企業の健康における人間工学の重要性

June 02, 2022

安全で健康的な職場環境は生産性の高い職場環境です。安全プロトコルは企業の種類や規模に関係なく、従業員、設備、商業財産を保護するものです。設備が破損せず、怪我が最小限であれば、企業にとってさらに多くの利益をもたらします。

 

人間工学に基づかない職場は様々な健康問題を引き起こす可能性があるため、人間工学は最も一般的な労働安全の懸念事項の一つです。人間工学的な配慮が不十分な職場では、手根管症候群、背中の痛み、腱鞘炎、インフルエンザや風邪(免疫力低下による)などを引き起こす可能性があります。

 

人間工学とは何か?

 

1993年、McCormick氏とSanders氏は人間工学を「人間の能力、限界、行動に関するデータを用いて、快適で安全、効果的、かつ生産的な職場を促進する職業、タスク、機器、技術を設計すること」と定義しました。人間工学は労働者と仕事やタスクの相互作用を研究する学問です。人間工学は職場環境、物理的環境、心理的環境、職場の技術といったものを含んでいます。

 

人間工学的リスク分析を行うことで、職場の作業工程や設計をより良く理解・検討し、現行の規制を遵守しているかどうかを判断することができるようになります。

 

人間工学が企業にもたらすメリット

 

人間工学は従業員の健康に計り知れないメリットをもたらすので、企業衛生上も見過ごせません。そのいくつかを詳しく見てみましょう。

 

健康増進

 

人間工学に基づいて設計された環境で働く人々は、より良い健康状態を享受しています。健康増進は循環器系から始まり、体の他の部分へと広がっていきます。従来の環境で働くよりも良い健康状態に保たれます。

 

また、身長や体型、その他の身体的ニーズに合わせてワークステーションを変更できるので、あなたやあなたのスタッフの身体へのストレスが軽減されます。調整可能なデスクと人間工学チェアを使えば、身長や体型、身体のニーズなどに応じて、より良い姿勢を保つことができます。このような自然な姿勢は首や目の負担を軽減します。血流が良くなり、足のむくみも解消されます。

 

精神的な明晰さの向上

 

リラックスしている時、仕事に集中しやすいものです。人間工学は筋肉を鍛え、不快感をなくし、血流を良くすることで、人々の気分を良くします。これらの利点によって、あなたの精神的な洞察力と健康も増進させることができます。

 

あなたとあなたのスタッフの両方が不安の解消、そしてより大きな意識、より良い感情、そして向上した集中力を経験するでしょう。その結果、誰もが自分のタスクにもっと集中できるようになります。集中力が高まれば高まるほど、生産性も向上します。

 

生産性の向上

 

生産の度合いが高ければ高いほど、従業員の集中力は高まります。人間工学は職場をより自然に感じさせるために、多くの原則を組み合わせたコンセプトです。よりリラックスし、より集中力を高め、そして生産性も向上します。

 

成功するためには、あなたの会社の生産レベルを上げる必要があります。スタッフの労働環境を改善することができます。仕事への満足度が高まれば、社員はより多くのものを生み出そうと努力するようになるはずです。

 

痛みの軽減

 

人間工学の目標は座り方、立ち方、手首、目の高さなどに関して、より自然で安心して働けるようにすることです。その結果、体が伸びにくくなり、体調も良くなります。これらが揃えば、痛みは軽減されます。

 

従業員が不快な思いをしていると、うまく効率的に働く能力が著しく損なわれます。まずは、スタンディングデスクの使用や、携帯電話をヘッドセットに交換するなどの方法が考えられます。スタッフの不快感が軽減されれば、それだけ品質に集中できるようになります。


より質の高い仕事

 

人間工学に基づいた職場は身体的な健康から仕事の質まで、様々なメリットをもたらします。従業員の健康は痛み、疲労、その他問題によって損なわれます。人間工学はこれらの困難を取り除くことで、従業員がより効率的に仕事できるようになります。

 

従業員それぞれが安心することで、質の高い仕事をすることに集中することができます。そして、生産性の向上と相まって、お客様に満足していただくことができます。

 

危険な状況をなくす

 

