています。セラピストによると、マッサージによって筋肉への血液とリンパの流れがスピードアップされ、毒素を放出しながら栄養素が取り入れられるためだといいます。また、あなた身体がマッサージの恩恵を享受するために耐えなければならない「炎症性の治癒のメカニズム」であるとして、運動する際の「良い痛み」のようなものだといいます。


良い情報をお伝えしましょう。マッサージががまんできる強さで優しく行われた場合は、炎症と不快感はおよそ1日半以内に消えるということです。さらに、十分な水を飲み、きちんと睡眠をとり、マッサージのすぐ後に軽食をとることで、マッサージ後の痛みをより早く和らげることができます。


しかし、マッサージについては、「痛みがあるからこそ効果がある」ということが常に当てはまるわけではありません。その日があなたにとって幸運な日ではなく、技術力が低い十分にトレーニングをを受けていないセラピストからマッサージを受