メンタルヘルスの問題:職場で本当に理解されていますか?

June 08, 2022

職場で悩んでいる時、孤独を感じることがありますが、雇用主は本当に理解してくれているのでしょうか?

 

どんな仕事をしていても、仕事はつらいものです。仕事が忙しいからかもしれませんし、突然の出来事に怯えることもあるでしょう。世界最高の職場にいて、自分のすることすべてが好きでも、このようなことはこっそりやってくるものです。このようなことに対処している人のほとんどは、多くの人が思っているように、単に悪い一日を過ごしているのではなく、実はメンタルヘルスの問題に対処しているのです。精神的な問題は突然襲ってくることがあります。予期していたことが起こることもありますが、たいていの場合、雷に打たれたような、あるいは不意にバットで頭を殴られたような感覚です。それは、サメや巻きつき蛇のように、影でこっそりと攻撃を待っている怪物のようなものです。

 

メンタルヘルスはほとんどの人が仕事中に最も大きな影響を受ける傾向があります。いつもと同じように目覚め、幸せな気持ちで一日を過ごすことができるのに、職場に着いたとたん、何かがきっかけで突然襲ってくるのです。一日の大半を職場で過ごした後、突然、発作が起きることもあります。ここ数十年の間に、メンタルヘルスは雇用主や人々の間で、より意識されるようになりました。以前は、ほとんどの人がメンタルヘルスの問題を理解できず、無視することを選んでいました。当時、メンタルヘルスの問題を抱える人を「憑き物」や「トラブルマインド」と見なす人もいました。

 

昔ながらの古い考え方から、メンタルヘルスを真剣に考えるようになるまでに、多くの時間が経過しました。現在では、メンタルヘルスに悩む人々は「助けが必要かもしれない人」「辛い時期を乗り越えるための指導が必要な人」として見られるようになりました。メンタルヘルスは様々な理由で発症する可能性があります。幼少期の過去のトラウマが原因かもしれませんし、最近何かで崖っぷちに立たされたのかもしれません。不安や抑うつ感、そして圧倒されるような感覚は、私たちが思っている以上に一般的な心の問題です。小さなことでも、深刻なことでも、多くの人がこれらに悩まされ、仕事などの重要なことをしながら対処しなければなりません。

 

働くことは仕事内容がなんであれ、難しいことがあります。オフィス環境では同僚がうるさかったり、大声でのおしゃべりがあったり、多くの気が散ることがあります。精神衛生上の問題に苦しんでいる上にそれが加わると、あなたの脳はあまりにも多くのことがのしかかっているように感じます。ただでさえ不安に悩まされているのに、さらに詰め寄られることになります。多くの人は、オフィス環境がいかに騒がしいかということだけで、社会不安を感じるようになります。時には、耳を塞いで叫びたくなることもありますが、もちろん、そんなことをしたら、もう仕事どころではありません。このようなことが起こっている間、あなたは追い詰められ、孤独を感じるかもしれません。仕事中にメンタルヘルスの問題に悩まされたことのある人なら、何度も同じような目に遭ってきたと言えるでしょう。

 

では、メンタルヘルスの問題が起こったときに、職場環境が過剰になったり、ただ圧倒されたりしないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。一番良いのは、雇用主にあなたがメンタルヘルスの問題を抱えていることを分かってもらうことです。あなたがメンタルヘルスの問題を抱えているときにすれ違う人は、ほとんどの場合、普段のあなたと同じように見てくれるでしょう。私たちはメンタルヘルスの問題に対処するとき、自分を守る方法として、職場で仮面をかぶりがちです。それはよく起こる防衛機制です。ほとんどの場合、それは単なる反射であり、私たちは自分がそうしていることにさえ気づいていません。これは、あなたが苦しんでいることを伝えない限り、誰も気づかないのです。

 

雇用主に自分が精神的な問題に苦しんでいることを知らせることは、恥ずかしいことだと感じるかもしれませんが、それを溜め込んで、悪い時に爆発させるよりも、ずっと恥をかかずに済むでしょう。自分が苦しんでいることを知らせることで、職場での認識が誤解されなくなるのです。もし雇用主が、あなたがこの病気に苦しんでいることを知らず、あなたの精神状態が悪化したことをみて、怒りや「あまり前向きではない態度」と認識してしまうことがあります。職場における知覚は、時に誤解され、従業員を罰するための方法として使われることがあります。知覚は彼らが理解していないかもしれない彼らの視点からなので、その背後にある理解を入れて、それを説明する必要があります。彼らが思いつく説明として、通常、決して正しいものではありません。このようなことが職場で起こらないようにするには、雇用主に相談し、自分がどのような精神衛生上の問題に苦しんでいるかを知らせることです。

 

オープンで正直、そしてこの場合、少し弱気であることは、雇用主が完全に理解するのに役立ちます。雇用主はまた、あなたが職場でバランスを保つための素晴らしいリソースを紹介してくれるでしょう。多くの企業は、従業員のためにメンタルヘルス関連のリソースを用意しています。その最大の理由としては、従業員をケアし、苦しませることがないようにしたいからです。多くの企業では、無料のセラピーやさらなる支援を提供できる医師の紹介など、様々なサービスを提供しています。最初の一歩を踏み出すのは難しいかもしれませんが、雇用主が本当に理解してくれる唯一の方法としては、あなたが悩んでいることをオープンにすることだということを忘れてはいけません。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。