予算内で人間工学に基づいたオフィスを作る

March 18, 2022

週の大半を机の前に座って仕事をしていることを考えると、できるだけ快適に過ごすことが重要です。快適で人間工学に基づいたオフィスがない場合、長期的には怪我や痛みにつながる可能性があります。その結果、集中力と生産性を長時間維持できます。

 

人間工学に基づいたオフィスは身体の快適さを念頭に置いて作られています。そして、良いニュースとしてはそのようなスペースを作るために多くを費用を使う必要がないということです。実際、あなたはすでに家にあるアイテムを利用することさえできます。

 

したがって、在宅勤務をしている場合でも、オフィスで仕事をしている場合でも、人間工学に基づいたオフィスを設置する方法と身体の快適さと集中力を高めるために必要なものはすべて、手頃な価格の製品で良いのです。
人間工学に基づいたオフィスのセットアップが重要なのはなぜですか?

 

人間工学に基づいたオフィスを設置するには初期投資が必要ですが、予算が限られている場合、多額の投資が必要になる可能性があります。ただし人間工学に基づいたオフィスが提供するすべての健康上の利点を考慮すると、将来的に支払う必要のあるすべての医療費を節約できることがわかります。そして素晴らしいことは人間工学に基づいた製品にお金をかけることで腕と脚の負担がかからなくなることです。

 

これらは、人間工学に基づいたオフィスのセットアップで享受できる主な利点の一部です。

 

ストレスを解消し、従業員が手元の仕事や仕事に集中できるようにします。

 

従業員の怪我、事故、健康上の問題を排除します。


腰痛、頭痛、目の疲れなどを軽減します。

 

姿勢不良のリスクが改善されます。

 

糖尿病、高血圧、肥満などの病気や症状のリスクを軽減します。

 

人間工学に基づいたオフィスの設置方法

 

人間工学に基づいたホームオフィスの驚くべき健康上の利点について知った今、あなたはそれをどのように設定するか疑問に思うかもしれません。在宅勤務をしている場合でも、オフィスで仕事をしている場合でも、物理的な快適さとアクセシビリティを向上させることを目的とした手頃な価格の製品を見つける必要があります。人間工学に基づいたオフィスを設立するために焦点を当てる必要のあるすべての分野は以下のとおりです。

 

オフィスチェアとシート

 

まず、オフィスの最も明白で重要な要素であるオフィスチェアから始めましょう。椅子やソファでの仕事はお勧めできませんので、オフィスに適した座席が必要です。これは不快で姿勢となる可能性があります。つまり仕事に集中することもできなくなります。

 

あなたがオフィスチェアで探すべき最も重要な要素は調節可能な高さです。十分な足元を確保するのに十分な長さである必要があります。そのような椅子はまたあなたの背中への負担を減らすでしょう。今すぐ椅子を買う余裕がない場合、下にクッションを置いて自分を支えることもできます。

 

足の裏が地面に接触し、膝が90度の高さにあることを確認する必要があります。したがって、椅子が高すぎる場合、フットスツールを配置することもできます。

 

デスクとワークステーション

 

次に考慮すべきことは机です。繰り返しになりますが、最良の選択は高さ調節可能なオフィスデスクです。FlexiSpotからスタンディングデスクを購入することもできます。それはあなたが立ちながら、働くことを可能にすることができます。カロリーを燃焼しながら、健康を保ち、そしてあなたの生産性を高めることを意味します。しかしそれだけではありません。スタンディングデスクの高さは調整可能です。これは座っているときでも適切な高さに調整できることを意味します。

 

快適に仕事ができるよう、机の高さはオフィスチェアと同じにする必要があります。ワークステーションに関するその他の人間工学的なヒントとしては机の上の雑然としたモノを減らしたり、ノートパソコンで仕事する場合は外部キーボードとマウスを使用したりすることが含まれます。

 

モニターの接地

 

前述のように、ノートパソコンで仕事する場合、適切な姿勢を維持するため、外部マウスとキーボードを別々に用意することをお勧めします。ただしノートパソコンに対して前屈みにならない限り、ノートパソコンでも問題ありません。

 

パソコンで仕事する場合の目の疲れ、首の負担、頭痛を避けるため、モニターの配置が非常に重要です。モニターを窓や別の光源の前に置かないでください。目の疲れが増します。同時にまぶしさや反射を避けるため、光源をモニターの後ろに置かないでください。

