在宅勤務において先延ばしを克服するための6つの生産性に関するヒント

July 29, 2020

在宅勤務において先延ばし克服するための6つの生産性に関するヒント

ある日、あなたはスケジュールを確認し、その日は3つの仕事の締め切りであることがわかりました。あなたはため息をつき、そしてまずは一息つくと自分自身に言います。しかし、その後仕事に戻るのではなく、携帯電話をチェックし、ペットと遊び、コーヒーを1杯飲みます。そしてあなた本来すべきこと以外のことに1時間を無駄に使ったとあなたは知るでしょう。

あなたは悔やみ、何が悪かったのかを自問します。あなたはすべきことを先延ばししており、またこれはまん延している現象となっています。この研究は先延ばしほとんどの人にとって就業日の4分の1以上の時間を占めており、従業員あたり年間約10,000ドルの費用がかかることを示しています。

先延ばしとは何でしょうか

それはあなた自身の規律を守ることに失敗したことと定義されています。これは在宅勤務が新しい日常となったように思われる今日において特に取り組む必要のある大きな課題です。仕事を監視する上司や同僚いないので、あなたは約束した時間内で物事を完了するように動機づける必要があります。

それは困難な戦いでもあります。この新しい仕事環境に適応することは生産性に影響を与える可能性がありますが、これが先延ばしもそのプロセスの一部であることを意味してはいません

先延ばし克服することができます

幸いなことに、私たちが本当に望んでいれば、先延ばし避けることができます。それは意思の力を必要としますが、最後には決まりきったやり方から抜け出し、物事を達成できるというやりがいがあります。生産性を維持し、心と体仕事を始めるモードに仕向けるための役立つヒントをいくつか紹介します。

1. 自身のオフィスを持つ

部屋がない場合、テーブルがあるだけでも十分です。それは自身のを仕事モードできるワークステーションに似ている必要があります。あなたは「これらのクリエイティブなワークスペース」もしくは家のどこにでも置くことができるシットスタンドデスクを購入することで頭の冴えを発揮し、インスピレーションを生み出すことができるでしょう。人間工学に基づいたデスクは座っている状態と立っている状態を交互に切り替えることができるため、健康を維持するのに役立ちます。さらにそれは精神的および肉体的健康を犠牲にしている座りがちな生活様式を防ぐことができます。

1. 1日の始まりを正す

パジャマを寝室に置き、仕事に適したカジュアルな服を着ることを意味します。そしてコーヒーを飲んでいる間、毎日のスケジュールを確認します。プライベートと仕事の両方におけるすべてのタスクを一覧で見て、圧倒されないように重要度に従って優先順位付けをします。

2.気を散らすものを遠ざける

Netflixをバックサウンド替わりに使用するのは魅力的ですが、そうしないでください。気が散ってしまいます。代わりに、集中力を高めることができる穏やかでアンビエントな音楽を選びましょう。またSlackやMessengerで同僚に仕事中である旨のメッセージを送り、返信が遅くなるかもしれないことを伝えます。スマートフォンをマナーモードにして、目の前の仕事に集中することも良いでしょう。これらのもっともである境界線によって、仕事をより早く終わらせ、1日を通してより多くのことができるようになります。

3.短い時間に集中して仕事をして、そして休憩を取る

集中できない日もあるかもしれません。でも大丈夫です。無理しないでください。その代わりに「ポモドーロ法」を試してみてください。25分間集中して仕事をし、そして5分の休憩を取ってください。その25分間の仕事を4回行った後、長い休憩を取ってください。

重要なのは1日の終わりに未完了の仕事が山積みになるのを防ぐため、自分自身を働かせることです。

1. ストレスを回避する

特に一人でいる場合、ある場所に居続けることで萎縮し、孤独になることあります。日の光を取り込んだり、数分間外に出て気分を変えてみてください。これによって閉所恐怖症を回避し、気分を高めるのに役立ちます。

2. 感謝し続ける

「感謝することで普通の日を感謝祭に変え、ルーティンの仕事を喜びに変え、普通の機会を祝福に変えることができる」とウィリアムアーサーワードは語っています感謝の気持ちがある場合、あなたは他の人が仕事を探しているのに対して、自分には報告すべき仕事があることに感謝するでしょう このようにして仕事を受け入れ、心から楽しんで仕事ができます。

機能させる

あなたは今、自身の仕事重荷感じているかもしれませんが、大丈夫です。同じ家で仕事とプライベートが融合している場合そのバランスを取るのは難しいです。混沌を感じるかもしれません。先延ばしはあなたの体が変化に対処する方法である場合あります。圧倒されすぎたと感じた場合、無理をしないでください。いつでも元に戻り、またトライしましょう。