従業員に危険を及ぼす可能性のあるものを排除することは、より効果的な仕事環境を構築するための一歩です。このような危険は将来、より深刻な事態を引き起こす可能性があります。注意を払い、職場のことをよく知ることで、リスクを分析することができます。

 

もうひとつの優れた方法としては、従業員が日常的に直面している危険について聞いてみることです。フィードバックを求めることで、あなたが気にかけていることを示すのです。自分たちの意見を聞いてくれたことを示すように、変化が起きます。

 

従業員エンゲージメントの向上

 

従業員は会社が安全と健康のために可能な限り最高の環境を提供していることを認識するようになります。疲れや不快感を感じることがないため、従業員の出社率が向上します。組織から大切にされていると感じれば感じるほど、従業員のモチベーションも上がります。

 

そうなれば、離職率も下がり、働きたい会社になっていくでしょう。ワーカーの意見は貴重なものであり、人間工学を導入することでそれを生かすことができます。

 

安全性を促進する

 

人間工学は職場をより安全にし、意識を高めることができます。職場をアップグレードすることで、より快適な環境を作り出し、またリスクを排除することができます。スタッフを訓練して、より安全なワークステーションにすることができます。

 

人間工学の健康面でのメリットは言うまでもなく、職場で健康を維持することができます。これは別の次元で安全性を促進することになります。スタッフが活躍できる安全な雰囲気を作ることで、仕事を一定に、安定的に維持することができるのです。

 

従業員が幸せなら、あなたも幸せ

 

人間工学をうまく活用すれば、従業員は幸せになります。以前よりも仕事に行くのが楽しみになり、それが周りの人にも影響を与えるでしょう。そして、それは周囲の人にも影響を与えます。自分自身の幸せにも変化が見られるでしょう。

 

従業員が職場で満足していれば、生産性のレベルは上がります。人々のパフォーマンスが上がれば、会社の業績も上がります。これらのことはすべて、みんなが幸せで安全な生活を送るために一役買っているのです。

 

職場の人間工学を高めるには?

 

従業員にとって安全なワークステーションを作るという目的のために特別に設計された家具を入手することが重要です。オフィスマネージャーは様々な種類の従業員に簡単に対応できる調節可能な家具を検討する必要があります。

 

FlexiSpotのプロスタンディングデスクはそのようなアイテムの1つです。背が高くても低くても、目線の高さを維持し、手首の負担を減らし、首や肩の痛みを軽減し、関節の健康を増進できるように、どんな高さにも完璧に合わせることができるのです。オフィスアクセサリーやモニターを載せることもできる、スムーズなリフティングシステムを提供します。また、最も高い高さ設定で使用しても、最大限の安定性を発揮します。

 

より高いパフォーマンスと安定性を実現し、従業員が安心して働けるようにします。スタンディングデスクのモーターは静かに作動するので、立つ位置と座る位置を切り替えても、同僚に迷惑をかけることはないでしょう。

 

スタンディングデスクはカロリーを消費し、活動量を増加させるので、人間工学的に優れた製品です。座りっぱなしの生活は健康を害する可能性があるため、企業は従業員が座った位置と立った位置を切り替えるための適切な家具を確保する必要があります。

 

また、背中と首をしっかりと支える人間工学チェアを導入するのもよいアイデアです。背骨の健康には腰椎のサポートが必要ですから、あなただけでなく、従業員にとっても非常に有益なことです。長い目で見れば、体の痛みを取り除き、痛みを感じないようにすることができます。何時間も座りっぱなしの従業員には、人間工学に基づいた椅子をお勧めします(ただし、健康維持のために、たまにはストレッチやスタンディングデスクに切り替えるための休憩をとってください!)。

 

まとめ

 

ご覧の通り、人間工学が職場にもたらすメリットは数多くあります。また従業員のワークフローや企業全体の健康状態にもプラスの影響を与えることができ、長い目で見れば、オフィススタッフのためにできる最善の決断と言えるでしょう。人間工学に基づいた家具を使用することで、従業員の健康と幸福に配慮していることを示すことができるので、人間工学の重要性を見逃さないでください。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。