 

モニターの高さが低すぎる場合、本を下に置いて高さを調整できます。モニターは背中の姿勢に悪影響を与える可能性のある下向きまたは上向きにならないよう、目の高さにする必要があります。

 

照明

 

人間工学に基づいたオフィスを設置するためのもう1つの手頃なヒントは快適さとメンタルヘルスの向上に役立つため、照明に焦点を当てることです。窓と自然光のあるオフィスでは従業員ははるかに気分が良く、生産性が高くなります。

 

屋内照明に関しては明るすぎたり暗すぎたりしない柔らかな頭上照明があることを確認してください。書類の確認など、コンピューターに関係のない仕事を行う場合、直接照明が当たるように机の上にランプを置く必要があります。

 

温度設定

 

信じられないかもしれませんが、気温でさえ仕事中の生産性と快適さに影響を与える可能性があります。どちらの条件でも気が散ってしまうので、オフィス環境は寒すぎたり暑すぎたりさせないでください。オフィスの温度をコントロールできる場合、華氏71.6度に保つ必要があります。

 

温度をコントロールできない場合、他の手頃な方法を使用し、体が適切な温度になっていることを確認してください。例えば、寒くなりすぎたり、冷たい水を飲んだりする時は毛布や敷物を使い、オフィスの温度が暖かい場合はポータブルファンを使用します。


頭と首の位置


焦点を当てるべき最も重要な人間工学的ヒントの1つは位置です。頭、首、または背中の怪我を防ぐため、頭が首に対して垂直になっていることを確認してください。これにより、負担が最小限に抑えられます。

 

同様にモニターを目の高さに保ち、前方にぶつからないようにします。前屈みは最初は無害に見えるかもしれませんが、長期的には健康に害を及ぼす可能性があります。

 

手と手首の配置

 

スタンディングデスクに立っているときでも座っているときでも、腕は机の上に置いておく必要があります。これにより手や手首への負担が軽減されます。手首にヒンジは必要ありません。したがってモニターとマウスを離してください。これらの理由から机を適切な高さに保つことが重要です。

 

全体として腕、手、手首は中立の位置に置く必要があります。腕は曲げるのではなく、完全にまっすぐにする必要があります。手首もまっすぐでなければなりません。

 

座っている位置と背中のサポート

 

90度の角度で座ってはいけません。その代わりに、より良く、より快適なのは画面を快適に見ることができ、腰をサポートするものです。したがって運転席のように、背中をまっすぐに保つ必要はなく、後ろに寄りかかる必要があります。

 

そのような背中のサポートのために、枕、タオル、またはクッションを背中に置くのが最善でしょう。腰部サポート用に設計された安価なチェアクッションを購入することもできます。さらに足がぶら下がらないようにフットスツールを使ってください。膝に圧力がかかり、血流が減少します。

 

行動と習慣の調整

 

家具をより人間工学に優しいものに変更することに加え、人間工学に基づいたオフィスと環境のための安価なヒントとしてはあなたの行動とあなたのオフィスのささいなことを変えることです。例えば、仕事の合間に理想的には20分ごとに立ち上がり、歩いて、ストレッチする短い休憩を取る必要があります。動きは循環とパフォーマンスを改善し、怪我のリスクを減らします。

 

それ以外にもFlexiSpotなどのスタンディングデスクを用意しておくと、立ったまま仕事ができます。仕事中は数分間立った状態に切り替えることができます。20分間座った状態で仕事し、次に約8分間立った状態で仕事するというサイクルを作ることができます。

 

結論

 

全体として、人間工学に基づいたオフィスの設置にはいくらかの投資が必要になるかもしれませんが、それは間違いなく将来的には価値があります。あなたは正しい製品を手に入れるべきです。それによってあなたの健康を高め、そしてあなたが気を散らすことなく快適に働くことを可能にします。また習慣を変えたり、周囲の環境を改善したりすることで、人間工学に基づいた環境を作り出すこともできます。

 

仕事中のルーチンを切り替えたい場合、FlexiSpotからスタンディングデスクを購入することを検討する必要があります。仕事中にデスクを最大限に活用するのに役立ち、長時間座っている必要があるテレビ会議に最適です。詳細についてはウェブサイトをチェックしてください!

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。