マッサージ後に体調が悪くなった場合の対処法とは

December 24, 2021

今日はスパで1、2時間、全身マッサージを受けてリラックスする日です。照明が落とされ、あなたはローブを脱いでマッサージベッドに横たわりました。経験豊富なマッサージ師の手によって、凝り固まった筋肉がほぐされ、気がついたら夢の世界に誘われていました。

 

夢のようなマッサージを受けた翌日のことです。目が覚めたあなたは、スパでリラックスしたのではなく、まるでジムで過酷な運動をして来たかのような激痛に見舞われました。あなたが望んでいたのは、リフレッシュし、充電するためのリラックスした休日でした。こんな痛みが残ることになるとは思ってもいませんでした。

 

マッサージで不快感が起きることがある理由とは?

 

心配いりません。これは稀なケースではありません。多くの人がマッサージを受けた後に痛みや疲労感を経験していますが、これは普通のことなのです。その原因はいくつかあります。深部組織にマッサージを受けたためかも知れません。もしくは以前、最後にマッサージを受けてからずいぶん時間が経っていたからかも知れません。マッサージの前後に十分な水を飲まなかったからかも知れませんし、プロのマッサージ師の施術を受けたのが初めてだったからかも知れません。

 

実際のところ、従来の人の手によるマッサージは、高強度のトレーニングセッションに相当するものなのです。セラピストによると、マッサージによって筋肉への血流やリンパの流れが活発になり、全身に栄養が行き渡り、同時に毒素が排出されるのだといいます。あなたが感じる痛みは「炎症性治癒メカニズム」と専門家は呼んでいます。マッサージの効果を最大限に引き出し、運動をした後の緊張感に近いものを得るために身体がその痛みを経験しなければならないのです。

 

穏やかなマッサージであれば、1日半もすれば炎症や違和感は解消されるため、心配する必要はありません。マッサージ後の痛みをより早く和らげるためには水をたくさん飲み、十分な睡眠を取り、施術後はすぐに軽食を取ることが大切です。

 

けれど残念なことに、マッサージ後の痛みが良い兆候ではない場合もあります。それは経験の浅いマッサージ療法士や、技術の低い専門家によって引き起こされた可能性があります。彼らが過剰な圧力をかけて揉み(ねじれた筋肉の固まりを無理やりほぐすこと)を行ったため、あなたの身体に良いことではなく害をおよぼしたのです。これでは身体から毒素が排出されることはありません。崩壊した筋肉からこぼれ落ちたものは体内を循環し、腎臓にダメージを与えることになるかも知れないのです。

 

つまり、身体に痛みがあることがすなわちマッサージが身体に良かったということにはならないのです。横紋筋融解症という深刻な筋肉の損傷がその痛みの原因である可能性があります。横紋筋融解症は激しい運動によって引き起こされるもので、マッサージと激しい運動が似ていると言われるのはこのためです。

 

マッサージを受けた後に痛みを感じた時の対処法とは

 

1.たくさん水を飲む


マッサージの前後には水分補給を忘れないようにしましょう。身体の組織の水分が、マッサージ中に発生した毒素を洗い流してくれるからです。アルコールや炭酸飲料、コーヒーなどのカフェインを含む飲み物は避けてください。水以外のものを飲みたい場合は、ココナッツウォーターや果物や野菜のジュース、ハーブティーなどで水分補給することをお勧めします。

 

2.マッサージ後はクールダウンストレッチを忘れずに行う

 

激しい運動と同様に、マッサージが終わったらクールダウンする必要があります。緩やかなストレッチは、身体の痛みを和らげるのに十分な効果があります。筋肉の緊張をほぐし、身体の柔軟性を高め、血行を促進します。痛みが軽減されるだけでなくストレスレベルが下がり、心が静かに落ち着く効果があります。

 

3.マッサージ後に温かいシャワーを浴びる、またはサウナに入る

 

身体を温めることでリラックスすることができます。健康情報のプロバイダーである「Helthline」は温かいお風呂にエプソムソルトや重曹を入れることを勧めています。お湯につかりながら、最大30分間のヒートセラピーを行いましょう。また、温湿布がない場合に温めた米袋を痛みのある部分に15分間そっと当てておくという救済策もあります。

 

4. 痛みを和らげるエッセンシャルオイルを手に入れる


エッセンシャルオイルをいろいろと用意しておくと、マッサージ後に役に立つかも知れません。お風呂に数滴たらしたり、ディフューザーを使ったり、キャリアオイルに混ぜて肌に直接塗ったり、エッセンシャルオイルを湿布にして使ったりといろいろできます。ペパーミントオイルやヘリクリサムオイル、マジョラムオイルは筋肉の痛みや緊張、腫れなどに使われます。また、ラベンダーやユーカリ、ローズマリーのオイルも使うことができます。

 

5.冷却治療法を利用する

 

冷却治療法も筋肉の痛みを和らげる効果があります。氷嚢を湿布のようにして、痛みのある部分に15分間あてておきましょう。これを1日の内に数回行います。また、最近の流行として、氷風呂に入るというものもあります。筋肉の炎症を和らげ、血行を促進し、痛みを軽減することができます。痛みを感じる部分が小さいのなら、氷を入れた小さな容器を使って、その部分だけを冷やすこともできます。

 

6.ハーブで痛みを軽減する

 

ハーブの魔法を使って、自然な方法で筋肉の弛緩をうながし、炎症を抑えましょう。カプセルに入れて飲んでも良いですし、お茶にして飲んでも良いですね。筋肉の緊張を緩める効果があるハーブには、ウコン、黒胡椒、生姜、シナモン、ニンニク、カイエン、クローブなどがあります。

 

7.休息する

 

マッサージ後の痛みから身体を解放するためには休息することが一番です。マッサージを受けた後には休息の時間を取ってください。枕を身体の下に敷いて、足と腰を高い位置に置きます。音楽を聴きながら、本を読みながら、ドラマを観ながら、または眠りながら、休息しましょう。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。