姿勢を改善するための最良のヒントとエクササイズ

February 14, 2022

健康的な姿勢とは見た目だけではありません。それはあなたの体の健康と幸福に影響を与えます。さらに姿勢が良いと体の筋肉や靭帯への負担が少なくなるため、1日を通して筋肉痛を軽減し、エネルギーレベルを高めるのに役立ちます。また怪我をする可能性も低くなります。

 

残念ながら、オフィスの椅子に座ったり、コンピューターを見つめたり、携帯電話を何時間も触ったり、小さな子どもの世話をしたり、間違った寝方をしたりするなどの日常的な活動の結果として、姿勢が悪くなることがあります。

 

姿勢が悪いと、背中や首の痛みの発作を引き起こし、悪化させ、脊柱に構造的損傷を引き起こす可能性があります。幸いなことに姿勢と人間工学に影響を与える主要な要素は完全に自分のコントロール下にあり、変えることはかなり簡単です。

 

職場での姿勢を改善するためのヒント

 

以下の説明は特にオフィスの椅子に座って一日のほとんどを過ごす人のために、姿勢と人間工学を強化するための多くの手段を提案しています。

 

背中の不快感の警告サインを認識する

 

適切な姿勢と仕事における人間工学的アプローチを得るためには、職場や家庭での姿勢と人間工学に精通することが重要です。これには腰痛について姿勢の悪さや人間工学が不快感の根本的な原因である可能性があるということを意識的に関連付けることが含まれます。

 

ただし、すべての種類の腰痛が悪い姿勢や人間工学に起因するわけではありません。したがって、悪い姿勢によって引き起こされる痛みを特定することが不可欠です。次のような場合、腰痛は姿勢の悪さや人間工学の悪さによるものであると結論付けることができます。

 

コンピュータの前のオフィスチェアに座って長い一日を過ごした後など、1日または1週間の特定の時間に悪化しますが、週末には悪化しない場合。

 

首から始まり、背中の上部、背中の下部、および四肢に向かって下向きに痛む場合。

 

位置を変えた後、治まる場合。

 

新しい仕事、オフィスチェアで突然発生し、それが後になって治まる場合。

 

問題を特定したら、適切な行動をとって姿勢を正し、健康的な働き方を確保することができます。

 

電動昇降スタンディングデスクに投資する

 

筋肉の倦怠感、しゃがみ、スランプ、その他の姿勢の悪さは首と背中にさらなる負担をかけます。したがって、リラックスした仕事環境を維持するため、定期的に仕事の位置を変更することが不可欠です。最善の解決策は電動昇降スタンディングデスクに投資することです。

 

日中数時間立っていることには多くの健康にとってメリットがあります。ただし人間工学に基づいたすべてのニーズを満たす適切な電動昇降スタンディングデスクを準備してください。入手可能な最良のオプションの1つとしてはFlexiSpotスタンダード電動昇降スタンディングデスクです。

 

電動昇降スタンディングデスクEJ2は革新的な機能と優れたデザインを兼ね備えています。この電動昇降スタンディングデスクは手頃な価格で購入できるだけでなく、品質と有効性の面でも証明されています。デスクは北米の人間工学的基準を満たすように設計されているため、脊椎の健康上のリスクを心配することなく、座って仕事をしたり、立って仕事をしたりできます。

 

デスクの強力なモーターと2段式の脚によって、1日を通してスムーズで滑らかな移行が保証されています。3つのカスタマイズ可能なプリセットを使用すると、座っている時、立っている時、または机の下にいる時、好みの高さにすばやく変更できます。

 

お好みのキーパッドを選択することもできます。通常の上向き矢印と下向き矢印の付いた基本的なキーパッドから、スマートなオールインワンキーパッドまで、FlexiSpotを使用して素晴らしい電動昇降スタンディングデスクをカスタマイズできます。洗練された数字キーパッドで座っている時、立っている時、または机の下のサイクリングに適した高さにに調整できます。さらに定期的に座ったり立ったりするように促す便利なアクティビティリマインダーを設定できます。FlexiSpotのスタンダード電動昇降スタンディングデスクについての詳細はこちらをご覧ください。


適切な体のアライメントを維持する


立った状態で、体重を足の前部、後部、側面に均等に分散させます。一方、座った状態ではまっすぐな姿勢を保ち、耳、肩、腰を垂直に揃えます。

 

どんな座っている体勢でも、快適な姿勢であっても、疲れ果ててしまう可能性があります。背もたれをまっすぐにしてシートの端に向かって前にシフトすることで、オフィスチェアのサポートに逆らって座ることを交互に行うことができ、仕事中の背中の筋肉を和らげることができます。

 

人によってはバランスボールに座ることによって達成できる自然なバランスの取れた姿勢も実現できます。この位置では骨盤がゆっくりと前方に揺れ、腰椎の湾曲が強化され、肩が自動的に後方に移動します。さらに座っているときに足を不均一に交差させるなど、バランスを崩すような姿勢の悪さに注意し、それを避けてください。

 

ランバーサポート付きの人間工学に基づいた椅子を使用する

 

ランバーサポート付きの人間工学に基づいた椅子を使用すると、姿勢のサポートと矯正に関して違いを生むことができます。人間工学に基づいた座り心地を保証したい場合、FlexiSpotのソルテン人間工学に基づいたオフィスチェアを検討してください。

