職業病としての難聴

September 16, 2021

職業病の一つに聴力低下があることをご存知ですか?

 

オンライン記事によると、約3,000万人の労働者が危険な仕事から無防備な状態にあると報告されています。職業病とは、仕事の環境や作業が原因で起こる健康被害のことで、聴力喪失もその一つです。

 

難聴は、工場、農場、建設現場など、耳にダメージを与えるような様々な職場の騒音で引き起こされます。その他の難聴の原因としては、爆発、銃器、ジェットエンジンなどの爆音が挙げられ、これらは永久的な聴力喪失を引き起こす可能性があります。

 

娯楽的な音であっても、聴力低下の原因になることがあります。私たちが普段行っている余暇や趣味でも、さまざまな娯楽的な音が発っせられています。難聴に関するオンライン記事 (Hearing Review. 2010;17(5):48-55) によると、労働者やその他の人々にも難聴を引き起こす可能性のある活動があります。言い換えれば、難聴は職場だけでなく、ある人には楽しめる娯楽でも、他の人には悪影響を及ぼすことがあります。

 

記事によると、難聴に関連するレジャーには以下のようなものがあります。

 

- 銃器の射撃 - これは通常、狩猟の際に行われます。難聴が起こりうる例として、特定の回答者グループを対象とした研究結果がオンライン記事に示されています。

 

「銃器を撃つ人に難聴が起こりうることを示す研究が行われ、232人(男性187人、女性45人)がこの研究の回答者となった。難聴の程度は、年齢と性別によって異なり、高齢者ほど聴力が劣化し、男性は女性よりも聴力が劣るという結果だった。また、232人のうち177人が難聴であった。半数の人がハンター・セーフティー・コースで聴覚保護具の使用を教わっていたにもかかわらず、76%の人が難聴だった」。 (同記事より抜粋)

 

- 木工 - 電動工具の使用も難聴の原因となる可能性があります。木工工具は高レベルの音を発生するため、使用時間や頻度によってはリスクが生じます。

 

「木工は、他の余暇活動に比べて、聴力への影響が大きいと言われている。ある調査では、楽器の演奏、音の出る台所用品の使用、掃除機やドライヤーの使用など、さまざまな活動について調べた。また、これらの活動で工具を使用する頻度についても検証したところ、木工に夢中になっている人は、そうでない人に比べて30%も難聴になりやすいことがわかった」。

 

- モータースポーツやスポーツイベント - バイクやATV(四輪バギー)に乗ったり、大きなエンジンを使ったりすると、その頻度にもよりますが、難聴になる可能性があります。

 

- 音の出るおもちゃ - 例えば、サイレンの鳴る消防車のおもちゃなどは、聴覚に影響を与える可能性があります。

 

- 音楽 - 娯楽的な騒音暴露源としての音楽鑑賞です。ヘッドホンやイヤホン、AirPodsなどのアクセサリーは、環境に応じて異なるサウンドレベルで音楽を聴くために使用されます。

 

「Fligor and Ivesらの研究によると、遮音性の高いイヤホンを使用すると、バックグラウンドノイズを遮断しないイヤーバッドやオンザイヤー型のヘッドホンと比較して、騒音下でのヘッドホンのレベルを控えめにすることができるとのことが示された。フライト中のような非常に騒がしい状況でも、オンザイヤー型イヤホンで音を大きくしすぎる人の大半が、遮音性の高いカナル型イヤホンでは音量をかなり小さくしている」。(Hearing Review. 2010;17(5):48-55).

 

- 音楽コンサートやダンスクラブ - この状況では、プロのミュージシャンは高レベルの観客の嬌声や、週に何度もステージに立つことで音響から無防備にさらされているため、仕事による難聴のリスクにさらされていることが指摘されています。

 

明るい話題としては、NIHL(騒音性難聴)は、オージオロジストによる聴力検査を受けたり、AirPodsやイヤホン、ヘッドフォンなどの音楽を聴くためのアクセサリーを適切に使用して、音声に集中したり、音量を適度にコントロールすることで解消されます。

 

一部の人々は、大気汚染や水質汚染に加えて、自動車の走行音、商業施設で流れる音楽、人々の声などから、騒音公害が都市部に押し寄せていると言っています。ほとんどの人にとって騒音公害は真剣に考えられていませんが、今こそこのことを考え、仕事を含めた日常生活での難聴予防策を始めるべきです。

 

音楽やポッドキャストなど音声を聞く時には、将来難聴にならずにすむように、適度な音量にすることを推奨します。

 

もうひとつの方法は、友人や家族と一緒にテーブルゲームやカードゲームをするなど、他の余暇活動に時間を割くことです。これは単に楽しいだけではなく、家族や友人、同僚との絆を深めるための方法でもあります。私たちは人との関わりを持たなければならないので、常にデバイスを使って個人でレジャーを楽しむことは、好ましくないのです。

 

私たちは、人間工学に基づいて設計された、耐久性のある大きなテーブルやデスクなどを、FlexiSpotで選ぶことができます。そのひとつが、優れた機能を満載した電動昇降式スタンディングデスクE7 Proです。

 

高さ調整が可能で、最大275ポンド(約124kg)の耐荷重性があります。また、Sit/Standリマインダーをプログラム可能な、オールインワンキーパッドを備えています。簡単に体勢を変えることができ、座りすぎ防止の警告を受けることもできます。ゲームをプレイ中、あなたや家族は、アラートに合わせて座ったり立ったりすることができます。

 

また、色やサイズ、素材などさまざまな選択肢があり、自分に合ったものを選ぶことができます。スチール製のチューブや、傷や汚れがつきにくいデスクトップ表面など、耐久性も保証されています。Flexispotのウェブサイトをぜひご覧ください。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。