座りっぱなしの生活に日常的な動きをプラスする方法

April 14, 2022

あなたはおそらく、病気になってから手遅れになってから病気を治すのではなく、健康な生活を送りたいという思いから、この記事にたどり着いたのでしょう。考え方を新たにされたようで、おめでとうございます。これは、あなたが最高の自分になるための道を開くことができるのです。

 

デスクワークが多く、長時間座っていることが多いのではないでしょうか。本人は望んでいないかもしれませんが、スケジュールが許す限り、不摂生な生活を送っていることでしょう。長時間の座り仕事は、体に悪影響を及ぼし、病気を引き起こす可能性があります。

360度ライフスタイルを変えたいなら、日常生活にもっと活動を取り入れる必要があります。長時間座って仕事をすることがあっても、日常生活に活動や動作を取り入れないわけにはいきません。

 

座りっぱなしの生活習慣を直すためにすべきこと


認めてください。今の時代、一瞬で、自分の都合で何でも手に入るテクノロジーは素晴らしいです。しかし、簡単に手に入るからこそ、テクノロジーは私たちのほとんどをより座りがちなライフスタイルにさせてしまいました。私たちはあまり動かず、座っていることが多いので、気づかないかもしれませんが、現在、そして将来的にも私たちの健康に影響を及ぼしている可能性があります。この運動不足は、肥満の蔓延に大きく寄与しています。

 

これは軽く考えてはいけないことです。毎日長時間座っている人は、心臓や循環器系の病気、糖尿病になるリスクが高いことが研究で指摘されています。一日中活動的に過ごすためのヒントをいくつか挙げてみました。

 

1. 座っているより立つ機会を作る。

 

座ることはリラックスにつながりますが、健康にも気を配る必要があります。座る代わりに立つことができる瞬間を意識したり、携帯電話にシットスタンド(座位・立位)リマインダーを表示させたりしてください。テレビを見ているとき、会議に出席しているとき、デスクワークをしているとき、インターネットを見ているときなど、数分間だけ立ってみてはいかがでしょうか。オフィスにスタンディングデスクを導入する企業も増えてきました。この種のデスクは、従業員のストレスを軽減し、生産性を向上させるという研究結果があり、雇用主であるあなたにとっても有益なことなのです。FlexiSpotは人間工学に基づいた企業で、スタンディングデスクのオプションを多数取り揃えています。

 

統計によると、エネルギーレベルを維持したい人は、90分ごとに体を動かすと良いそうです。頭をフレッシュに保ち、効率を上げるために、自分のリソースを管理しましょう。一息ついて、庭の外に出てみましょう。歩き回る。階段を上ったり下りたりする。昼休みに腕立て伏せをしたり、計画を立てたりする。食事を作る。

 

2. 生産的な時間を予定する

 

あなたはすでに長い間座りっぱなしで、毎日の家事や活動で動くことを排除してしまっているかもしれません。例えば、食事を作る代わりに、すぐに食べられる献立を買ってきて、それを温めて夕食にする。このルーチンを取り除き、新しいレシピを学ぶために時間を取ってください。インターネットはレシピの宝庫であり、夢のような食事を作ることができるかもしれません。今こそ、栄養価の高い食事を一から作るチャンスです。また、オンラインのフィットネスクラスを受講するのもよいでしょう。ダンスクラス、ズンバセッションのライブストリーム、あるいはいつでもアクセスできる無料のワークアウトビデオなど、さまざまなものがあります。家事をこなしたり、近所を散歩したりするのも良いでしょう(もちろん、新型コロナの健康プロトコルに従った上で)。このほかにも、アクティブに体を動かすためのアクティビティはたくさんあります。

 

3. こまめに休憩をとり、長時間パソコン画面とにらめっこしない。

 

小休憩をとることは悪いことではなく、生産性を高めるのに役立つこともあります。血流を良くして循環させたいので、立ち上がってストレッチをしたり、歩き回ったりしてください。仕事が忙しすぎると、つい忘れがちになります。アラームをセットして、ストレッチ休憩を忘れないようにしましょう。スクワット、ランジ、壁腕立て伏せ、プランクなど、立って行うヨガのポーズを試してみるのもよいでしょう。これらの運動は、血流を良くする効果があります。自宅で仕事をしている人には簡単ですが、オフィスの静かな一角で行うこともできます。テレビを見るときは、CMの間に立ち上がるのがよいでしょう。仕事では、パソコンの画面を長時間見つめず、一定の時間を確保する。立ち上がって水を飲む。少し外に出て、歩き回る。同僚にメッセージを送る。携帯電話にリマインダーを付ける以外に、コンピュータの画面に付箋を貼り付けて、画面休憩を取るように促すこともできます。

 

4. ニーズに合わせてワークステーションをアップグレードする

 

スタンディングデスクに切り替えると、多くのメリットを得ることができます。前述の通り、FlexiSpotではスタンディングデスクの種類を豊富に取り揃えています。また、人間工学に基づいた別の家具も販売されています。また、デスク下のトレッドミルやフィットネスボールの上に座ることもできます。

 

高さ調節可能なデスクは、仕事中に座位から立位に切り替えるのに最適です。通常のパソコン作業も立ったまま行うことができます。

 

5. 5.座位でのエクササイズを仕事のルーチンに加える。

 

座ったままできるエクササイズがあります。指を組んだり、手のひらを外に向けたり、腕を伸ばしたり、肩や背骨を回したりするのもよいでしょう。これなら、ほんの数分の時間でできます。

 

座りっぱなしの生活がもたらす悪影響

 

座りっぱなしの生活が健康に悪い影響を与えることは、多くの人が知っています。このようなライフスタイルは、さまざまな文化と結びつき、慢性的な健康問題を引き起こすものとして多くの国で一般的になっています。

 

長時間座っていると、肥満やメタボリックシンドローム(高血圧、高血糖、腰回りの余分な体脂肪、高コレステロール値などを特徴とする疾患)などの健康問題を引き起こすことが知られています。

 

座りっぱなしの生活をしていると、体には様々な不調が現れます。どのようなことが起こるのか、以下にリストアップしてみました:

 


1.動く量が少なく、食べた分のカロリーをほとんど消費しないので、太る可能性が高い。

 

2. 筋肉が使われないので、筋力や体力が低下する可能性がある。

 

3. 骨が弱くなり、ミネラル分が失われる可能性があります。

 

4. 代謝が悪くなり、脂肪や糖分の分解が困難になる可能性があります。

 

5.目に見えるダメージに気づかないかもしれませんが、免疫システムが正常に機能せず、血液供給が正常なレベルでなくなる可能性があります。

 

まとめ

 

ゆっくりと、しかし確実に始めてください。特に長い間運動不足だった人は、生活の中に運動やアクティビティを少しずつ取り入れていきましょう。継続することで、運動量を増やすことができます。運動量は多ければ多いほどよいのです。でも、たくさんできなくても、とりあえず、無理はしないでください。何かをすることは、何もしないよりも良いことです。ベストを尽くせば、いずれ自分の望むレベルに到達できます。目標は、自分の年齢や健康状態に合わせて、推奨される運動量を確保することです。

 

運動には色々な方法があります。自分に合ったものを選ぶことが必要です。どこで働くにしても、生活の中にさりげなく運動を取り入れる方法はたくさんあることを忘れないでください。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。