在宅勤務についての間違った考え(および真実)

May 19, 2021

2005年以降、在宅勤務を行う従業員数は140%も増加しています。米国だけで430万人以上の労働者が少なくとも50%の時間を在宅勤務で仕事をしており、40%以上の雇用主が職場に関するフレキシブルなポリシーを採用しています。

 

コロナウイルスの大流行によってリモートワークの実行可能性が証明され、在宅勤務は労働者が力を発揮するのに役立つことがわかりました。多くの業界では将来的にリモートワークの増加が見込まれています。ストレスを軽減し、時間を節約し、潜在的な効率を高めることで労働者にメリットをもたらし、またオフィスの家賃を節約し、グローバルな応募者の中から採用することができ、雇用主をサポートしてくれます。

 

より多くの人々がリモートワークについての現実を知るほど、私たち全員がより早くそのメリットを享受できるようになるので、ここに在宅勤務についての最も一般的な誤解について説明します。

 

在宅勤務をすると従業員の生産性が低くなる

 

多くのマネージャーは在宅勤務を行う従業員は邪魔されたり、単に仕事を拒否したりすることを懸念しています。調査によると、従業員が在宅勤務を行うと効率が向上することが示されています。米国特許商標庁がどこからでも仕事ができるスキームを採用した時、生産性は4%以上向上しました。世界で最も成功している企業の1つであるTrip.comは在宅勤務のランダム化比較検証を実施し、在宅勤務の人はオフィスにいる同僚よりも13%効果的であることを発見しました。

 

人のパフォーマンスは監督者の介入によって向上する可能性がありますが、様々な方法でその効果を高めることもできます。例えば、人が気を散らすようなことを避け、完全に仕事に集中する場合、職場よりも自宅で働く方がより効果的に働くことができるかもしれません。これは生産性を最大化するために仕事時間をいかに簡単に管理できるかを理解している場合に特に当てはまると言えるでしょう。

 

在宅勤務は特定の障害のある従業員にとっても生産性を大幅に向上させる可能性があります。これはオフィスにいること、通勤すること、症状が悪化しないようにすることに多くのエネルギーを費やす必要がなくなるためです。

 

在宅勤務者のスケジュールは柔軟である

 

在宅勤務に関する最も一般的な間違った考え方の1つは時間を完全にコントロールできるというものです。現実としては仕事の状況があなたの柔軟性を決定します。あなたがフリーランサーまたは自営業者である場合、自身の労働時間に対してより多いレバレッジを持っていると思いますが、同僚やクライアントの労働時間を見ておくことも要求されます。

 

あなたがフルタイムの従業員である場合、職場で行うのと同じルーティンを継続することが求められるでしょう。したがって、通勤を効果的に取り除くことができたとしても、上司や同僚と同じ時間に仕事をし、その場にいる必要があります。

 

在宅勤務は従業員を孤独にし、チームから切り離す

 

リモートワークを行うことは相互作用と関係構築の観点からマネージャーに対して追加の課題を提示する可能性があります。マネージャーは従業員がチームの一員であると感じていないかもしれないことを心配することになります。実際に職場にいないのですが、在宅勤務は閉じこもった活動である必要はありません。働き方はあなたがフルタイムの従業員、フリーランサー、または自営業者であるかどうかにかかわらず、上司、同僚、および顧客と頻繁にコミュニケーションするかどうかによって決定されることがよくあります。

 

人々はソーシャルディスタンスにも関わらず、コロナウイルスの大流行の間に自身の仕事生活の中でつながるための革新的な方法を見つけました。チームはバーチャルオフィスの昼食から1対1のビデオ通話まで、様々な連絡を取り合う方法を模索しています。

 

在宅勤務は楽勝

 

在宅勤務といってもそれは仕事です。ストレスの多い職場で働くよりもストレスが少ないかもしれません。しかし、仕事を完了させ、うまく実行する必要があります。あなたの雇用主が在宅勤務という考えに確信が持てない場合、彼らを納得させるために最初はより一生懸命働いていることに気付くでしょう。

 

離れた場所にいる従業員は仕事から離れているということはありません。在宅勤務ををすることはパソコンを開くのと同じくらい基本的なことです。これにより、就業時間がいつ終了するかを判断するのが難しくなっている可能性があります。仕事を離れた後に、追加での仕事を行ってしまっていることに気付く場合があります。最終的にはワークライフバランスのバランスをとる方法がわかります。ただし、在宅勤務ではドラマを一気見をしたり、一日中寝たりすることはできません。また、仕事を完了するために努力する必要があります。

 

言うのは簡単

 

在宅勤務に関する多くの「真実」はこの問題に関するより深い理解がないことに起因しています。 一部の役職においては在宅勤務の状況ではなく、その仕事の性質のために難しい場合があります。

 

在宅勤務を行うことは必ずしも寝室で仕事をすることを意味するわけではありません(そこがあなたのベストパフォーマンスを発揮できる場所でない限り)。専用の「オフィスルーム」はどんなに限られていたとしても、脳を仕事モードにし、集中することができるようになります。経験を積むにつれて、リモートワークをするときに集中するために他に何が必要かを学びます。一部の人々はパジャマから着替えるべきです。決められた朝のルーティンを必要としている人もいます。しかし、在宅勤務がオフィスでの勤務よりも複雑であると考える理由はありません。実際には疲れる通勤や不毛な社内政治に対処する必要がないので、在宅勤務の方がより良いと感じるかもしれません。

 

在宅勤務を行う従業員はオフィスやワークスペースを必要としない

 

寝室、パティオ、近所のコーヒーショップなど、どこからでも仕事ができるというのは魅力的ですが、それは欺瞞的でもあります。できるからといって、どこからでも在宅勤務を行うべきではありません。

 

在宅勤務の場合、専用のワークスペースを用意すると、一貫性と効率性が向上します。電話をかけたり、安定したインターネットに接続したり、文書を保管したりできる、静かで整頓された部屋が必要です。家には専用のスペースが足りないかもしれませんが、少なくとも机とオフィスワゴンCB2が必要です。新鮮な空気が必要だと思うなら、返却できる「オフィシャル」な机を持つべきです。

 

机と言えば、使用する家具や設備の種類によって生産性と効率が大幅に向上するため、商品の購入を促す売り込み文句だけで決めるべきではありません。例えば、電動昇降スタンディングデスクE7とオフィスチェアOC5Gは通常の机と椅子よりも快適で、健康上のニーズに適合し、生産性を高め、よりプロフェッショナルな環境を確立することができます。

 

リモートワークを行う人はワークライフバランスが優れている

 

毎日オフィスに行っていた時にワークライフバランスが取れていないと感じていたのであれば、自宅でも同じ問題が発生する可能性があります。仕事のスケジュールがあなたの時間を決定するので、あなたが家に物理的にいるからといって、仕事以外のことを行うための時間をより多く確保できているという意味ではありません。在宅勤務を行う際にバランスを取りたい場合、適切な境界があることを認識しておいてください。これには労働時間の管理、専用のワークスペースの確保、および毎日の仕事のための着替えが含まれています。

 

一緒に住んでいる人とスケジュールについて話し合うことで、ワークライフバランスを強化することもできます。そうすれば、彼らはあなたに時間ができるのかを知ることができ、少なくとも週に1回は昼休みに友人と会う計画を立てることができ、そして一日の終わりにパソコンから離れることができます。オフィスから働いていた場合に快適に感じないであろうことを行わないでください。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。