ホームオフィスでの人間工学の応用

June 15, 2022

人間工学は自宅でもオフィスでも、ワークスペースに取り入れるべき重要な要素です。デスクワークなど座りっぱなしの仕事では、何時間もパソコンの画面を見ていることになります。ワークステーションやワークプレイスを、自分のニーズに合った空間にカスタマイズするのに遅いということはありません。スタンディングデスクや人間工学チェアを導入することで、あなたの仕事は何倍も改善されるはずです。

 

人間工学を学ぶためにインターネットを調べると、その豊富な情報に圧倒されることがあります。そんなとき、人間工学に基づいたワークスペースを作るにはどうしたらいいのか、わからなくなってしまいます。このガイドは、人間工学の世界をナビゲートする初心者のためのものなので、あなたは幸運です。

 

人間工学的要素をワークステーションに適用することを考える

 

ワークプレイス人間工学とは、従業員の長所と短所を考慮したワークプレイス作りの科学です。ワークスペースのレイアウトが悪いと、従業員は疲弊し、いらいらし、怪我をする可能性があります。その結果、質の低いアウトプットを生み出し、生産性を低下させ、衰弱させ、怪我を負わせてしまう可能性が高くなります。

 

しかし、人間工学を応用してオフィスを設計すれば、怪我につながる危険因子を低減、あるいは排除することができ、人間の効率性と生産性を高める十分な余地を確保することができるのです。

 

仕事工程が改善されれば、健康的で最適な仕事効率を達成することができます。これは、雇用者と従業員の双方にとって有益な状況です。効率的でモチベーションの高い、健康的な労働力があれば、会社は成功へと突き進み、市場での競争力を高めることができます。
人間工学について知っておくべきこと

 

労働安全衛生局(OSHA)は人間工学を「仕事を人に合わせる」ためのアプローチと表現したのは、この言葉を最もよく表しています。人間工学は仕事に関連する筋骨格系障害の可能性を低くし、重症化させないためのアプローチなのです。どのような障害があるのでしょうか?手根管症候群、腱鞘炎、筋緊張、腰痛などが該当します。

 

オフィス人間工学には機器との間に十分なスペースを確保する、座っているときや立っているときに良い姿勢を保つ、体を完全に支える正しい椅子の高さに設定する、首と背中を適切に位置する、適切な高さと設定のモニターを置く、良い空気循環を確保するなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。

 

正しい在宅勤務での姿勢を知り、維持する

 

デスクワークをしていると、首や腰の痛み、手首や指の痛みは避けられないと思うかもしれません。しかし、オフィス人間工学はこうした体の痛みや不快感を感じずに仕事をすることを可能にしました。椅子の高さの調整、適切な機器の配置、ワークステーションの最適な姿勢の補助などは、人間工学に基づいたワークスペースを実現するためにできることのほんの一部です。

 

しかし、デザインだけでは終わりません。一日中、自分の仕事姿勢に気を配り、時々チェックし、モニターする必要があるのです。ここでは、どのようなことに気をつければよいかをご紹介します。


1. 足は地面にしっかりとつけ、足は地面と平行に、膝は90度の角度で曲げてください。

 

2. 肘は90度に曲がっていて、肋骨にひっかからないように体の近くにあることを意識します。

 

3. 肩や背中に力を入れないでください。

 

仕事中、肩は腰より高く、頭は肩より高く、体の他の部分が正しいアライメントに収まるようにしなければなりません。筋骨格系の問題につながるのは、不適切な関節位置であり、あなたの姿勢と支える筋肉について考慮するのを後回しにしているためです。

 

人間工学に基づいたワークステーションで、健康上の問題を回避

 

人間工学に基づいたワークステーションを設置するタイミングです。より良い集中力と生産性を確保しながら、体の健康も促進することができます。

 

FlexiSpotのウェブサイトでは、人間工学に基づいたオフィス機器を数多く取り揃えています。まずはカナバンブースタンディングデスクから始めて、ソルテン人間工学オフィスチェアのような人間工学に基づいた椅子と組み合わせてみてはいかがでしょうか。デスクの高さは、あなたのニーズや好みに合わせて簡単に調節することができます。また、仕事中に立ったり座ったりする間隔を一定に保つことができます。

 

ワークスペースが限られていて、柔軟性がない場合、人間工学に基づいた方法で仕事の段取りを整理するために創造力を絞る必要があります。多くの机やテーブルは背の高い人向けに作られているので、小柄な人はそれに合わせて改造してください。

 

FlexiSpotはそのようなニーズに応える会社です。FlexiSpotの目的はテクノロジーが生活を変えるために提供できるものを最大限に活用し、従業員が日々の仕事を改善できるよう支援することです。FlexiSpotはお客様が日々直面する仕事の問題を解決するお手伝いをしたいと願っています。

 

エルゴノミクスがもたらすもの

 

人間工学をワークスペースに取り入れると、間違いなくメリットを享受することができます。人間工学を取り入れると、将来の高額な医療費を大幅に節約することができます。

 

人間工学は仕事の生産性を高め、最高の状態で仕事をすることを可能にします。一日中、全力で働くことができ、負荷がかかっても疲れにくく、イライラすることもありません。

 

オフィスでの人間工学の活用により、仕事中の健康と安全が守られます。

 

まとめ

 

美観のためだけにホームオフィスを変える必要はありません。美観は一つの要因にはなりますが、それだけがワークスペースを一新する理由ではありません。全体的な見た目だけでなく、健康にも投資したいものです。仕事中に痛みや不快感を感じるのは自然なことではありませんから、それを感じたり、気になりだしたら、自分の体に注意を払う必要があります。何か悪いことがあると、体が反応するので、それに対処しなければなりません。

 

人間工学に基づいたワークライフスタイルを真剣に考えなければならないのです。人間工学に基づいたワークライフスタイルを真剣に考えることで、現在解決できているはずの健康問題を将来的に解決したいと思うようになります。さらに、人間工学に基づいたライフスタイルは生産性の向上や一般的な快適さなど、大きなメリットももたらします。FlexiSpotのウェブサイトをチェックして、質の高い人間工学的製品への投資を始めてみてはいかがでしょうか。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。