 

3つの高さ調整設定とマイルドなリバウンドシステムを備えた優雅に湾曲した背もたれは人間工学的に首と背骨にフィットし、最適なヘッドレストと腰部のサポートを提供します。4方向に調整可能な柔軟なアームレストは腕や肘にシームレスにフィットし、最大限の快適さを提供します。

 

最後に輸入された温度に敏感な繊維から作られたプレミアムフリースメッシュは快適さを高めるために最適な換気を提供します。

 

良い姿勢を促進するための最良の運動

 

上半身をサポートし、適切な姿勢を維持するにはコアとバックの筋力の健康的なバランスが重要です。ウォーキング、水泳、サイクリングなどの定期的な運動は体の形を保ち、特定の強化運動は背中の周りの筋肉を強化します。

 

これらの運動のメリットは適切な姿勢をサポートし、それが筋肉の状態を整え、怪我を防ぐのに役立ちます。さらに適切な姿勢を維持するのに役立つ特別なトレーニングがあります。姿勢を改善するために実行できる私たちのお気に入りのエクササイズのいくつかを以下に示します。

 

スタンディングキャット&カウ


立った状態で、キャット&カウのストレッチを行い、背中、腰、臀部の緊張をほぐします。 これを達成するには以下を行ってください。

 

足をお尻の幅ほど離して立ち、膝を少し曲げます。手を前または太ももに伸ばします。

 

首を伸ばし、深く吸い込み、背骨を丸めます。

 

次に目線を上げ、胸を持ち上げ、背骨の方向を逆にします。

 

各ポジションは一度に5回呼吸する必要があります。この方法を数分間続けます。

 

チェストオープナーエクササイズ

 

このトレーニングは胸を伸ばして開きます。これは1日の大半を座って過ごし、胸が内側に収縮する場合に特に役立ちます。さらに胸を強化すると、直立するのに役立ちます。これを達成するには以下を行ってください。

 

足をお尻の幅程度離します。

 

腕を背中の後ろに持ってきて、手のひらを一緒に握りながら指を交差させます。手が届かない場合はタオルを使ってください。

 

まっすぐ前を見て、頭、首、背骨を直線に維持します。

 

胸を天井に向けて持ち上げ、手で床に向かって手を伸ばしながら息を吸います。

 

この姿勢を5回、息を止めながら、息を深くします。

 

少し息をして、放してリラックスします。少なくとも10回以上繰り返します。

 

前方屈伸

 

このスタンディングストレッチは背骨、ハムストリングス、および臀筋に効果があります。さらに腰と脚を伸ばします。このストレッチを実行している間、あなたは裏側全体が拡大して伸びているのを感じるはずです。これを達成するには以下を行ってください。

 

足の親指と一緒にかかとがわずかに離れるように足を置きます。手を腰に近づけ、腰を前に出します。

 

手を床に落とすか、ブロックの上に置いてください。手が地面に触れなくても心配しないでください。可能な限り延ばすだけで良いです。

 

膝を少し曲げ、股関節を柔らかくし、脊椎を伸ばします。

 

あごを胸に押し込み、頭を床につけるようにします。

 

この位置を最大1分間維持します。

 

下向きの犬

 

これは体のバランスを維持するための休息ポーズとして利用できる前屈です。下向きの犬の姿勢は背中の痛みを和らげ、背中の筋肉を強化して整列させるのに役立ちます。定期的な練習は姿勢を改善するのに役立ちます。これを達成するには以下を行ってください。

 

お腹に横になり、つま先を足の下に押し込み、かかとを持ち上げながら、手を押し込みます。

 

膝と腰を天井に向かって持ち上げ、座っている骨を天井に近づけるようにします。

 

膝を少し曲げて背骨を伸ばします。

 

耳と上腕の間にラインを維持し、あごを胸の中に完全に下げます。

 

手をしっかりと握り、かかとを少し上げます。


この位置を最大1分間維持します。

 

サイドプランク

 

サイドプランクを使用して、背骨と脚を中立位置に保つことができます。このエネルギッシュなポーズは側筋と臀筋に働きかけます。これらの筋肉を強化して整列させることは背中のサポートと姿勢の改善に役立ちます。これを達成するには以下を行ってください。

 

高いプランクポジションから左手をそっと真ん中に持っていきます。

 

体重を左手に移し、足首を積み上げ、腰を上げます。

 

右手は腰に当てるか、天井に向かって上向きに伸ばす必要があります。

 

さらにサポートするために、左膝を床につけます。

 

腹筋、側体、臀筋を動かして、この姿勢を維持します。

 

頭頂部からかかとまで、体を一直線に並べます。

 

あなたの視線をあなたの真正面またはあなたの手に向かって上向きに向けてください。

 

この姿勢を最大30秒間維持します。反対側でも繰り返します。

 

FlexiSpot人間工学で腰痛を軽減し姿勢を改善する

 

オフィスワーカーは姿勢の悪さや人間工学の悪さによって、手、肘、肩、首、背中にさまざまな反復運動過多損傷を経験します。ただし、上記のヒントに従うことで腰痛、姿勢の悪さ、怪我を防ぐことができます。またFlexiSpotにアクセスして、人間工学に基づいた最も手頃な価格の最高の製品を購入することを忘れないでください。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。